Top > 開催終了イベント > タイムトライアル

開催終了したシーズナルイベント/タイムトライアルの一覧です。



 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP550以下のノーマルカー限定のタイムトライアルです。
ミッドフィールド・レースウェイは全開区間が長いトラックなので、パワー重視のチューニングがおすすめ。
また、中高速コーナーでのスタビリティがタイムに影響しやすいので、サスペンションチューンは必須です。
ドライビングで重要なのはターン1とターン5の進入で突っ込みすぎないこと。
早めにブレーキングを完了させて、立ち上がりでタイムを稼ぐ走り方を意識しましょう。

ランキング登録期間:2018/02/22 12:00 〜 2018/03/22 12:00
イベント開催期間:2018/02/22 12:00 〜 2018/03/28 12:00

車種制限:ノーマルカー
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ミッドフィールド・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'16.00080,400,0008C コンペティツィオーネ '08
シルバー1'18.00042,600,000Matte Gray
ブロンズ1'25.00028,400,000GT GUNMETAL 007-W
  • 本作の配信タイムトライアルとドリフトトライアルはこれが最終回になる。
    やはり今回も過去に配信されたイベントのリバイバル版で、今回のタイムトライアルとドリフトトライアルのゴールド時の賞金は最終回に相応しく、1億5000万Cr.。
    今回の分での総額6億450万Cr.(ログインボーナス最大で12億900Cr.)を誇るので、この機会にお金を稼ぐとよい。
  • 金タイムがシビアと感じるなら高性能ノーマルカーなどを使ってしまおう。
  • 使用するコースは、2015年2月に復活したミッドフィールド・レースウェイ。
    説明欄にも書いてあるように、パワー重視のチューニングをしつつ立ち上がりのセッティングがオススメ。
 

GT500 スーパーラップ Edit

PP600以下のGT500車両でのみ参加できるタイムトライアルです。
中低速コーナーで構成されているラグナセカは、立ち上がりのトラクションと中速コーナーのコーナリングスピードでタイムが左右されます。
GT500車両は低回転からトルクがあるので必須ではないものの、ギア比をショートにしてトラクションを稼ぐと効果的です。
もちろん、ダウンフォースもある程度は大きく設定したほうがタイム向上に繋がります。
あとはドライビング。ブレーキングを我慢するよりも、早めにスロットルを開けて脱出速度を稼ぐ、立ち上がり重視の走り方がオススメです。

ランキング登録期間:2018/02/22 12:00 〜 2018/03/22 12:00
イベント開催期間:2018/02/22 12:00 〜 2018/03/28 12:00

車種制限等:SUPER GT / JGTC-GT500車両各種(ベースモデルステルスモデル15th Anniv含む)
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ラグナセカ・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'23.00080,300,000ARTA ガライヤ '08
シルバー1'26.00042,500,000Matte Dark Silver
ブロンズ1'32.00028,300,000GT JAPANESE 007-W
  • 使用するコースは、マツダがスポンサーのラグナセカ・レースウェイ。
    道幅もそんなに広くなく、左右はダートゾーン。出来る限りコース内を走行しよう。
  • GT500車両ならなんでも良いが、年式の新しいHSV-010などが走りやすい。
    長い直線がないのでギヤをクロスミッション(オート300km前後)にセットしてセオリー通りに走れば金タイムに到達できるだろう。
  • ゴールドプレゼントカーは、ARTAがSUPER GT2008年シーズンに投入したGT300クラスのARTA ガライヤ '08
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP450以下のノーマルカーのみ参加できるタイムトライアルです。
タイトコーナーが連続するグランツーリスモアリーナが舞台なので、クルマはコンパクトなモデルがおすすめですが、
大柄なクルマでもサイドターンを駆使して攻略することも可能です。
サイドブレーキを積極的に使う場合は、スピンしにくい4WDかFFの駆動形式が最適。
トラックだけでなく使用可能タイヤがコンフォードハード限定と特殊なので、
好タイムを出すためにはそれなりに合ったセッティングを見つけることも大切です。

ランキング登録期間:2017/12/28 12:00 〜 2018/01/25 12:00
イベント開催期間:2017/12/28 12:00 〜 2018/02/22 12:00

車種制限等:ノーマルカー
タイヤ制限:コンフォート・ハード以下
PP制限:PP450以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:グランツーリスモアリーナ・Aレイアウト
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド0'36.00066,100,000シルビア K's ダイヤセレクション (S13) '90
シルバー0'38.00035,000,000GT JAPANESE 005-W
ブロンズ0'42.00023,300,000GT GREY 002-N
  • 最高速はほぼ必要ないので各コーナーをロスせず抜けることがタイム短縮の鍵。
    • トルクの太い車両ならあえてギヤ比をワイドレシオにしてシフトチェンジせず走るということにより好タイムが出る場合も。
  • 車両はPPを合わせられるならほぼなんでも良いが、強いて上げるならエリーゼ系などのライトウェイト車両が好タイムを出しやすい。
  • プレゼントカーのシルビア K's ダイヤセレクション (S13) '90は、ドリフトの練習にもってこいの適度な馬力のFR車。
  • サムネイルのクルマはミト 1.4 T スポーツ '09
 

1980年以降/レーシングカー スーパーラップ Edit

PP700以下、かつ1980年以降に活躍したレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台であるオータムリンクは小さなコーナーが多く、短い周期で加減速を繰り返すので、エンジン特性がマイルドな車両がおすすめ。
年式が新しいほど乗りやすくなる一方、パワーは控えめになる傾向にあります。
好タイムを出すために大切なのは、バランスを考慮した上でダウンフォースを大きめに設定することと、適切なギア比の調整。
低回転域からトルクが大きいクルマの場合、あえてギア比をワイドにしてギアチェンジの回数を少なくしたほうがタイムに繋がりやすくなる場合もあります。
ランキング登録期間:2017/12/28 12:00 〜 2018/01/25 12:00
イベント開催期間:2017/12/28 12:00 〜 2018/02/22 12:00

車種制限:レーシングカー
年式;1980年以降
タイヤ制限:レーシング・ソフト以下
PP制限:PP700以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:オータムリンク
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'04.00070,900,000ARTA NSX '00
シルバー1'06.00037,600,000Matte Silver
ブロンズ1'14.00025,000,000GT GUNMETAL 006-W
  • グループCもしくはLMP、GT-ONE車両でも、完璧なセッティングを施し、各所の低速コーナーをノーミスレベルにロスせず走らなければ金タイムは厳しい。
  • 独特の挙動があるものの、シャパラル2Xならばかなり楽に金タイム到達可。
  • また、珍しくレーシングソフトタイヤが使用可能。いつもの配信イベントのつもりでハードタイヤで挑み、タイムが出ていないということもあるだろう。
    ただし、ソフトタイヤもグリップが強い分、コーナー侵入時にアンダーステアが出やすくなるなどハードタイヤにはない特徴があるので、どうしても金タイムが出ないというならばフリーランなどで走り込みをすることをオススメする。
  • プレゼントカーのARTA NSX '00は、全日本GT選手権2000年シーズンにARTAから鈴木亜久里と土屋圭一のコンビで参戦した車両。
  • サムネイルのクルマはザウバー メルセデス C9 '89
 

4WD/ノーマルカー&チューニングカー スーパーラップ Edit

PP600以下の4WDノーマルカー及びチューニングカーで参加できるタイムトライアルです。
舞台のマウントパノラマは全開区間が長いので、パワー重視のチューニングが有利。
加えて中高速コーナーでのスタビリティとトラクションをいかに確保できるかがタイム向上のポイントになります。
サスペンションと前後駆動配分のバランスを変えながら、スロットルオンでコーナリングラインが乱れないベストポジションを探りましょう。

ランキング登録期間:2017/11/30 12:00 〜 2017/12/28 12:00
イベント開催期間:2017/11/30 12:00 〜 2018/01/25 12:00

車種制限等:ノーマルカー・チューニングカー
駆動形式:4WD
タイヤ制限:スポーツ・ソフト以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マウントパノラマ モーターレーシングサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'08.00069,900,000GT-R ニスモ '14
シルバー2'11.00037,000,000Matte Brown
ブロンズ2'20.00024,700,000GT POLARIZED 002-P
  • 珍しくチューニングカーが使用可能であるが、ノーマルカーでも金タイム達成可能。
    • もっとも、使用可能な4WDチューニングカーは意外と少ない。
  • ふたつの高速区間でしっかり最高速を伸ばせるようにしつつ、山岳区間でロスしないよう適度にダウンフォースを付けたりギヤ比を調整することがタイム短縮の鍵。
  • ゴールドプレゼントカーは、NISMOのコンプリートカーGT-R ニスモ '14
    バランス、性能は申し分なく、フルチューンすれば400km/h以上を叩き出す。
    既に、プレゼントカー(シエラタイムラリーのチャレンジ4等)があるなら別カラーを選んで貰っても良いだろう。
 

4WD/ラリーカー スーパーラップ Edit

PP550以下の4WDラリーカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
コースのアップダウンが激しいため、エンジンパワーは必須。
加えて、ツイスティな連続コーナーが多いので、ショートホイールベースのクルマほど有利と言えます。
ギア比もショート気味がおすすめ。
ダウンフォースは前後バランスが重要ですが、総じて強めにしておくと接地性が上がり、タイム短縮に繋がります。
LSDや前後駆動力配分などセッティングの幅が広いので、いろいろ試しながら煮詰めていきましょう。

ランキング登録期間:2017/11/30 12:00 〜 2017/12/28 12:00
イベント開催期間:2017/11/30 12:00 〜 2018/01/25 12:00

車種制限等:各4WDラリーカー・ラリーレイドカー(PPIHC参戦車両は不可) タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マッターホルン ローテンボーデン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'33.00067,000,000SX4 WRC '08
シルバー1'36.00035,500,000Matte Yellow
ブロンズ1'45.00023,600,000GT POLARIZED 003-P
  • 舗装路とはいえ凹凸の多いコースなので、意外とラリーカーのデフォルトの足回りのままの方が安定する場面が多い(中盤の下りからのヘアピンアプローチなど)
    ダウンフォースも中盤の下りの高速コーナーで軽い減速で済ませられる程度あれば良い(付けすぎはメインストレートで伸びを欠く要因になる)。
    LSDやVCDなどの駆動系を調整し、好みのステアフィールに仕上げると良いだろう。
    ギヤ比もデフォルトのままか、ほんのりクロス気味(オート250km前後)で問題ない。
  • ゴールドプレゼントカーは、SX4(本作未収録)をベースにチューンされたスズキ最後のWRCカーSX4 WRC '08
    ラリーカーとしては申し分なく、貰って損は無い。
 

2WD/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下の2WDノーマルカーで参加できるタイムトライアルです。
舞台はサーキット・デ・ラ・シエラ。
長いトラックなので、ミスをすることなく走破することが最大のポイントになります。
ドライビングはもちろん、クルマのセッティングも安定性重視で。
このイベントは2WD車限定なので、後輪駆動車で参戦する場合はオーバーステアを出さないように注意しましょう。
このトラックは、限界を超えない走りが好タイムを生みます。

ランキング登録期間:2017/11/02 12:00 〜 2017/11/30 12:00
イベント開催期間:2017/11/02 12:00 〜 2017/12/28 12:00

車種制限:ノーマルカー(FF・FR・MR・RR)
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:サーキット・デ・ラ・シエラ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド10'00.00098,500,000GTO '84
シルバー11'00.00052,200,000GT CHROME 002-W
ブロンズ13'00.00034,800,000GT GUNMETAL 010-W
  • 今回の配信タイムトライアルは2つともロングコースでのリバイバルイベントとなっている。元となったイベントはこちら
  • 全体的に中・高速コーナーや凹凸が多いコース故、集中力を切らさないことが肝心である。
    ダウンフォースを確保できる車両が扱いやすいのは周知の通りだが、強め過ぎると最高速の伸びを欠くことになるため、さじ加減が重要。
    また中途半端な足回りのセッティングでも安定した走りは難しい。目的を明確にしつつも適度に柔らかいセッティングに調整するのがキモ。
  • ゴールド達成における目安としては、折り返し(シエラタイムラリーの第2区間終了)までを5分以内で走りきれるか否か。
    今回の賞金は配信タイムトライアルでは最高額となる1億8550万Cr.。ログインボーナスを含めたら最高でなんと3億7100万Crになる。
 

2WD/レーシングカー スーパーラップ Edit

PP630以下の2WDレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台がニュルブルクリンク24hだけに、ミスが最大の敵になります。
ゆえにクルマのセットアップは乗りやすさと安定性重視がおすすめ。
制限PPいっぱいまでパワーアップせず、あえて控えめのパワーで調整するのも方法のひとつです。
ダウンフォースは強く効かせると安心ですが、前後のバランスは要チェック。
中高速時のステア特性に大きく影響するので、フィーリングを見ながらセットアップしましょう。

ランキング登録期間:2017/11/02 12:00 〜 2017/11/30 12:00
イベント開催期間:2017/11/02 12:00 〜 2017/12/28 12:00

車種制限:レーシングカー(FF・FR・MR・RR)
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP630以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ニュルブルクリンク24h
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド8'40.00089,500,000R8 LMS ultra (Audi Sport Team Phoenix) '12
シルバー8'50.00047,400,000Matte Light Red
ブロンズ10'00.00031,600,000GT GREY 008-N
  • シエラ同様コース自体がとても長いため、途中でペナルティを受けてしまったら元も子もない。出来る限りミスのない走りをしよう。
  • PP630以下では最強クラスのTS030がオススメ。金タイムの設定がやや甘めで、TS030ならチューンせず、比較的ブレーキングの多い走りをしても獲得できる。
    ただし、モーターのアシストを得ている時は中速域でホイールスピンしやすい。TCSを使って無い場合は注意。
  • GT500やGT3車両にエンジンチューンを施しPP調整するとちょうど良い難易度になる。
    その他PPを上限まで上げられればGTオリジナルマシンなどでも金タイム達成可能なので好きな車両で挑んで良い。
 

4WD/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP550以下の4WDノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。
このコースは長い中高速コーナーが多いので、そこでのスタビリティがカギ。
アンダーステアを極力小さくし、スロットルを踏んでいけるセッティングを目指しましょう。
とりわけ4WD車は前後のフロントの駆動力を小さくすると効果的。
加えて、足まわりのセッティング、サスペンションの硬さとネガティブキャンバー角のバランスは中低速コーナーでの踏ん張りに大きく影響するので積極的にセッティングしてみましょう。

ランキング登録期間:2017/10/05 12:00 〜 2017/11/02 12:00
イベント開催期間:2017/10/05 12:00 〜 2017/11/30 12:00

車種制限等:ノーマルカー
駆動形式:4WD
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ビッグウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'24.00061,200,000R8 4.2 FSI R トロニック '07
シルバー1'27.00032,400,000GT MILITARY 004-W
ブロンズ1'35.00021,600,000GT OLD GENERATION 003-W
  • 舞台は米国のウィロースプリングス・ビッグウィロー。道幅は広めでタイトなコーナーも少なく、スポーツタイヤも履けるのでタイムを記録するのに苦労はしないだろう。
    ミッドシップ型の4WD(ガヤルドR8 5.2 FSI等)ならアンダーも少なく、オススメ。陽が低く、視界が悪いのでそこだけ注意。 (中にはラムで攻略した凄腕プレイヤーもいる)
  • ゴールドプレゼントカーは、アウディのフラッグシップマシンだったR8 4.2 FSI R トロニック '07
    四輪駆動でミッドシップレイアウトのマシンであり、スーパーカーでもある。まだ持っていないプレイヤーは、貰って損は無い。
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP600以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
クルマ選びは、初・中級者はスタビリティが高い4WD車がおすすめ。
RWD車の場合はオーバーステアを出さないよう、ていねいなスロットルコントロールが求められます。
また、このコースは走り方でタイムが大きく変動しやすいトラックのひとつ。
とくにターン1からターン2へのアプローチ、そしてターン3からの連続コーナーの処理は重要で、しっかりとクリッピングポイントをおさえることが大切です。
1周を通して、ブレーキングを我慢しすぎて突っ込み過ぎないように意識しましょう。

ランキング登録期間:2017/10/05 12:00 〜 2017/11/02 12:00
イベント開催期間:2017/10/05 12:00 〜 2017/11/30 12:00

車種制限:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アプリコットヒル・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'21.00070,000,000スピードスター '00
シルバー1'23.00037,000,000GT GREY 001-N
ブロンズ1'28.00024,700,000GT GUNMETAL 009-W
  • PP調整をしたTS0302Jを使えば、比較的余裕を持ってゴールドを狙える。
    アルピーヌ ビジョン グランツーリスモ レースモードを使えばPPを調整せずとも比較的余裕を持ってゴールドを取ることができる。以前のシーズナルイベントで入手しているのならば使ってみるのもいいだろう。
    購入するのが気が引けるのなら適当なGT500、GT3マシンをPP600に合わせれば丁度いい。
  • 使用するコースは、オリジナルサーキットであるアプリコットヒル・レースウェイ。
    コース幅が広いが、油断は禁物。ブレーキミスでコースアウトし、ペナルティータイムになってしまったら元も子もない。
 

日産 スカイライン GT-R(R32,R33,R34) ノーマルカー スーパーラップ Edit

ジャパニーズスポーツカーの代表格でもある日産スカイラインGT-Rでエントリーできる、スキッドリカバリーフォース・オフの中・上級者向けタイムトライアルです。
ノーマルカーであればR32、R33、R34のどのモデルでも参加できます。
GT-Rはパワフルでスタビリティが高いクルマですが、小さなコーナーが続くテクニカルなコースでは車重の重さが仇となることも。
回頭性と加速力が重要になるので、チューニングの第一歩は軽量化がおすすめです。
ステア特性を変えたい場合は、足まわりのセッティングよりも駆動配分の調整が効果的。
フロントの駆動配分が増すほど安定志向のアンダーステア傾向になります。

ランキング登録期間:2017/09/07 12:00 〜 2017/10/05 12:00
イベント開催期間:2017/09/07 12:00 〜 2017/11/02 12:00

車種制限等:日産 スカイライン GT-R Vスペック II Nur (R34) '02等、日産 スカイライン(R32,R33,R34)各種(ノーマルカー)
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP530以下
使用コース:オータムリンク
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'25.00063,000,000スカイライン HT 2000GT-R (KPGC10) '70
シルバー1'28.00033,300,000GT OLD GENERATION 009-C
ブロンズ1'33.00022,200,000GT PASTELTONE 001-C
  • どの車両を選んでもフロントヘビーから来るアンダーステアに悩まされる。まずPPを530以上になるまでチューンし、そこからリアにバラストを積みPPを調整しながらリアヘビーになるようにセッティングすると走りやすくなる。
  • ゴールドプレゼントカーは、通称"ハコスカ"の愛称で知られるスカイライン HT 2000GT-R (KPGC10) '70
    1970年代のマシンであり、FR車ながら安定する。これを機に、ヒストリックカーレースの相棒にしてもいいだろう。
  • 本来は11月2日に終了しているはずだが、なぜか公式HPでは間違って終了予定が11月12日まで延長されている。
 

GT500 スーパーラップ Edit

PP600以下のGT500車両でのみ参加できるタイムトライアルです。
中低速コーナーで構成されているラグナセカは、立ち上がりのトラクションと中速コーナーのコーナリングスピードでタイムが左右されます。
GT500車両は低回転からトルクがあるので必須ではないものの、ギア比をショートにしてトラクションを稼ぐと効果的です。
もちろん、ダウンフォースもある程度は大きく設定したほうがタイム向上に繋がります。
あとはドライビング。
ブレーキングを我慢するよりも、早めにスロットルを開けて脱出速度を稼ぐ、立ち上がり重視の走り方がオススメです。

ランキング登録期間:2017/09/07 12:00 〜 2017/10/05 12:00
イベント開催期間:2017/09/07 12:00 〜 2017/11/02 12:00

車種制限等:GT500車両各種(JGTC、スーパーGT)
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ラグナセカ・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'23.00069,000,000WOODONE トムス スープラ '03
シルバー1'26.00036,500,000GT OLD GENERATION 010-C
ブロンズ1'32.00024,300,000GT PASTELTONE 007-C
  • 今回出場できるのは、GT500の各種マシンのみ。
    ただ、スーパーGT以外にも全日本GT選手権やベースモデルも参加できるので、好きな車で挑むのもいいだろう。
  • コースは、アメリカのラグナセカ・レースウェイ。
    左右はダートゾーン、特にGT500に四輪駆動車が無いので後輪をダートゾーンに落とせば間違いなくスピンかクラッシュし、無効タイムペナルティになりかねない。
    出来る限り、コース内を走行しよう。
  • ゴールドプレゼントカーは、2003年シーズンにトムスが投入したWOODONE トムス スープラ '03
    全日本GT選手権のGT500クラス、PP577とバランスも良く、これでキャリアモードのSUPER GTの相棒するのも悪くない。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP450以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。
舞台である筑波サーキットは、パワーの差が比較的表れにくいトラック。
クルマにもよりますがノーマル状態でのパワーが十分にあれば、軽量化でPPを合わせたほうが得策です。
また、タイム向上にはトランスミッションや足まわりのチューニングは不可欠ですが、強化クラッチやプロペラシャフトなど駆動系チューンも加速性能の向上につながります。
予算と相談しつつ、クルマを仕上げていきましょう。

ランキング登録期間:2017/08/10 12:00 〜 2017/09/07 12:00
イベント開催期間:2017/08/10 12:00 〜 2017/10/05 12:00

車種制限等:ノーマルカー各種
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP450以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:筑波サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'07.00064,300,000MR2 GT-S '97
シルバー1'09.00034,000,000GT MILITARY 007-W
ブロンズ1'15.00022,700,000Matte Dark Gray
  • NSX Type R '02を使うと(PPの調整が必要になるが)ゴールドを狙いやすくなる。不安ならば軽量化を。
    • お金を浮かせたいならキャリアモードの国内Bクラス・スターコンプリートで貰えるアキュラNSXでも良い。その他のNSXを使うのもあり。
  • ゴールドプレゼントカーは、トヨタ自動車のMR2 GT-S '97
    手軽なMR車であり、貰って損は無い。
 

NASCAR/ストックカー スーパーラップ Edit

PP627以下のストックカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
事実上チューニングができないため、タイム向上のためにはオイル交換に加え、セッティングとドライビングを工夫する必要があります。
コーナリング中に姿勢が不安定になりやすい場合は、ダウンフォースを大きくするかサスペンションをソフト傾向にすると効果的です。
走り方の面ではスロットルコントロールが重要。
全開でも全閉でもないパーシャル領域を積極的に使い、タイヤの性能を引き出す走りを心がけましょう。

ランキング登録期間:2017/08/10 12:00 〜 2017/09/07 12:00
イベント開催期間:2017/08/10 12:00 〜 2017/10/05 12:00

車種制限:NASCAR
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP627以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ロードコース・インディ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'34.00068,200,0002013 Jeff Gordon #24 シボレー SS
シルバー1'37.00036,100,000GT FLUORESCENCE 002-C
ブロンズ1'45.00024,100,000GT GUNMETAL 003-W
  • NASCARのみが参加できるタイムトライアルイベントである。
    NASCARならどの年式やメーカーでも可能、性能差はほぼない。好きなNASCARで挑もう。
  • コースは、アメリカにあるインディのロードコース。
    コーナーが多く、NASCARならではの操作性の重さも相まって曲がるのが難しくなる。
    説明文にもある様に、NASCARはチューニングが出来ない。GTオートで行える"オイル交換"をして、セッティングを行おう。
    セッティングを煮詰めるなら、ガレージのフリーランかアーケードモードにあるタイムトライアルで練習を行った方が効率的である。
  • コーナリング重視の極ダウンフォース型でも、全開区間のスピード重視のレスダウンフォース型でもあまりタイムには差は出ない。足回りやギヤ比の調整などがタイム短縮の肝である。
 

2WD/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP550以下の2WDノーマルカーで参加できるタイムトライアルです。
舞台であるレッドブルリンクは、フルブレーキングからの全開加速を強いられる場所が多い、ストップアンドゴー・サーキット。
ブレーキングの安定性に加えトラクションがとても重要になるので、LSDを強めに効かせたり、あるいはリアウイングを装着するなどして良いセットを見つけましょう。
また、足まわりを固めた際は、イン側の縁石に大きく乗ると姿勢を乱しやすいので注意が必要です。
タイム向上のためには、オーバーステアが出ないようなセットアップとドライビングを心がけてください。

ランキング登録期間:2017/07/13 12:00 〜 2017/08/10 12:00
イベント開催期間:2017/07/13 12:00 〜 2017/09/07 12:00

車種制限:ノーマルカー(FF・FR・MR・RR)
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:レッドブル・リンク
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'42.00066,100,000V12 バンテージ '10
シルバー1'45.00035,000,000Matte Black
ブロンズ1'51.00023,300,000GT METALLIC 002-C
  • コースは、ストップアンドゴーコースであるレッドブル・リンク。
    特に中盤は厳しく、運悪くブレーキを誤るとコースアウトして即タイム無効になりかねない。
    出来る限りセッティングをしておこう。
  • ゴールドプレゼントカーは、アストンマーティンのV12 バンテージ '10
    少し重いが、FRで安定性があるのでキャリアモードの攻略に使おう。
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP550以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
このトラックはアップダウンが激しく中低速コーナーが多いので、クルマを前に進める力、トラクションがとても重要になります。
トラックの特性を考えると、2WD車よりも4WD車が有利。
2WD車で挑む場合は、スロットルオンでオーバーステアが出ないようにセッティングすることが重要です。
LSDを強く効かせたり、リアのトーインを強めにつけるなど、駆動系とアライメントに気を配りましょう。
また、駆動形式を問わず勾配で荷重が抜けやすいので、ダウンフォースを大きめにつけるのも効果的です。

ランキング登録期間:2017/07/13 12:00 〜 2017/08/10 12:00
イベント開催期間:2017/07/13 12:00 〜 2017/09/07 12:00

車種制限:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マッターホルン ローデンボーデン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'35.00068,700,000458 イタリア '09
シルバー1'38.00036,400,000Matte Silver
ブロンズ1'46.00024,300,000GT FLUORESCENCE 010-W
  • 金タイムを出すだけならば、過去の配信イベントなどでもらったプレゼントカーの中からPPを合わせられる物を適当に選べばよい。
    説明文通り、4WDのマシンなら安定して攻められる。パワーチューンしたラリーカー類がオススメ。
    • なお上位はGT500ではなく、デチューンを施したLMP2Jなどが多い。
  • コースの大半は勾配に関わるレイアウトなので、ある程度馬力を盛れるようセッティングしておこう。
    下り坂に入ってからの各コーナーをアクセルオフで抜けられる程度のダウンフォースがあればほぼ完璧。間違っても飛ばしすぎてダートに突っ込まないように。
  • ゴールドプレゼントカーは、本作でも大活躍するフェラーリの458 イタリア '09
    キャリアモードで本車を使ったワンメイクレースもあるので、この機会に貰おう。
 

ロータス 97T スーパーラップ Edit

かつてアイルトン・セナがドライブしたF1カー、ロータス 97Tでのみ参加できるタイムトライアルです。
このクルマはチューニング不可なので、セッティングでいかに乗りやすく、かつ速くできるかがポイント。
ダウンフォースとギア比の設定がカギを握ります。
とりわけダウンフォースは、大きくするとストレートスピードこそ落ちてしまうものの、コーナリングスピードが飛躍的に向上し、タイム短縮に多いに貢献します。
前後のバランスを見ながら調整しましょう。

ランキング登録期間:2017/06/15 12:00 〜 2017/07/13 12:00
イベント開催期間:2017/06/15 12:00 〜 2017/08/10 12:00

車種制限等:ロータス 97T
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP898以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:スパ・フランコルシャン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'56.00079,600,000SLS AMG GT3 '11
シルバー1'59.00042,100,000GT MILITARY 005-W
ブロンズ2'12.00028,100,000GT GREY 006-N
  • 今回の配信タイムトライアルはどちらも3年前の7月に開催されたもののリバイバルとなっている。
  • アイルトン・セナ・トリビュートではレーシングソフトを履けたが、このイベントではレーシングハードまでとなっているので注意。
  • タイム短縮のカギはオー・ルージュ(最初のヘアピン後の登りの高速S字コーナー)と、ブランシモン(最終コーナーのバスストップシケイン手前の高速の左コーナー)でどれだけ速度を落とさず突っ込めるか。前者は直後のケメル・ストレートでの伸びに直結し、後者も短いながらシケインまでの全開区間のスピードの乗りに響くので減速し過ぎないようにするのがポイントとなる。左足ブレーキ(アクセルを踏みながらブレーキを使う)で速度を調整すると良いだろう。
  • また使用する車両はターボラグが強いので、中・低速コーナーでは細かくアクセルを煽りながら走行すると(「セナ足」を使うと)スムーズに加速できる。
  • ゴールドプレゼントカーは、SLS AMG '10のFIA-GT3仕様であるSLS AMG GT3 '11
    そのままキャリアモードで戦えるので、攻略用に使うのも悪くない。
 

ラリーカー スーパーラップ Edit

PP550以下のラリーカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。
ターマックとダート、両方の路面を持つアイガー北壁Kトレイルは、その全長の長さこそが最大の敵。
壁に接触せず走りきることが最大のハードルになるので、ドライビングではとにかく無理をしないことが求められます。
具体的には、コーナーは手前でしっかりと減速して進入すること。
とりわけコース幅が狭いので、少しでもオーバースピードで進入してしまうと壁に接触しやすくなります。
まずは無理をせず、安全に1周走りきることを目標に走行してみましょう。

ランキング登録期間:2017/06/15 12:00 〜 2017/07/13 12:00
イベント開催期間:2017/06/15 12:00 〜 2017/08/10 12:00

車種制限等:各ラリーカー・ラリーレイドカー(PPIHC参戦車両は不可)
タイヤ制限:ダートタイヤ
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アイガー北壁 Kトレイル
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド4'05.00070,900,000500 F '68
シルバー4'15.00037,600,000GT METALLIC 003-C
ブロンズ5'00.00025,000,000GT PASTELTONE 002-C
  • コースの半分以上が登り坂を駆け上がりながらコーナーを抜けることとなり、パワーやトルクの大きい車両の方がタイムを出しやすい。金タイム達成するならば本Wikiでも推奨しているインプレッサ ラリーカーを始めグループB以降の4WDラリーカーならなんでも良いが、アウディ クワトロS1 ラリーカーなどの排気量の大きい車両や、年式の新しいWRカーなどパワーバンド(トルクバンド)の広い車両を選ぶ方がより良いタイムを出しやすいだろう。
  • タイム短縮ののカギはコースの半分くらいからの下り区間で攻めること、下りきった先のヘアピンの折り返し区間で素早く立ち上がれるように、派手にドリフトしないようコントロールするのがポイントである。
  • プレゼントカーは、2代目500である500 F '68
    性能的に非力であるが、ドライブするには持って来いである。
 

ノーマルカー&チューニングカー スーパーラップ Edit

PP600以下のノーマルカー及びチューニングカーで参加できるタイムトライアルです。
幅広い車種で参加できますが、スタビリティが高く強烈なトラクションが持ち味の4WD車、軽い車体で鋭いコーナリングを武器とする2WD車、いずれも長所をうまく引き出すことができれば十分にゴールドをねらえます。
セッティングのポイントは、ギア比をクロス寄りにすること、ダウンフォースを調整できる場合は前後バランスを考慮すること、そして4WD車の場合は前後の駆動力配分の調整です。
ダンロップコーナー先の80Rと最終コーナーで強くアンダーステアが出ないようなセットを目指しましょう。

ランキング登録期間:2017/05/18 12:00 〜 2017/06/15 12:00
イベント開催期間:2017/05/18 12:00 〜 2017/07/13 12:00

車種制限:ノーマルカー・チューニングカー
タイヤ制限:スポーツ・ソフト以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:筑波サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド0'56.00055,100,000CT230R '08
シルバー0'58.00029,200,000GT MILITARY 009-W
ブロンズ1'05.00019,400,000GT MILITARY 004-W
  • 超軽量かつそこそこパワーを盛れるX-BOW Rなら、コーナーで多少ミスをしてしまっても充分ゴールドを狙える。しかしただでさえリアヘビーで扱いが難しいマシンが更にパワーアップすることになるので乗りこなせる自信が無ければ4WDを選ぼう。
  • サムネイルのクルマは、ゴールドプレゼントカーのCT230R '08
 

2WD/レーシングカー スーパーラップ Edit

PP630以下の2WDレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台がニュルブルクリンク24hだけに、ミスが最大の敵になります。
ゆえにクルマのセットアップは乗りやすさと安定性重視がおすすめ。
制限PPいっぱいまでパワーアップせず、あえて控えめのパワーで調整するのも方法のひとつです。
ダウンフォースは強く効かせると安心ですが、前後のバランスは要チェック。
中高速時のステア特性に大きく影響するので、フィーリングを見ながらセットアップしましょう。

ランキング登録期間:2017/05/18 12:00 〜 2017/06/15 12:00
イベント開催期間:2017/05/18 12:00 〜 2017/07/13 12:00

車種制限:レーシングカー(FF・FR・MR・RR)
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP630以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ニュルブルクリンク24h
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド8'30.00089,500,000GT-R ニスモ GT3 チームRJN '13
シルバー8'40.00047,400,000GT GUNMETAL 008-W
ブロンズ9'10.00031,600,000GT GREY 007-N
  • 2016年5月19日から2016年7月14日まで開催されたタイムトライアルのリバイバル。
    去年と同じくニュルブルクリンク24時間耐久レース開催時期に開催される。
  • 吊しのTS030でかなり慎重に走っても余裕で金タイム達成可能。しかしそれでは味気ないというならば、FIA-GT3車両やGT500車両などにエンジンチューンを施して挑むとよい。コースの難易度が非常に高い分、ゴールドタイムは甘口なのでミスなく一周出来れば達成出来るレベル。攻めすぎず、安定した走りが求められる。
  • TS030でTCSを切り走る場合はコーナー立ち上がりに注意。ご存知の通りTS030は回生ブレーキで電力を溜め、それをコーナー立ち上がりで一気に放出するハイブリッドシステムを持つ。これにより加速はゲーム内LMPカーの中でもトップクラスなのだが、TCSを切っているとよくホーイルスピンしてしまう。ニュルでは連続コーナーが多いため、TCSを切って走る場合は気を付けよう。
  • 上位は本Wikiで推奨されている2JとTS030が多数。
    ただし、エアロパーツが無い2Jはジャンピングスポットでは車体下部が路面から離れてしまうとダウンフォースをを一挙に失ってしまい、コントロール不能に陥り、コースから飛び出してクラッシュする危険性があるので注意が必要。
  • ダウンフォースが強く効く車両ほど、ニュルのコーナーを攻めるのは簡単。なので参加時はダウンフォースを強く効かせよう。また、立ち上がりでのホーイルスピンには特に注意。
  • 賞金はリバイバル前と比べると2倍以上となっており、見事ゴールドでクリアすれば、配信タイムトライアル最高額となる1億6850万Cr.手に入り、ログインボーナスの効果最大で3億3700万Cr.と言った超大額の賞金が手に入る。
  • プレゼントカーはGTアカデミー2014で先行入手可能で、Ver1.09よりディーラーで入荷されたGT-R ニスモ GT3 チームRJN '13。GTアカデミー2014で入手できなかった人はこの機会にチャンス!
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下のノーマルカーで参加するタイムトライアルです。
舞台であるグランバレー・イーストセクションは、パワーサーキット。
ゆえにチューニングはパワー優先に行い、最高速の伸びに加え中高速コーナーでの安定性を考慮したセッティングがおすすめです。
走り方でのポイントはふたつ。
ひとつは、ターン2の右ヘアピンで突っ込みすぎないこと。
奥へ行けば行くほどタイムロスになります。
次に、トンネル手前の左コーナー(ターン7)で脱出速度を稼ぐために、手前のターン6は控えめに小さくまとめること。
ターン7にできるだけアウト寄りからアプローチできるようにしましょう。

ランキング登録期間:2017/04/20 12:00 〜 2017/05/18 12:00
イベント開催期間:2017/04/20 12:00 〜 2017/06/15 12:00

車種制限:ノーマルカー
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:グランバレー・イーストセクション
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'12.00056,500,00086 レースカー ベースモデル '12
シルバー1'15.00029,900,000GT OLD CHROME 002-W
ブロンズ1'22.00020,000,000GT GREY 005-N
  • 説明文では「パワー重視で」とあるが、中盤は低中速コーナーが連続しているのでギアは気持ちクロス寄りに調整すると良い。
  • なお、今回のイベントはどれも貰えるカラーチップがクロームカラーである(シルバーのタイム又はポイントを記録した場合)。
 

2WD/レーシングカー スーパーラップ Edit

PP600以下の2WDレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
テクニカルな鈴鹿サーキットが舞台なので、パワーと車重はどちらかを重視するのではなく、バランス良く、が基本。
ゴールドをねらうにはセッティングよりもドライビングが要になりますが、ダウンフォースを強めに固定し、コーナリングスピードを稼ぐセッティングが効果的です。

ランキング登録期間:2017/04/20 12:00 〜 2017/05/18 12:00
イベント開催期間:2017/04/20 12:00 〜 2017/06/15 12:00

車種制限:レーシングカー(FF・FR・MR・RR)
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:鈴鹿サーキット 2014
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'00.00073,300,000ARTA NSX '06
シルバー2'03.00038,800,000GT CHROME 001-W
ブロンズ2'12.00025,900,000Matte Dark Silver
  • PPを600にまで下げる必要があるが、TS030なら、多少のミスがあっても余裕でゴールドを狙える。多額の出費は気が引ける、ゴールドさえ取れれば充分なら今までプレゼントカーとして貰える機会の多かったGT500、GT3マシンでOK。
  • プレゼントカーは、ARTAが2006年シーズンに投入したARTA NSX '06
    スーパーGTのGT500クラスの為、このままキャリアモードの攻略に使うのが良いだろう。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP550以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台はアイフェル・フラットの特設コース。
高速のターン1から低速のターン2までが繋がっているので、ターン2までにどう減速を完了させるかがカギになります。
なれないうちは1回で減速しようとせず、ターン1、ターン2と2回に分けて減速すると安全です。
このターン2を筆頭に、コーナーでは総じてクリッピングポイントをしっかりとおさえ、大回りしないことが好タイムを出す秘訣。
加えて、このコースはトラクションが重要になるので、クルマ選びは2WD車よりも4WD車がおすすめです。

ランキング登録期間:2017/03/23 12:00 〜 2017/04/20 12:00
イベント開催期間:2017/03/23 12:00 〜 2017/05/18 12:00

車種制限:ノーマルカー
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アイフェル・フラット(特設コース)
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'45.00059,100,000シルビア spec-R エアロ (S15) ツーリングカー '02
シルバー1'48.00031,300,000Blue Metallic
ブロンズ1'55.00020,900,000GT GREY 001-N
  • PPに対しタイヤのグリップが追い付いていないため、セッティングが甘いと強いアンダー、オーバーに悩まされる。アンダーの方が対処はしやすいため説明文通り4WDで挑戦するといい。
 

GT500 スーパーラップ Edit

スーパーGT/JGTCに参戦する、GT500クラス車両でのみ参加できるタイムトライアルです。
ゴールドをねらうなら年式がより新しい車両がおすすめです。
コースの特性的にレスダウンフォースのセッティングほど一発のタイムは出しやすいものの、どうしても運転がシビアになります。
コーナーでの安定性を犠牲にしたくない場合はダウンフォースの下げすぎに注意しましょう。
ダウンフォースを減らすと、ダンロップコーナーから先の終盤セクションがとくに難しくなります。

ランキング登録期間:2017/03/23 12:00 〜 2017/04/20 12:00
イベント開催期間:2017/03/23 12:00 〜 2017/05/18 12:00

車種制限:SUPER GT / JGTC-GT500車両各種(ベースモデルステルスモデル15th Anniv含む)
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:富士スピードウェイ F
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1’38.00066,200,000カルソニック IMPUL GT-R '08
シルバー1'41.00035,000,000Matte Pink
ブロンズ1'50.00023,400,000GT PASTELTONE 008-W
  • 使用するコースは、静岡県小山町にある国際サーキットである富士スピードウェイ F。
    特に後半は難しく、300Rの後に出てくるダンロップコーナー、その次に複合コーナーであるプリウスコーナー、ホームストレートに繋げる脱出スピードが響くパナソニックコーナーが控えている。
    GT500クラスは、アンダーよりオーバーを誘発しやすいので、出来る限りセッティングを煮詰めておこう。全開区間が長いためダウンフォースを下げたくなるが、安定性重視でダウンフォースを強めに設定しても問題ない。終盤テクニカルセクションでの安定性が目に見えてアップする。
  • ゴールドプレゼントカーは、泣く子も黙る星野一義が監督を務めるTEAM IMPULが2008年シーズンに投入したカルソニック IMPUL GT-R '08
    このままキャリアモードのSuper GTに参加できるので、貰っておいて損は無い。
 

イギリス/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP550以下のイギリス製ノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台がパワーサーキットなので、軽さよりもパワー重視のチューニングがおすすめ。
あとはスポーツ・ミディアムタイヤに合わせたサスペンションセッティングが好タイムのカギになります。
多くの場合、ノーマルよりもハード寄りが推奨ですが、その場合ターン1及びターン5以降の高速コーナーでアンダーステアが出ない程度の硬さを目安にしましょう。

ランキング登録期間:2017/02/23 12:00 〜 2017/03/23 12:00
イベント開催期間:2017/02/23 12:00 〜 2017/04/20 12:00

車種制限:ノーマルカー
国:イギリス
タイヤ制限:スポーツ・ミディアム以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ブランズハッチ GPサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'34.00064,000,000マクラーレン F1 GTR - BMW (国際開発UKレーシング) '95
シルバー1'36.00033,900,000GT OLD GENERATION 003-W
ブロンズ1'40.00022,600,000GT PASTELTONE 007-C
  • TAイベントでは珍しいスポーツミディアム制限。
  • 英国車はロータス、TVR等のライトウェイトマシン、そしてアストンマーティン、ジャガー等のヘビーウェイトマシンに大別される。
    どちらを選ぶかはプレイヤーの好み次第だ。
    なお、パワーとウエイトのバランスがいいのは、MP4-12C '10である。
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP700以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台であるアイフェル特設トラックは中高速コーナー中心のハイスピードサーキットなので、パワーはあるほど有利。
ダウンフォースもある程度強めにしたほうがコーナーでのスタビリティが向上します。
とくに連続コーナーでは路面のうねりの影響で姿勢が不安定になりやすいので注意しましょう。
あとはドライビング。
ラインひとつで大きくタイムが変わります。
走り込んで最速ラインを見つけよう!

ランキング登録期間:2017/02/23 12:00 〜 2017/03/23 12:00
イベント開催期間:2017/02/23 12:00 〜 2017/04/20 12:00

車種制限:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP700以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アイフェル
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド0'55.00068,700,000XJR-9 '88
シルバー0'57.00036,400,000Silver Chrome
ブロンズ1'00.00024,300,000GT FLUORESCENCE 008-W
  • 2016年03月24日から2016年05月19日に開催された配信タイムトライアルのリバイバル。攻略法もリバイバル前と同じ。また、リバイバル前より賞金が増えている。
  • プレゼントカーは、ジャガーのル・マンカーであるXJR-9 '88
    グループC/LMPカー勢と同等と戦えるため、持っていない方は貰っておいて損は無いだろう。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP530以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台の鈴鹿を速く走るためには、クルマのトータルバランスが問われます。
なかでも、前半のS字コーナーを気持ち良く走れないようでは好タイムは望めません。
切り返しで気持ち良くフロントが応答するよう、足まわりの硬さとアライメントをセッティングしましょう。
ステアリングの応答性を上げるにはキャンバーは小さく、足まわりは硬く。
コーナリングに入ってからアンダーステアが出るようならキャンバーを大きく、足まわりを柔らかく
していくのがセオリーです。

ランキング登録期間:2017/01/26 12:00 〜 2017/02/23 12:00
イベント開催期間:2017/01/26 12:00 〜 2017/03/23 12:00

車種制限:ノーマルカー
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP530以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:鈴鹿サーキット 2014
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'15.00065,100,00086 ”レーシング” '13
シルバー2'17.00034,500,000GT CHROME 006-W
ブロンズ2'22.00023,000,000GT GREY 010-N
  • 用意されたコースは、日本の三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキット 2014。
    挑戦するなら、チューニングとセッティングを煮詰めてから挑みたい。
    タイヤはSHまでなので、FFと4WDはアンダーステア、FR等の後輪駆動はオーバーステアを誘発しやすいので、それに対応できるセッティングが望ましい。
  • プレゼントカーは、86 GT '12のレーシング仕様86 ”レーシング” '13
    初心者にも安心できるくらい安定性があり、FR車を学ぶのに持って来いの性能でもある。コストパフォーマンスも良く、このマシンを使ってドリフトイベントに出場しても悪くないほど。
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP600以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
小さなコーナーが連続するこのトラックは、何よりステアリングを切ったときのクルマの応答性がタイムを左右します。
オーバーステアにならない程度にフロントのダウンフォースを大きめにし、バランスを調整しましょう。
また、コース特性的にギア比をショートにしたいところですが、低回転域からのトルクが十分にあれば、ギアチェンジを少なくしてタイムロスを減らす作戦も有効です。

ランキング登録期間:2017/01/26 12:00 〜 2017/02/23 12:00
イベント開催期間:2017/01/26 12:00 〜 2017/03/23 12:00

車種制限等:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ストリートオブウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'07.00070,700,000G37
シルバー1'09.00037,500,000GT GREY 007-W
ブロンズ1'13.00025,000,000GT PASTELTONE 010-W
  • コースは、難易度の高いアメリカのウィロースプリンクス ストリートオブウィロー。
    左右はダートゾーンで、路面の凹凸や高低差もある。運悪くブレーキが遅れたりアンダーステアが発生すると、即刻タイムペナルティを喰らいかねない。
    使うクルマの特性を知ったうえで、適切なセッティングをした方が良い。
    PP600台まで落とせるプロトタイプカー勢等を使うと、ゴールドタイムに届きやすくなる。
  • プレゼントカーは、G35 クーペ '06のチューンドカーG37
    既に持っているのであれば、別カラーで手に入れるのも悪くない。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。
舞台であるマウントパノラマは、中盤のテクニカルセクションをいかに速くクリアできるかがカギ。序盤と終盤の長い全開区間でパワーが重要になるのは事実ながら、軽量化と足まわりのチューニングでクルマの限界を上げたほうがラップタイムは短縮しやすくなります。
一方、中盤をテクニックでカバーできるなら、あえてパワー重視のチューニングを施すのも手です。クルマの特性とドライビングスタイルに合わせてクルマを仕上げていきましょう。

ランキング登録期間:2016/12/29 12:00 〜 2017/01/26 12:00
イベント開催期間:2016/12/29 12:00 〜 2017/02/23 12:00

車種制限等:ノーマルカー
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マウントパノラマ・モーターレーシング・サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'22.00066,600,0002000 フォードファルコン XR8
シルバー2'25.00035,300,000GT GREY 006-N
ブロンズ2'30.00023,500,000Matte Black
  • 長いストレートが複数あるので、軽い車はあえてバラストを積み、馬力を上げた方が好タイムが期待できる。
 

ラリーカー スーパーラップ Edit

PP550以下のラリーカーで参加できるタイムトライアルです。
雪上コースなので、おすすめはトラクションに優れる4WD車。
好タイムを出すためにはセッティングよりも走り方が重要ですが、ダウンフォースを強めにしておくと無駄な横滑りを軽減することができます。
走り方で大切なのはスロットルコントロール。
全開と全閉を繰り返すと姿勢変化を大きくしてしまうので、中間速度、パーシャルスロットルをうまく使いつつ、横滑りをできるだけ減らすことを心がけましょう。

ランキング登録期間:2016/12/29 12:00 〜 2017/01/26 12:00
イベント開催期間:2016/12/29 12:00 〜 2017/02/23 12:00

車種制限:各ラリーカー・ラリーレイドカー(PPIHC参戦車両は不可)
タイヤ制限:雪用スパイクタイヤ以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:シャモニー・ウェスト
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'18.00071,600,000ストラトス ラリーカー '77
シルバー2'20.00037,300,000GT GREY 008-N
ブロンズ2'25.00025,900,000MILITARY 007-W
  • 2015年1月8日から開催された、シャモニー・ウェストのラリーカースーパーラップの復刻開催。復刻版は目標タイムが厳しくなっており、ゴールドタイムは復刻前よりも2秒速くなっている。その代わりこのイベントは賞金もなんと4倍に跳ね上がっている。
  • クワトロS1ラリーカーを使えば,楽にゴールドが取れる。
 

4WD/ノーマルカー&チューニングカー スーパーラップ Edit

PP600以下の4WDノーマルカー及びチューニングカーで参加できるタイムトライアルです。
車種によって難易度が変わりやすいので、ゴールドをねらうなら年式がより新しいモデルがおすすめです。
4WD特有のアンダーステアに悩まされたら、センターデフで駆動配分をリア寄りにすると効果的。
ドライビング面では、平均速度の上昇に伴いターン1の手前など何気ない場所でクルマが跳ねてしまうので注意が必要です。
クイックにクルマの向きを変えて素早く立ち上がる、といった4WDのトラクションを活かした走りを意識しましょう。

ランキング登録期間:2016/12/01 12:00 〜 2016/12/29 12:00
イベント開催期間:2016/12/01 12:00 〜 2017/01/26 12:00

車種制限:ノーマルカー・チューニングカー
駆動形式:4WD
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ディープフォレスト・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'21.00067,770,000R5 ターボ ラリー '85
シルバー1'23.00035,910,000GT MILITARY 010-C
ブロンズ1'30.00023,940,000Matte Dark Red
  • 8月から配信レースイベント・タイムトライアル・ドリフトトライアルで過去に開催されたイベントの復刻開催ばっかりだったが、今回の配信イベントは新しいイベントで開催される。
  • ミッドシップかつ強力なダウンフォースが設定可能なR8クロムラインなら楽にゴールドを達成出来る。
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP600以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。
ここはクルマによってコースの攻め方が変わってきます。
レーシングカーのなかでも比較的車重が軽いクルマほど、縁石で跳ねて姿勢を乱しやすいので要注意。
とくにターン2のイン側の縁石は、タイヤを乗せた途端、巻き込むようにオーバーステアが出ることがあるので、とくに注意が必要です。
逆に、車重がそれなりに重いクルマの場合は、縁石で姿勢を乱しにくいのでラインどりに余裕が出てきます。
安定したラップを刻みたいなら、車重が比較的重い4WD車を選ぶと良いでしょう。

ランキング登録期間:2016/12/01 12:00 〜 2016/12/29 12:00
イベント開催期間:2016/12/01 12:00 〜 2017/01/26 12:00

車種制限等:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:レッドブル・リンク
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'30.00074,340,000アストラ V8クーペ (Opel Team Phoenix) '00
シルバー1'33.00039,330,000GT OLD GENERATION 001-W
ブロンズ1'40.00026,280,000Matte Light Blue
  • 車両にもよるが今回は比較的簡単に攻略可能。ちなみにランキングは2JやTS030がほとんどを占めている。
    この2台から購入するならTS030がおすすめ。2Jより2億5000万安く、しかもキャリアモードでも活躍出来る。
  • サムネイルのクルマはRX-7 ツーリングカー
 

ノーマルカー&チューニングカー スーパーラップ Edit

PP400以下のノーマルカー及びチューニングカーで参加できるタイムトライアルです。
参加可能車種が低出力車中心になるので、チューニングは軽量化よりもパワーアップがおすすめ。
加えて、タイヤがコンフォート・ハード限定なのでサスペンションはあまり硬くせず、しなやかなセッティングにしてグリップを稼ぎましょう。
乗り方は、とにかくていねいに、が基本。
限られたタイヤのグリップを最大限に引き出す走り方が求められます。

ランキング登録期間:2016/11/03 12:00 〜 2016/12/01 12:00
イベント開催期間:2016/11/03 12:00 〜 2016/12/29 12:00

車種制限:ノーマルカー・チューニングカー
タイヤ制限:コンフォート・ハード
PP制限:PP400以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:筑波サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'13.00044,040,000NSX コンセプト '13
シルバー1'15.00023,280,000Matte White
ブロンズ1'19.00015,600,000GT PASTELTONE 008-W
  • 毎度のように上位を独占するGSX-R/4を使えばゴールドを大幅に上回るタイムを記録出来るためオススメ。しかしCHタイヤでは的確なハンドリングと繊細なアクセルワークが要求されるため、扱いきれないときは86BRZ等のFR車を使うと良い。
 

1980年以降/2WDレーシングカー スーパーラップ Edit

PP700以下かつ1980年以降に製造された2WDレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
ゴールドをねらうなら初期PPが高いプロトタイプレーシングカーがおすすめ。
ただし、年式が古いほどエンジン特性がピーキーでスロットル操作がシビアになりがちなので、運転のしやすさを優先するならより新しいモデルが良いでしょう。
舞台は夕暮れ迫るアプリコットヒル・レースウェイ。
視界に不安を感じたらドライビングラインを表示させると攻略しやすくなります。

ランキング登録期間:2016/11/03 12:00 〜 2016/12/01 12:00
イベント開催期間:2016/11/03 12:00 〜 2016/12/29 12:00

車種制限:レーシングカー
駆動形式:FF、FR、MR、RR
年式;1980年以降
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP700以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アプリコットヒル・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'11.00076,680,000CLK-LM '98
シルバー1'13.00040,560,000Arancia Metallic Orange
ブロンズ1'18.00027,120,000GT POLARIZED 010-P
  • レギュレーションにより、LM55プジョーVGT2Jが使用不可であるので注意。タイム設定はやや甘く、少々ミスをしても諦めずに1周走り切ればゴールドに手が届く可能性がある。
  • ランキング上位にはC60 Hybrideで独占状態となっている。
 

1979以前/アメリカ車 スーパーラップ Edit

PP550以下かつ、1979以前に製造されたアメリカンノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
この時代のアメリカ車はパワフルながら車重がヘビー級なので、軽量化最優先のチューニングがおすすめ。
さらにトランスミッションのフルカスタマイズに加えて、足まわりも強化したいところです。
コーナーで横滑りをして姿勢が安定しない場合は、ダンバーとスタビライザーを少し硬くするだけでも改善できます。
できるだけ横滑りをしない、させないセッティングとドライビングが好タイムを出す秘訣です。

ランキング登録期間:2016/10/06 12:00 〜 2016/11/03 12:00
イベント開催期間:2016/10/06 12:00 〜2016/12/01 12:00

車種制限:ノーマルカー
年式::1979年以前
国:アメリカ
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:トライアルマウンテン・サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'42.00052,300,000XNR ギア・ロードスター '60
シルバー1'45.00027,700,000Matte Dark Silver
ブロンズ1'52.00018,500,000GT GREY 009-N
  • 紹介文にもあるとおり、足回りは硬めにセッティングしておこう。
    硬くしすぎると路面のうねりや縁石を踏んだ時に姿勢が崩れやすくなるのでほどほどに。
  • ほとんどのクルマで600馬力を軽く超えるため、繊細なアクセルワークが求められる。
    タイム設定はやや甘め。GT40 Mark Iコブラ 427辺りなら多少コーナーで失速してしまっても充分ゴールドは狙える。
 

GT3レーシングカー スーパーラップ Edit

PP630以下のGT3レーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
装着タイヤはレギュレーション上限のレーシングソフトがおすすめですが、
足まわりは標準よりも硬めにセッティングしないとステアバランスが悪くなる場合があるので要注意。
加えて、重要なのがダウンフォースセッティング。
これも前後のバランスを見ながら調整することが大切です。
鈴鹿の場合は、気持ち良くS字コーナーを走れるセッティングを目指しましょう!

ランキング登録期間:2016/10/06 12:00 〜 2016/11/03 12:00
イベント開催期間:2016/10/06 12:00 〜 2016/12/01 12:00

車種制限等:GT3レーシングカー各種 タイヤ制限:レーシング・ソフト以下
PP制限:PP630以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:鈴鹿サーキット 2014
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'57.00068,000,000フォードGT LM レースカー Spec II
シルバー1'58.00036,200,000GT FLUORESCENCE 010-W
ブロンズ2'06.00024,100,000GT POLARIZED 002-P
  • 日本の2014年版鈴鹿サーキットがステージとなる。
    非常にテクニカルコースであり、特にFIA-GT3クラスはアンダーが強くなっている。
    これまで通りタイムも厳しめなのでセッティングをきちんとしてから挑戦したい。
  • ランキング上位にはZ4 GT3で独占状態となっている。
 

イタリア/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP600以下のイタリアンノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
スーパーカーが中心になるので、大別して4WD車かMR車から選ぶことになります。
4WD車は車重が重いので軽量化を中心に、MR車の場合はバラストによる重量バランスの改善も視野に入れてチューニングしていくと良いでしょう。
ただし舞台のアスカリ フルトラックはコーナーが多いため車重は軽いほうが絶対に有利です。
ウェイト積み過ぎには注意しましょう。
イタリア車頂上決戦、最速の座はどのモデルに!?

ランキング登録期間:2016/09/08 12:00 〜 2016/10/06 12:00
イベント開催期間:2016/09/08 12:00 〜 2016/11/03 12:00

車種制限等:ノーマルカー
国:イタリア
PP制限:PP600以下
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アスカリ フルトラック

プライズ目標タイム賞金 Cr.参加賞
ゴールド2'15.00057,300,000ノマド ディアブロ GT-1 '00
シルバー2'18.00030,300,000GT FLUORESCENCE 005-W
ブロンズ2'28.00020,200,000GT PASTELTONE 006-W
  • 今回からタイムトライアルとドリフトトライアルも過去に開催されたイベントのリバイバル開催。このイベントは更新ペースが毎週木曜から隔週木曜になったタイムトライアルの第1弾である。
  • 国際Aクラスのワンメイク用に買った458 イタリア '09アヴェンタドール LP 700-4 '11に、パワー系以外のチューニングを施せば充分。
    ゴールドタイムは少々厳しめなので、コースアウトが恐くても躊躇わずに攻めて行くこと。
  • ランキング上位にはFXXで独占状態となっている。
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP500以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
トラックのアップダウンが激しく、好タイムを出すにはクルマに回頭性が求められるので、RWD車での参加がおすすめ。
FF車はトラクションが抜けやすいので若干不利ですが、セッティングとドライビング次第では好タイムも期待できます。
駆動形式を問わず走り方で重要なのは、コース幅を有効に使って車速を維持すること。
必要最小限のブレーキングでクリアできる走行ラインを見つけることが大切です。

ランキング登録期間:2016/09/08 12:00 〜 2016/10/06 12:00
イベント開催期間:2016/09/08 12:00 〜 2016/11/03 12:00

車種制限:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ラグナセカ・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'28.00061,500,000C4 WRC '08
シルバー1'30.00032,500,000GT GREY 009-N
ブロンズ1'38.00021,700,000GT MILITARY 008-W
  • 上位陣はTS030が多数。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。
中低速コーナーが多いこのコースではトラクションと回頭性が重要になります。
クルマ選びは大柄なボディよりはコンパクトな、ロングホイールベースよりはショートホイールベースのモデルがおすすめ。チューニングは、ある程度のパワーがあれば軽量化を中心にPPを上げていきましょう。
ゴールドをねらうなら駆動系やトランスミッションのチューニングは必須。
いかにコーナーから素早く脱出し、全開加速できるクルマに仕上げられるかがポイントです。

ランキング登録期間:2016/08/11 12:00 〜 2016/09/08 12:00
イベント開催期間:2016/08/11 12:00 〜 2016/10/06 12:00

車種制限等:ノーマルカー
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ストリートオブウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'20.00050,100,000SP1 '08
シルバー1'23.00026,500,000GT GUNMETAL 005-W
ブロンズ1'30.00017,700,000GT METALLIC 010-W
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP700以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。
PP700付近のレーシングカーは非常にハイパワーなので、2WD車であれば非常に繊細なスロットルコントロールが求められます。
コースを1周無事に走り切れない場合はTCSを強めに効かせるか、挙動が安定している4WD車がオススメ。
コース特性的にローダウンフォースが有利に思えますが、やはり重要なのはバランス。
ストレートが速くともコーナーがそれ以上遅くなってしまっては意味がありません。
クルマの特性やドライビングスタイルにあったダウンフォース、そしてギア比に調整しましょう。

ランキング登録期間:2016/08/11 12:00 〜 2016/09/08 12:00
イベント開催期間:2016/08/11 12:00 〜 2016/10/06 12:00

車種制限等:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP700以下
ナイトロ:装着可
使用コース:モンツァ・サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'35.00054,400,000R8 LMS (Team PlayStation) '09
シルバー1'38.00028,800,000Matte White
ブロンズ1'45.00019,200,000GT GREY 004-N
 

GT3レーシングカー スーパーラップ Edit

PP630以下のGT3レーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
ノーマルの状態でもエントリーはできますが、ゴールドをねらうならPP630までチューンを。
マウントパノラマは長い全開区間があるのでレスダウンフォース寄りのセッティングが好タイムを記録しやすい一方、中盤のテクニカルセクションが難しくなるのでバランスを見ながら調整しましょう。
難所である中盤のテクニカルセクションは、ウォールぎりぎりまで使った大胆なラインどりがタイム短縮の秘訣です。
ランキング登録期間:2016/07/14 12:00 〜 2016/08/11 12:00
イベント開催期間:2016/07/14 12:00 〜 2016/09/08 12:00

車種制限等:GT3レーシングカー各種 タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP630以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マウントパノラマ モーターレーシングサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'08.00059,900,000マクラーレン F1 GTR レースカー '97
シルバー2'11.00031,700,000GT FLUORESCENCE 003-W
ブロンズ2'18.00021,200,000GT PASTELTONE 008-W
  • Z4 GT3 '11が最も扱いやすくおすすめ。
  • プレゼントカーは前作の配信イベントと今作のPP650のGTレースカーイベントで猛威を振るう、F1 GTRの97年仕様
    この機会に手に入れて今後のキャリアモード攻略に使用するのも悪くない。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP550以下のノーマルカー限定のタイムトライアルです。
ミッドフィールド・レースウェイは、全開区間が長いトラックなので、パワー重視のチューニングがおすすめ。
また、中高速コーナーでのスタビリティがタイムに影響しやすいので、サスペンションチューンは必須です。
ドライビングで重要なのはターン1とターン5の進入で突っ込みすぎないこと。
早めにブレーキングを終了させて、立ち上がりでタイムを稼ぐ走り方を意識しましょう。
ランキング登録期間:2016/07/14 12:00 〜 2016/08/11 12:00
イベント開催期間:2016/07/14 12:00 〜 2016/09/08 12:00

車種制限等:ノーマルカー
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ミッドフィールド・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'16.00043,500,000ヌボラーリ クワトロ '03
シルバー1'18.00023,000,000GT GREY 005-N
ブロンズ1'25.00015,300,000Matte Brown
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP700以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台はまだ夜が明けきらないサルトサーキット。
視界が悪いなかでの走行なので、とにかくミスに気をつけることが大切です。
攻めすぎに注意し、昼間よりもやや控えめに走行することが完走のポイント。
ヘッドライトの明かりだけでは不安な人は、ドライビングラインを表示させておくと安心です。
ランキング登録期間:2016/06/16 12:00 〜 2016/07/14 12:00
イベント開催期間:2016/06/16 12:00 〜 2016/08/11 12:00

車種制限:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ソフト以下
PP制限:PP700以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:サルトサーキット 2013
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド3'15.00062,000,000スカイライン GT-R R33 ツーリングカー
シルバー3'20.00031,000,000GT GUNMETAL 003-W
ブロンズ3'40.00015,500,000GT POLARIZED 010-P
  • 久々の実質タイヤ制限なしの配信タイムトライアルイベント。
    Sクラスのル・マン24min同様、コーナーによっては片輪がコーナーカットしただけでペナルティを貰ってしまうポイントが存在する。インを攻めすぎないように注意すべし。
  • グループCかLMPがオススメ。グループCは馬力、LMPはコーナリングで有利。
    マツダとプジョーのVGTはPP調整による性能ロスが大きくオススメできない。
    なお2Xはバラストを200kg乗せてから馬力調整でPP700化なら金タイムを大幅に上回ることも可能だが、独特の挙動に慣れることが必要。ダウンフォースと、車の空力特性を理解しよう。
  • 余談ではあるが、実際では2015年のルマン24時間レースの予選でニール・ジャニのポルシェ・919ハイブリッド(本作未収録)が3分16秒887を叩き出したのに対してゴールド目標タイムはその記録を1秒887を上回っている。更に2017年のルマン24時間レースの予選で、小林可夢偉が操るトヨタ・TS050 HYBRID(本作未収録)が本イベントのゴールド目標タイムを0秒209を上回る3分14秒791の驚異をタイムを叩き出した。よって規定PPまでフルチューンしないとゴールド達成は難しい。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台が高速トラックなので、チューニングをパワーアップか軽量化で悩んだ場合はパワーアップがおすすめ。
装着タイヤがコンフォート・ソフト以下なので、車重が重すぎてコーナーで膨らんでしまう場合は軽量化も効果大です。
バランスを考えてチューニングしましょう。
ランキング登録期間:2016/06/16 12:00 〜 2016/07/14 12:00
イベント開催期間:2016/06/16 12:00 〜 2016/08/11 12:00

車種制限等:ノーマルカー
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ビッグウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'27.00033,000,000BNR34 スカイライン GT-R Vスペック N1ベース '00
シルバー1'29.00020,000,000GT CHROME 007-W
ブロンズ1'35.00012,000,000GT FLUORESCENCE 004-W
  • 前回の筑波のような辛口なタイム設定ではないので好きな車でチャレンジしよう。
 

2WD/レーシングカー スーパーラップ Edit

PP630以下の2WDレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台がニュルブルクリンク24hだけに、ミスが最大の敵になります。
ゆえにクルマのセットアップは乗りやすさと安定性重視がおすすめ。
制限PPいっぱいまでパワーアップせず、あえて控えめのパワーで調整するのも方法のひとつです。
ダウンフォースは強く効かせると安心ですが、前後のバランスは要チェック。
中高速時のステア特性に大きく影響するので、フィーリングを見ながらセットアップしましょう。
ランキング登録期間:2016/05/19 12:00 〜 2016/06/16 12:00
イベント開催期間:2016/05/19 12:00 〜 2016/07/14 12:00

車種制限:レーシングカー(FF・FR・MR・RR)
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP630以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ニュルブルクリンク 24h
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド8'30.00040,000,000GT-R N24 シュルツモータースポーツ '11
シルバー8'40.00024,000,000GT CHROME 007-W
ブロンズ9'10.00014,000,000GT METALLIC 005-W
  • サムネイルのクルマはR8 LMS ultra (Audi Sport Team Phoenix) '12
  • 去年のニュル24hの2WD/レーシングカーTTイベントと同じルールだが、ゴールド目標タイムが10秒厳しくなり、難易度がアップしている。しかし去年と違いランキング登録期間と開催期間が倍増しており、賞金も60%アップしている。
  • 問題はコース難易度。焦った走りはペナルティーを食らいかねないので、アーケードモード・フリーランで練習を推奨する。しかし超絶難度コースのためか、ゴールドタイムは結構甘めに設定されているので、うまくいけばゴールドタイムより40秒〜1分以上上回るのも夢ではない。
  • 上位は2Jが多数、というより独占状態。
    ただし、ジャンピングスポットでは車体下部が路面から離れてしまうとダウンフォースをを一挙に失ってしまい、コントロール不能に陥り、コースから飛び出してクラッシュする危険性があるので注意が必要。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下のノーマルカーで参加するタイムトライアルです。
舞台の筑波サーキットはパワー差が出にくいトラックなので、軽量化を中心にバランス良くチューニングを。
また、立ち上がりの加速が重要になるので、駆動系のチューニングに加え、ギア比をショート気味にしておくと良いでしょう。
駆動形式はトラクションに優れたMRか4WDがおすすめです。

ランキング登録期間:2016/05/19 12:00 〜 2016/06/16 12:00
イベント開催期間:2016/05/19 12:00 〜 2016/07/14 12:00

車種制限等:ノーマルカー
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:筑波サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'01.00050,000,000R390 GT1 ロードカー '98
シルバー1'03.00030,000,000Blue Metallic
ブロンズ1'07.00018,000,000GT POLARIZED 005-P
  • 今回の筑波アタックは、タイヤがコンフォート・ソフトまでなので、オーバーステアになりやすい。
    セッティングの能力が問われる。
    更に追い打ちでゴールドタイムが激烈に厳しく、これまでの配信タイムトライアルの中で、最も難易度が高いイベントになるだろう。
 

イギリス/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP550以下のイギリス製ノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台がパワーサーキットなので、軽さよりもパワー重視のチューニングがおすすめ。
あとはスポーツ・ミディアムタイヤに合わせたサスペンションセッティングが好タイムのカギになります。
多くの場合、ノーマルよりもハード寄りが推奨ですが、その場合ターン1及びターン5以降の高速コーナーでアンダーステアが出ない程度の硬さを目安にしましょう。

ランキング登録期間:2016/04/21 12:00 〜 2016/05/19 12:00
イベント開催期間:2016/04/21 12:00 〜 2016/06/16 12:00

車種制限:ノーマルカー
国:イギリス
タイヤ制限:スポーツ・ミディアム以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ブランズハッチ GPサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'34.00032,000,000ストーム V12 レースカー '99
シルバー1'37.00016,000,000GT OLD GENERATION 010-C
ブロンズ1'42.0009,600,000GT PASTELTONE 009-W
  • サムネイルのクルマはタモーラ '02
  • 「軽さよりパワー重視がオススメ」とはあるが、エリーゼなどの比較的軽い車種でも(ある程度のチューンは必要だが)ゴールドは狙える。
  • オススメはマクラーレンMP4-12C
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP550以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台のコート・ダジュールは小さなコーナーが多くテクニカルなので、比較的ボディサイズが小さく、かつトラクションに優れる4WD車での参加がおすすめ。
ダウンフォースを前後とも強めてコーナリングスピードを上げることももちろん大切ですが、何よりウォールぎりぎりまで攻め込んでいくドライバーの力量がモノを言います。
タイム無効を恐れず、大胆な走りでタイムを削っていきましょう!

ランキング登録期間:2016/04/21 12:00 〜 2016/05/19 12:00
イベント開催期間:2016/04/21 12:00 〜 2016/06/16 12:00

車種制限等:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:コート・ダジュール
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'36.00058,000,000R5 ターボ ラリー '85
シルバー1'39.00029,000,000GT MILITARY 006-W
ブロンズ1'46.00017,000,000Matte Dark Gray
  • 舞台はF1モナコGPでおなじみのコート・ダジュール。壁ヒットしやすいコースなので、限界まで攻めようとすると、タイム無効ペナルティを食らいかねない。

4WD/ノーマルカー&チューニングカー スーパーラップ Edit

PP600以下の4WDノーマルカー及びチューニングカーで参加できるタイムトライアルです。
舞台のマウントパノラマは全開区間が長いので、パワー重視のチューニングが有利。
加えて中高速コーナーでのスタビリティとトラクションをいかに確保できるかがタイム向上のポイントになります。
サスペンションと前後駆動配分のバランスを変えながら、スロットルオンでコーナリングラインが乱れないベストポジションを探りましょう。

ランキング登録期間:2016/03/24 12:00 〜 2016/04/21 12:00
イベント開催期間:2016/03/24 12:00 〜 2016/05/19 12:00

車種制限等:ノーマルカー・チューニングカー
駆動形式:4WD
タイヤ制限:スポーツ・ソフト以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マウントパノラマ モーターレーシングサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'08.00045,000,000コルベット'60
シルバー2'11.00022,500,000GT GREY 002-N
ブロンズ2'20.00013,500,000GT MILITARY 005-W
  • コースは難易度の高いマウントパノラマ。
    設定された時刻は午前7時30分だが、そこまでコーナー等の視界は悪くない。
    まだ走り慣れてない方などは、ガレージのフリーラン等で練習しよう。
  • 4WD車のみ参加なので、出来る限りアンダーステアを抑えるセッティングをしよう。
    特にチューニングカーで挑む場合は、足回りやブレーキに関してセットを煮詰めておこう。
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP700以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台であるアイフェル特設トラックは中高速コーナー中心のハイスピードサーキットなので、パワーはあるほど有利。
ダウンフォースもある程度強めにしたほうがコーナーでのスタビリティが向上します。
とくに連続コーナーでは路面のうねりの影響で姿勢が不安定になりやすいので注意しましょう。
あとはドライビング。
ラインひとつで大きくタイムが変わります。
走り込んで最速ラインを見つけよう!
ランキング登録期間:2016/03/24 12:00 〜 2016/04/21 12:00
イベント開催期間:2016/03/24 12:00 〜 2016/05/19 12:00

車種制限:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP700以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アイフェル
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド0'55.00052,000,000M3 GTR レースカー '01
シルバー0'57.00026,000,000GT METALLIC 008-W
ブロンズ1'03.00016,000,000GT METALLIC 009-W
  • 今回もコースメーカーで作ったコースのモデルコースで開催される。アーケードモードやフリーランでも練習してからでも参加できる。
  • 使う車両は、キャリアモードで世話になった好きなグループC・LMPで良い。
    癖は強いが2Xならば、ミスなく一周することで好タイムを出しやすい。
 

FR/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP480以下のFRノーマルカー限定のタイムトライアルです。
舞台のデスバレー特設コースは全開区間が長いのでパワーはあるほど有利ですが、車重が重いクルマは軽量化も同時に行い、バランスの良いクルマを目指しましょう。
事実上、走行ラインが1本で、かつ高速で進入するコーナーが多いので、足まわりを強めにしステアリングの反応速度を上げておくと、ねらいどおりのラインに乗せやすくなります。
各コーナーでは膨らみすぎに要注意!

ランキング登録期間:2016/02/25 12:00 〜 2016/03/24 12:00
イベント開催期間:2016/02/25 12:00 〜 2016/04/21 12:00

車種制限:ノーマルカー
駆動形式:FR
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP450以上PP480以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:デスバレー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'30.00060,000,000350Z コンセプト LM レースカー
シルバー1'33.00030,000,000GT GREY 008-N
ブロンズ1'40.00018,000,000GT MILITARY 004-W
  • 今回はコースメーカーでスタッフがプロデュースしたコースで開催され、配信イベント史上初のPP下限が設けられている。
    • フリーランやアーケードモードのユーザー作成コースに収録されている
      「デスバレー・モデルコース」と同じ為、チャレンジする前に練習しても良いだろう。
 

4WD/ラリーカー スーパーラップ Edit

PP500以下の4WDラリーカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台は雨上がり、ハーフウェットのアイガー北壁。
当然ながら滑りやすい路面をどう攻略するかがカギになります。
ダウンフォースを前後ともに強めにし、車高を下げ気味して足まわりを固めてハンドリングを向上させることがセットアップのひとつの方向性と言えるでしょう。
また、スロットルオンで弱オーバーステアのセッティングを目指すと、このコースの鬼門ともいえる連続タイトコーナーが楽になります。

ランキング登録期間:2016/02/25 12:00 〜 2016/03/24 12:00
イベント開催期間:2016/02/25 12:00 〜 2016/04/21 12:00

車種制限等:各ラリーカー・ラリーレイドカー(PPIHC参戦車両は不可)
駆動形式:4WD
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アイガー北壁 ショートコース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'15.00037,000,000カルソニック スカイライン GT-R '93
シルバー1'18.00019,000,000GT GUNMETAL 002-C
ブロンズ1'25.00011,000,000GT POLARIZED 009-P
  • コースはGTHDからのアイガー北壁 ショートコースの順走。
    路面水量は40%と、イベント説明通りのハーフウェットとなっている。
  • コーナー前のブレーキは本来より前に踏む事。
    ドライと同じようにブレーキを踏むと痛い目に遭う。
 

NASCAR スーパーラップ Edit

PP620以下のNASCARに参戦するストックカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台であるウィロースプリングス ビッグウィローは、高速走行時のスタビリティをいかに確保できるかがセッティングのポイントになります。
コーナリング中のスロットル操作で姿勢が乱れる場合は、リアのダウンフォースを強めにつけると効果大。
加えて、ダンパーの減衰力も強くしておくと姿勢変化がマイルドになり操縦性が向上します。
タイム向上のためには、ターン3からのテクニカルセクションをロスなく抜けることを意識しましょう。

ランキング登録期間:2016/01/28 12:00 〜 2016/02/25 12:00
イベント開催期間:2016/01/28 12:00 〜 2016/03/24 12:00

車種制限:NASCAR
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP620以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ビッグウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'15.00065,000,000マリオ・アンドレッティーズ 1948 ハドソン
シルバー1'18.00032,500,000GT MILITARY 008-W
ブロンズ1'23.00019,500,000GT GREY 006-N
  • 2013 Jeff Gordon #24 シボレー SSはプレゼントカーとして手に入るので購入費は必要ない。未入手の方は購入費は必要だが、NASCARはどの車両も性能は同じなので好きなのを買っても悪くない。
  • NASCARは車重が重く馬力が高い。スピンをするとタイム無効ペナルティを食らいかねない。
    そのためLSDの効きを強めたり、アンダーセッティングにしてから参加しよう。
    またTCSを入れた方が扱いやすく速い。
  • プレゼントカーは、マリオ・アンドレッティーズ 1948 ハドソン。2013年12月開催の配信イベントで入手を逃したプレイヤーは同車を手に入れるチャンスが再び。
 

RWD/ノーマルカー&チューニングカー スーパーラップ Edit

PP600以下のRWDノーマルカー及びチューニングカーで参加できるタイムトライアルです。
ハイパワーな後輪駆動車はスロットルオンによるオーバーステアを抑え込むセッティングとドライビングが求められます。
セッティングではエアロを装着してリアのダウンフォースを大きくすると効果的。
サスペンションは硬すぎず柔らかすぎずがセオリーですが、ダンパーの減衰力を上げるだけでも急激な姿勢変化を抑えることができます。
加えて、タイム向上のためには横滑りを最小限にとどめる走り方がポイントです。
ランキング登録期間:2016/01/28 12:00 〜 2016/02/25 12:00
イベント開催期間:2016/01/28 12:00 〜 2016/03/24 12:00

車種制限等:ノーマルカー・チューニングカー
駆動形式:FR・MR・RR
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アプリコットヒル・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'27.00025,000,000スペシャル
シルバー1'29.00017,000,000Blue Metallic
ブロンズ1'37.00012,000,000GT GUNMETAL 004-W
  • 最後のシケインは姿勢を崩しやすく、コーナーカット判定がやや厳しい。ペナルティを受けないように慎重に通過しよう。
  • プレゼントカーは配信レースイベントのPP550ノーマルカーレースで稀に出現する、スペシャル
 

ヒストリックヨーロピアン スーパーラップ Edit

PP450以下の古き良き欧州車でのみ参加できるタイムトライアルです。
出場ルール内にある車種以外では参加できません。
欧州ヒストリックカーはコンパクトで軽量ながらもパワーが控えめなので、パワーアップ中心のチューニングが要。
とくに舞台であるマッターホルン ローテンボーデンは前半が急な上り勾配なので、パワーが大切になります。
一方、コース後半は下り勾配になり一気に平均速度が上がります。
プアな足まわりをしっかりと強化し、高速域でのスタビリティを確保しましょう。
MR車やRR車で挑む場合は、オーバーステアに注意!

ランキング登録期間:2015/12/03 12:00 〜 2015/12/31 12:00
イベント開催期間:2015/12/03 12:00 〜 2016/01/28 12:00

車種制限:ヨーロッパ S.2(15th Anniv含む)、A110 1600S(15th Anniv含む)、ストラトス(15th Anniv含む)、カルマン ギア クーペ (Type-1)スピットファイア 1500A112 アバルトジュリア スプリント スペチアーレスパイダー 1600 デュエットR8 ゴルディーニA310 1600VEゴルフ I GTIジュリア スプリント GTA 1600ミニ マーコス GT2002 ターボヨーロッパ スペシャルエラン S1ディーノ 246 GTE-TYPE クーペ
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP450以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マッターホルン ローテンボーデン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'01.00024,000,000童夢-零 '78
シルバー2'05.00014,800,000GT METALLIC 007-W
ブロンズ2'15.0008,400,000GT JAPANESE 006-C
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP600以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
小さなコーナーが連続するこのトラックは、何よりステアリングを切ったときのクルマの応答性がタイムを左右します。
オーバーステアにならない程度にフロントのダウンフォースを大きめにし、バランスを調整しましょう。
また、コース特性的にギア比をショートにしたいところですが、低回転域からのトルクが十分にあれば、ギアチェンジを少なくしてタイムロスを減らす作戦も有効です。

ランキング登録期間:2015/12/03 12:00 〜 2015/12/31 12:00
イベント開催期間:2015/12/03 12:00 〜 2016/01/28 12:00

車種制限等:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ストリートオブウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'08.00058,000,000コルベット Z06 (C2) レースカー '63
シルバー1'11.00035,000,000GT GREY 001-N
ブロンズ1'18.00020,000,000GT MILITARY 003-W
  • 上位は、本Wikiで推奨されている2Jの独占状態である。100位以内にはTS030もみられる。
    これらを使うとゴールドが楽になる。
 

ノーマルカー&チューニングカー 1LAPアタック Edit

PP550以下のノーマルカー及びチューニングカーで参加する1周のみのタイムトライアルです。
コースアウトやクラッシュで失格となります。
舞台は難攻不落のニュルブルクリンク北コース。
長くテクニカルなトラックなので、完走するにはとにかく乗りやすいクルマに仕上げることが先決です。
パワーチューニングだけでなく、車重も考慮しながらバランス型のクルマを目指しましょう。
あとはドライバーの精神力。
コンディションが変わった時、いかに冷静を保ちペースダウンを最小限にとどめられるかが好タイムを出すカギになります。

ランキング登録期間:2015/12/24 12:00 〜 2016/01/14 12:00
イベント開催期間:2015/12/24 12:00 〜 2016/01/14 12:00

車種制限:ノーマルカー・チューニングカー
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ニュルブルクリンク 北コース/天候変化/時間変化
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド7'30.000150,000,000ベルティゴ レースカー '04(パーツ装着済み)
シルバー7'40.000100,000,000GT GUNMETAL 001-C
ブロンズ8'30.00070,000,000Matte Light Red
  • 前回同様、天候変化あり。コースアウト・壁ヒット・逆走は一発で失格。
  • 路面水量は最大50%ぐらいまで上昇する。雨アンダーやスピンをして、失格になりかねないので慎重に走ろう。
 

レッドブル ファンカー 1LAPアタック Edit

レッドブルシリーズ最速を誇る、ファンカーでのみ参加できる1周のみのタイムトライアル。
コースアウトやクラッシュで失格となります。
舞台はオリジナルロングコース、サーキット・デ・ラ・シエラ。
超高速トラックゆえに僅かなミスが命取りになります。
高速域でのスタビリティを向上させるためにもダウンフォースは強めがおすすめですが、タイムを向上させるためにはセッティングよりも走り方が要になります。
コーナリングの限界が非常に高いので、まずはその限界を探ることから始め、徐々にタイムを上げていきましょう!

ランキング登録期間:2015/12/17 12:00 〜 2016/01/14 12:00
イベント開催期間:2015/12/17 12:00 〜 2016/01/14 12:00

車種制限: レッドブル X2014 ファンカーレッドブル X2011 プロトタイプレッドブル X2010レッドブル X2010 S.ベッテルレッドブル X2010 プロトタイプ
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP979以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:サーキット・デ・ラ・シエラ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド5'25.000150,000,000フォードGT LM レースカー Spec II(パーツ装着済み)
シルバー5'35.000110,000,000GT FLUORESCENCE 010-W
ブロンズ6'00.00070,000,000Matt Purple
  • レッドブルのファンカーシリーズが遂に出番が来た。レッドブル X2014 ファンカーはプレゼントカーとして手に入るので購入費は必要ない。
    異次元の速さを誇るのでアーケードモード、フリーランで練習してから参加しよう。
  • 更に配信タイムトライアル史上初の天候変化イベントで、路面水量は約50%まで上昇する。
    雨によるアンダーステア・オーバーステアによって、壁ヒット、コースアウトの失格要素は避けられないので慎重に走ろう。
  • 賞金は配信タイムトライアル・ドリフトトライアル最高額の、総額3億3000万Cr.。ログインボーナス5日発動で、6億6000万Cr.手に入る。それ故に、所持金カンストになりやすいので車を購入してから、参加するといい。
  • プレゼントカーはフォードGT LM レースカー Spec II。これを手に入れて同日開催の配信レースイベントに出場してみるのも悪くない。モデリングが気にならないならの話だが。
 

1980年以降/レーシングカー スーパーラップ Edit

PP700以下、かつ1980年以降に活躍したレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台であるオータムリンクは小さなコーナーが多く、短い周期で加減速を繰り返すので、エンジン特性がマイルドな車両がおすすめ。
年式が新しいほど乗りやすくなる一方、パワーは控えめになる傾向にあります。
好タイムを出すために大切なのは、バランスを考慮した上でダウンフォースを大きめに設定することと、適切なギア比の調整。
低回転域からトルクが大きいクルマの場合、あえてギア比をワイドにしてギアチェンジの回数を少なくしたほうがタイムに繋がりやすくなる場合もあります。
ランキング登録期間:2015/11/05 12:00 〜 2015/12/03 12:00
イベント開催期間:2015/11/05 12:00 〜 2015/12/31 12:00

車種制限:レーシングカー
年式;1980年以降
タイヤ制限:レーシング・ソフト以下
PP制限:PP700以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:オータムリンク
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'04.00055,000,0002000 フォードファルコン XR8
シルバー1'06.00033,000,000GT GUNMETAL 003-W
ブロンズ1'14.00018,300,000GT CHROME 007-W
  • ノルマは結構厳しめ。パッドの方は応答補正を上げないと少々つらいかも。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP550以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台はアイフェル・フラットの特設コース。
高速のターン1から低速のターン2までが繋がっているので、ターン2までにどう減速を完了させるかがカギになります。
なれないうちは1回で減速しようとせず、ターン1、ターン2と2回に分けて減速すると安全です。
このターン2を筆頭に、コーナーでは総じてクリッピングポイントをしっかりとおさえ、大回りしないことが好タイムを出す秘訣。
加えて、このコースはトラクションが重要になるので、クルマ選びは2WD車よりも4WD車がおすすめです。

ランキング登録期間:2015/11/05 12:00 〜 2015/12/03 12:00
イベント開催期間:2015/11/05 12:00 〜 2015/12/31 12:00

車種制限:ノーマルカー
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース: アイフェル・フラット(特設コース)
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'45.00027,800,000シエン '02
シルバー1'48.00017,000,000GT METALLIC 010-W
ブロンズ1'55.00010,000,000GT PASTELTONE 007-C
  • 今回から配信タイムトライアルもコースメーカーのコースでも開催されるようになった。いきなりの参加となるので参加しながらコースを覚えよう。
    • …と思いきや、まさかのフリーランやアーケードモードのユーザー作成コースに収録されている
      「アイフェル・フラット・モデルコース/天候変化/時間変化」とそのまま同じため、こちらで練習してもよい。
  • 現在は修正されたが、説明文の「タイムトライアル」の部分が「ドリフトトライアル」となっていた。
 

GT3レーシングカー スーパーラップ Edit

PP630以下のGT3レーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
装着タイヤはレギュレーション上限のレーシングソフトがおすすめですが、
足まわりは標準よりも硬めにセッティングしないとステアバランスが悪くなる場合があるので要注意。
加えて、重要なのがダウンフォースセッティング。
これも前後のバランスを見ながら調整することが大切です。
鈴鹿の場合は、気持ち良くS字コーナーを走れるセッティングを目指しましょう!

ランキング登録期間:2015/10/08 12:00 〜 2015/11/05 12:00
イベント開催期間:2015/10/08 12:00 〜 2015/12/03 12:00

車種制限等:GT3レーシングカー各種 タイヤ制限:レーシング・ソフト以下
PP制限:630PP以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:鈴鹿サーキット 2014
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'58.00059,000,000GT-R コンセプト LMレースカー
シルバー2'00.00032,000,000GT POLARIZED 003-P
ブロンズ2'08.00017,000,000GT PASTELTONE 003-W
  • 推奨車両はR8 LMS ultra (ASTP)。プレゼントカーとして入手できるので購入費が必要ない。
    ただし入手難易度がやや高いので、まだ入手していないなら、上記車両以外の手頃なFIA-GT3を1台買ってしまうといい。
    なお、各FIA-GT3は初期設定ではアンダーがかなり強い。鈴鹿は決して簡単なコースではないので、参加前のセッティングを忘れずに。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP450以下のノーマルカーのみ参加できるタイムトライアルです。
タイトコーナーが連続するグランツーリスモアリーナが舞台なので、クルマはコンパクトなモデルがおすすめですが、
大柄なクルマでもサイドターンを駆使して攻略することも可能です。
サイドブレーキを積極的に使う場合は、スピンしにくい4WDかFFの駆動形式が最適。
トラックだけでなく使用可能タイヤがコンフォードハード限定と特殊なので、
好タイムを出すためにはそれなりに合ったセッティングを見つけることも大切です。

ランキング登録期間:2015/10/08 12:00 〜 2015/11/05 12:00
イベント開催期間:2015/10/08 12:00 〜 2015/12/03 12:00

車種制限等:ノーマルカー
タイヤ制限:コンフォート・ハード以下
PP制限:PP450以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:グランツーリスモアリーナ・Aレイアウト
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド0'36.00028,000,000XJ220 '92
シルバー0'38.00015,000,000GT JAPANESE 008-W
ブロンズ0'42.0008,000,000Silver Chrome
  • シーズナルイベント第1弾として開催されたホンダ フィット RS スーパーラップと同じコースだが、タイヤ制限が厳しくなった代わりに、PP制限が70アップしており、ゴールドタイムも0.5秒緩くなっている。
 

FR/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下のFRノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台のアプリコットヒル・レースウェイは全開区間が長くパワーがあればあるだけ有利なものの、
コンフォートタイヤが上限なので、どうしてもアクセルコントロールが難しくなります。
車重が重くハイパワーなクルマは軽量化の余地があまりないので、運転が難しく感じたら、
ある程度軽い車重のクルマをパワーアップしてPPを合わせていく方法がおすすめ。
あとはテールスライドをできるだけさせないドライビングを心がけましょう!

ランキング登録期間:2015/09/10 12:00 〜 2015/10/08 12:00
イベント開催期間:2015/09/10 12:00 〜2015/11/05 12:00

車種制限:ノーマルカー
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP500以下
駆動形式:FR
ナイトロ:装着不可
使用コース:アプリコットヒル・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'35.00030,000,000マクラーレン F1 '94
シルバー1'38.00016,500,000GT CHROME 003-W
ブロンズ1'45.0005,000,000GT JAPANESE 006-C
  • 今回から更新ペースが2週間から4週間になり、獲得賞金が倍増、更に賞品がプレゼントカー+ペイントアイテムx2となった。
    賞品・賞金共にかなり豪華なので、開催期間中に忘れずに攻略して入手しておこう。
  • 推奨車両はマツダ:RX-7。プレゼントカーではないが、ドリフトトライアルで必要になるので、ここで買ってしまうといい。
    グレードはモデリング・性能共に優れたスピリットRでいいだろう。ダウンフォースがあるのでタイヤ制限がきつい本イベントに合う。
    RX-7を既に所持しているなら、いつものカマロ SSコンセプト1シリーズでいいだろう。適切なチューンを施せばゴールド達成は難しくない。
 

イタリア/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP600以下のイタリアンノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
スーパーカーが中心になるので、大別して4WD車かMR車から選ぶことになります。
4WD車は車重が重いので軽量化を中心に、MR車の場合はバラストによる重量バランスの改善も視野に入れてチューニングしていくと良いでしょう。
ただし舞台のアスカリ フルトラックはコーナーが多いため車重は軽いほうが絶対に有利です。
ウェイト積み過ぎには注意しましょう。
イタリア車頂上決戦、最速の座はどのモデルに!?

ランキング登録期間:2015/09/10 12:00 〜 2015/10/08 12:00
イベント開催期間:2015/09/10 12:00 〜 2015/11/05 12:00

車種制限等:ノーマルカー
国:イタリア
PP制限:PP600以下
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アスカリ フルトラック

プライズ目標タイム賞金 Cr.参加賞
ゴールド2'15.00060,000,000エンツォ フェラーリ '02
シルバー2'18.00033,000,000GT POLARIZED 010-P
ブロンズ2'28.00018,000,000GT OLD GENERATION 004-W
  • タイム自体は甘く、ギリギリまでチューンせずともゴールドは取れる。問題なのはコース難易度の高さである。
    ニュルブルクリンクやシエラに次ぐ高難度コースなので、Sクラスやアーケードモード等で事前にしっかり練習しておこう。
    2つのシケインのペナルティ判定が特に厳しい。ちょっとしたコーナーカットでもタイム無効を食らうこともあるので慎重に通過しよう。
  • 車両はワンメイクレース用に買った(はずの)アヴェンタドールを推奨する。
    固定ダウンフォースがある上に性能も申し分ない。4WDなのでタイヤ制限が厳しい本イベントでも比較的安定して走れる。
  • 同じくワンメイク用に買った458 イタリアか、プレゼントカーの430 スクーデリアでもかまわない。
    ただしこの2台は後輪駆動車なので、ウイングを装着するなり重量配分を弄るなりで挙動を安定させるとよい。
 

ランサーエボリューション/インプレッサ スーパーラップ Edit

PP500以下の三菱 ランサーエボリューションそして、スバル インプレッサのノーマルカー限定タイムトライアルです。
筑波サーキットはパワー差がタイムに影響しにくいので、パワーアップだけでなく軽量化もしっかりと。
双方とも4WD車ゆえに、アンダーステアをいかに小さくし、いかに回頭性を上げられるかが勝負です。
フロントのLSDは弱めに、リアの駆動力配分は大きめにするとアンダーステアを軽減することができます。
往年のライバル車対決、最後に笑うのはどっちだ!?

ランキング登録期間:2015/08/20 12:00 〜 2015/09/10 12:00
イベント開催期間:2015/08/20 12:00 〜 2015/09/24 12:00

車種制限:ランサーエボリューション及びインプレッサ(ノーマルカー)各種
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:筑波サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'02.0009,900,000GT POLARIZED 003-P
シルバー1'05.0005,900,000---
ブロンズ1'10.0003,465,000---
  • いつものランエボVI RS TMで問題ない。勿論プレゼントカーのランエボVI T.M. SCPや、自分の好きなインプ/ランエボでも可。
    インプもランエボもアンダーステアが強いので、足回りと重量配分を弄るとよい。それを怠らなければ難しくはないはず。
  • ゴールドのタイムは厳しめ。オーバーステアセッティングにしないと届きにくい。
  • 当初はランキング登録終了が9月3日、開催終了が9月17日の予定だったが、更新ペースが毎週木曜から隔週木曜になったため、それぞれ1週間延長された。
 

1980年以降/レーシングカー スーパーラップ Edit

PP700以下かつ1980年以降に製造されたレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台はサーキット・デ・ラ・シエラ。
難所は少ないものの、なにより平均速度が速いので、ミスなく走破することが最大の課題になります。
完走だけを目指すならGTカーやGT3カーなどのツーリングカーが安定している一方、タイムを追求するならハイパワーでより軽量なプロトタイプレーシングカーがおすすめ。
全体的に攻めすぎないように走ることが好タイムを出す最大の秘訣です。
ランキング登録期間:2015/08/20 12:00 〜 2015/09/10 12:00
イベント開催期間:2015/08/20 12:00 〜 2015/09/24 12:00

車種制限:レーシングカー
年式;1980年以降
タイヤ制限:レーシング・ソフト以下
PP制限:PP700以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:サーキット・デ・ラ・シエラ・タイムラリー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド7'25.00025,000,000GT JAPANESE 009-W
シルバー7'50.00012,500,000---
ブロンズ8'45.0007,500,000---
  • 先週の上級レース同様、グリップ低下設定はリアル。
    先週の上級レースでも述べたが、コース難易度が高いため、「シエラ タイムラリー」での事前練習を推奨する。
    タイム自体はかなり緩く設定されているため、コースさえ覚えればゴールド獲得は意外にも楽。とにかく練習してコースを覚えよう。トップランカーはゴールド目標タイムより1分以上速いプレイヤーもいる。
    今回はTTにしては珍しくRSタイヤを装着可能。スキッドリカバリーフォースを使用できなくとも案外なんとかなる。
  • 車両は、とりあえず非ノーマルカー・PP700クラスのいずれかで問題ない。というか「PP670以上のグループC/LMP1」ならどれでも可。
    ただしPP670を下回る車両や、デルタウィング等の変わり種のプロトカーだとちょっと厳しい。素直に一般的なグループC/LMP1で参加しよう。
  • 当初はランキング登録終了が9月3日、開催終了が9月17日の予定だったが、更新ペースが毎週木曜から隔週木曜になったため、それぞれ1週間延長された。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台であるグランバレー・イーストセクションは、パワーサーキット。
ゆえにチューニングはパワー優先に行い、最高速の伸びに加え中高速コーナでの安定性を考慮したセッティングがおすすめです。
走り方でのポイントはふたつ。
ひとつは、ターン2のヘアピンで突っ込みすぎないこと。
奥へ行けば行くほどタイムロスになります、
次に、トンネル手前の左コーナー(ターン7)で脱出速度を稼ぐために、手前のターン6は控えめに小さくまとめること。
ターン7にできるだけアウト寄りからアプローチできるようにしましょう。

ランキング登録期間:2015/08/06 12:00 〜 2015/08/20 12:00
イベント開催期間:2015/08/06 12:00 〜 2015/09/03 12:00

車種制限:ノーマルカー
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:グランバレー・イーストセクション
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'12.00010,000,000GT POLARIZED 008-P
シルバー1'15.0006,000,000---
ブロンズ1'22.0003,500,000---
 

NASCAR/ストックカー タイムトライアル Edit

NASCARに参戦するストックカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台のミッドフィールド・レースウェイは大パワーのストックカーでも走りやすいトラックですが、オーバーステアを極力出さないように走行することが好タイムを出す秘訣。
ていねいなアクセルコントロールは必須ですが、セッティングでもフォローしたい場合は、TCSを強めに効かせる、リアのダウンフォースを大きくするなどが有効です。
ダンパーの減衰力をあげて限界付近の挙動をマイルドにするのもおすすめ。
ゴールドを目指すなら、チャレンジ前にオイル交換も忘れずに!

ランキング登録期間:2015/08/06 12:00 〜 2015/08/20 12:00
イベント開催期間:2015/08/06 12:00 〜 2015/09/03 12:00

車種制限:NASCAR
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP627以下(実質無し)
ナイトロ:装着不可
使用コース:ミッドフィールド・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'11.00024,000,000GT OLD GENERATION 006-W
シルバー1'14.00012,000,000---
ブロンズ1'20.0007,200,000---
  • プレゼントカーとして入手できる2013 Jeff Gordon #24 シボレー SSの使用が最も合理的。
    車種別の性能差はほぼ無いので購入する場合もどの車でもゴールドは可能。
  • アンダーステアが出やすい上に、立ち上がりではリアが流れやすいためすこぶる乗りにくい。
    デフ・ダウンフォース・サス・ブレーキ等は入念にセッティングしよう。
    ちなみに車種制限はあってもPP制限は無い。オイル交換で馬力を上げてもいい。
 

1979以前/アメリカ車 スーパーラップ Edit

PP550以下かつ、1979以前に製造されたアメリカンノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
この時代のアメリカ車はパワフルながら車重がヘビー級なので、軽量化最優先のチューニングがおすすめ。
さらにトランスミッションのフルカスタマイズに加えて、足まわりも強化したいところです。
コーナーで横滑りをして姿勢が安定しない場合は、ダンバーとスタビライザーを少し硬くするだけでも改善できます。
できるだけ横滑りをしない、させないセッティングとドライビングが好タイムを出す秘訣です。

ランキング登録期間:2015/07/23 12:00 〜 2015/08/06 12:00
イベント開催期間:2015/07/23 12:00 〜2015/08/20 12:00

車種制限:ノーマルカー
年式::1979年以前
国:アメリカ
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:トライアルマウンテン・サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'41.00013,000,000Matte Pink
シルバー1'45.0007,800,000---
ブロンズ1'52.0004,550,000---
  • プレゼントカーとして入手できるチャレンジャー R/Tの使用が最も合理的。
    ただしそのままではとてもゴールドタイムは狙えないので、足回りと車重を中心にチューンしよう。
 

ルノー スポール メガーヌ トロフィー スーパーラップ Edit

PP550以下のルノー スポール メガーヌトロフィーで参加できるタイムトライアルです。
標準状態でもドライブしやすいクルマですが、少しでもオーバーステアを軽減したい場合は、リアのダウンフォースを強めにしたり、リアの足まわりを多少柔らかくすると良いでしょう。
好タイムを出す秘訣はセッティングよりもドライビング。
とくに後半の連続高速コーナーは、タイムが無効にならない程度までインカットすることがポイントです。
必要最小限の減速で駆け抜けましょう!

ランキング登録期間:2015/07/23 12:00 〜 2015/08/06 12:00
イベント開催期間:2015/07/23 12:00 〜 2015/08/20 12:00

車種制限等:メガーヌ トロフィー '11(ベースモデル15th Anniv含む)
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ブランズハッチ GPサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'27.00018,000,000GT CHROME 005-C
シルバー1'30.00010,800,000---
ブロンズ1'36.0006,300,000---
  • まずは馬力をチューンしてPPを550に合わせる。後は自分の癖に合わせてサスやデフを、リアが流れないようダウンフォースを調整しよう。
    デフォルトで全項目をセッティングできる上、車両価格が安いので、改造費を含めても大したお金は掛からない。

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP530以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台の鈴鹿を速く走るためには、クルマのトータルバランスが問われます。
なかでも、前半のS字コーナーを気持ち良く走れないようでは好タイムは望めません。
切り返しで気持ち良くフロントが応答するよう、足まわりの硬さとアライメントをセッティングしましょう。
ステアリングの応答性を上げるにはキャンバーは小さく、足まわりは硬く。
コーナリングに入ってからアンダーステアが出るようならキャンバーを大きく、足まわりを柔らかく
していくのがセオリーです。

ランキング登録期間:2015/07/09 12:00 〜 2015/07/23 12:00
イベント開催期間:2015/07/09 12:00 〜 2015/08/06 12:00

車種制限:ノーマルカー
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP530以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:鈴鹿サーキット 2014
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'15.0009,000,000GT POLARIZED 010-P
シルバー2'18.0005,400,000---
ブロンズ2'28.0003,150,000---
  • R8NSXを推奨。前者は4WD。後者はMRなので加速性能と旋回性能が抜群な上に両者ダウンフォースがある。ただ前者は強いアンダーステア。後者はスピンやクラッシュに注意しよう。
    馬力以外を改造したGT-R7代目コルベット等でもいい。
  • ゴールドがどうしても取れない人はGSXを使うしかない。1000万購入費として取られるが..
 

4WD/ラリーカー スーパーラップ Edit

PP550以下の4WDラリーカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
コースのアップダウンが激しいため、エンジンパワーは必須。
加えて、ツイスティな連続コーナーが多いので、ショートホイールベースのクルマほど有利と言えます。
ギア比もショート気味がおすすめ。
ダウンフォースは前後バランスが重要ですが、総じて強めにしておくと接地性が上がり、タイム短縮に繋がります。
LSDや前後駆動力配分などセッティングの幅が広いので、いろいろ試しながら煮詰めていきましょう。

ランキング登録期間:2015/07/09 12:00 〜 2015/07/23 12:00
イベント開催期間:2015/07/09 12:00 〜 2015/08/06 12:00

車種制限等:各4WDラリーカー・ラリーレイドカー(PPIHC参戦車両は不可) タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マッターホルン ローデンボーデン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'33.00022,000,000GT MILITARY 006-W
シルバー1'36.00013,200,000---
ブロンズ1'45.0007,700,000---
  • バイクスピークは参戦不可。間違えないように
 

グッドウッド FoS 2015 スペシャルタイムトライアル Edit

「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」開催を記念したスペシャルイベントです。
今年のホストメーカー、マツダが手がけたモニュメントを有す「グッドウッド ヒルクライム 2015」を、デカール等のリバリーがアップデートされ新しくなったマツダ LM55 ビジョン グランツーリスモでアタックしよう!
ブロンズ以上でこのマツダ LM55 VGTを獲得できます。

ランキング登録期間:2015/06/26 07:00 〜 2015/07/24 15:00
イベント開催期間:2015/06/26 07:00 〜 2015/07/24 15:00

車種制限等:マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:グッドウッド ヒルクライム 2015
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド0'42.00030,000,000---
シルバー0'45.00018,000,000---
ブロンズ0'55.00012,000,000マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ
  • コース幅が狭く、コースアウトまたは、壁ヒットをすると即失格。誤った操作をすると絶対にコースアウトする。又スペシャルイベント版より、壁ヒット判定が厳しい。
    また、4WDなので安定感はあるが、アンダーが強く、片輪が芝生に入って制御不能になる場合がある。
    上級者でもアシストは念のため付けておいたほうが安全。
    そのためかゴールドは若干緩いがそれでもシビア。難しかったら1回プレゼントとして貰っていると思うのでプラクティスをするとよい。
 

SRT トマホーク S VGT 1LAPアタック Edit

世界中の自動車メーカーが「グランツーリスモ」のために夢のクルマをデザインするプロジェクト、ビジョン グランツーリスモ。
SRTがストリートをターゲットに開発したドリームカー、SRT トマホーク S ビジョン グランツーリスモで、ウィロースプリングス・レースウェイ ビッグウィローのタイムトライアルに挑戦しよう!
本イベントに参加するだけで、このSRT トマホーク S VGTを獲得できます(※)。
また、走行中にナイトロボタン(R1ボタン)を押すことで「ロードラッグモード」が発動し、一時的に速度を上げることができます。

(※タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2015/06/26 07:00 〜 2015/07/24 15:00
イベント開催期間:2015/06/26 07:00 〜 2015/07/24 15:00

車種制限等:SRT:トマホーク S ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:スポーツ・ミディアム
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:ウィロースプリングス ビッグウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'02.00025,000,000---
シルバー1'05.00015,000,000---
ブロンズ1'10.00010,000,000---
参加賞:トマホーク S ビジョン グランツーリスモ
  • 使用するトマホーク S ビジョン グランツーリスモはイベント専用車であるためセッティング不可。
    タイムの有効・無効に関係なく、最低1周完走すれば同車両が入手できる。
  • ロードラッグモード(R1ボタンで発動)を駆使しないとゴールドは難しい。ただし、発動中は強烈なアンダーが出るので使いどころは注意。
  • ドライバーにもよるが、「速さ」「曲がる」をうまく利用しよう。
    4WDなので、安定感はあるが滑りやすい。トマホークの操作性をしっかりと身につけておこう。慣れておかないと後のGTS-R VGTトマホークX VGTが難しくなる。
 

SRT トマホーク GTS-R VGT スーパーラップ Edit

世界中の自動車メーカーが「グランツーリスモ」のために夢のクルマをデザインするプロジェクト、ビジョン グランツーリスモ。
SRTがシリーズ最軽量を目指し、開発したレースバージョン、SRT トマホーク GTS-R ビジョン グランツーリスモで、ロードコース・デイトナのタイムトライアルに挑戦!
ブロンズ以上でこのSRT GTS-R VGTを獲得できます。
また、走行中にナイトロボタン(R1ボタン)を押すことで、「ロードラッグモード」が発動し、一時的に速度を上げることができます。

ランキング登録期間:2015/06/26 07:00 〜 2015/07/24 15:00
イベント開催期間:2015/06/26 07:00 〜 2015/07/24 15:00

車種制限等:SRT:トマホーク GTS-R ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:ロードコース・デイトナ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'14.00035,000,000---
シルバー1'18.00021,000,000---
ブロンズ1'28.00014,000,000トマホーク GTS-R ビジョン グランツーリスモ
  • 使用するトマホーク GTS-R ビジョン グランツーリスモはイベント専用車であるためセッティング不可。
  • トマホークSの時同様にロードラッグモードを使わないとゴールドに届きにくい。発動のタイミングにはくれぐれも注意。
    • SRT トマホークシリーズの中では最もゴールドが難しい。ロードラックモードを使っても届かない場合がある。
  • グリップ低下設定はリアル。そのためコースアウトすると即スピンする。
  • コースアウト部分はオーバルはパンクしていない部分。ロードコース内は白い線。
 

SRT トマホーク X VGT スーパーラップ Edit

世界中の自動車メーカーが「グランツーリスモ」のために夢のクルマをデザインするプロジェクト、ビジョン グランツーリスモ。
SRTが究極のパフォーマンスを目指し、開発したエクストリーム・カー、SRT トマホーク X ビジョン グランツーリスモで、ニュルブルクリンク北コースのタイムトライアルに挑戦!
ブロンズ以上でこのSRT トマホーク X VGTを獲得できます。
また、走行中にナイトロボタン(R1ボタン)を押すことで「ロードラッグモード」が発動し、一時的に速度を上げることができます。

ランキング登録期間:2015/06/26 07:00 〜 2015/07/24 15:00
イベント開催期間:2015/06/26 07:00 〜 2015/07/24 15:00

車種制限等:SRT:トマホーク X ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ソフト
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:ニュルブルクリンク北コース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド5'00.00055,000,000---
シルバー5'30.00033,000,000---
ブロンズ6'00.00022,000,000トマホーク X ビジョン グランツーリスモ
  • 使用するトマホークX ビジョン グランツーリスモはイベント専用車であるためセッティング不可。ブロンズを出すと同車が貰える。
  • これまでの配信TTの中で異次元の速さを誇るので、焦って走るとタイム無効ペナルティをあっさり食らう。
  • 難易度は前作のセバスチャン・ベッテル Xチャレンジよりは緩いがX2014よりも速いので注意しよう。
  • 使用車両のトマホークXは車高が低く、更にサスペンションセッティングが固めに設定されているので高めの縁石には乗らない方が無難。
    2500馬力超という強烈な出力を受け止めるためかブレーキ性能も強烈で思っている以上に止まってくれる。
  • コースは難易度の高いニュルブルクリンク北コース。Xシリーズとは違い4WDであるためアンダーが出やすく、少しのミスがスピン、更には大クラッシュを引き起こす事に繋がる。
    その為無理してアタックするより、ノロノロ運転でもいいので慎重に一周するのが最も安全。
    片輪がはみ出す程度ではタイム無効にはなりにくいが、挙動も乱れやすいので一長一短。
  • ただトップランカーは3分台に入っていることもあり、設定タイム自体は決して無理難題を押し付けているわけではない。
    多少ミスってもタイム無効にならない限り走り続ければゴールドに届く可能性もあるだろう。そこが終始限界ギリギリを強いられた前作のXチャレンジとの違いである。
  • クリアを狙うだけならアシスト全部ON+TCS10で走ってもブロンズにちゃんと届く。途轍もない速さに慣れていなくても諦めずにチャレンジしてみよう。
  • 時間は19:30よりスタート。視界が確保しにくいので注意。
     

ノーマルカー&チューニングカー スーパーラップ Edit

PP580以下のノーマルカー&チューニングカーで参加できるタイムトライアルです。
コースが長いストレートを持つスペシャルステージ・ルート5なので、パワーと最高速重視のチューニング&セッティングがおすすめ。
スポーツハードからスポーツソフトにタイヤを変更した場合は、グリップ増にあわせて足まわりもしっかりとチューニングを!

ランキング登録期間:2015/06/25 12:00 〜 2015/07/09 12:00
イベント開催期間:2015/06/25 12:00 〜 2015/07/23 12:00

車種制限:ノーマルカー・チューニングカー
タイヤ制限:スポーツ・ソフト以下
PP制限:PP580以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:スペシャルステージ・ルート5
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'27.00010,000,000GT POLARIZED 006-P
シルバー1'30.0006,000,000---
ブロンズ1'38.0003,000,000---
  • 推奨はwikiでもお勧めの高性能ノーマルカー。やや高額だが確実に楽出来る。特にNSXは上位多くランクインしているのでお勧め。
    安定性に不安を感じる人や安値で済ましたい人はZZII '00がいい。
  • 以前のシーズナルイベントで入手しているのならノーマルカー判定のVGTでも良いかと。
    PP調整の必要はあるがNISSAN VGTアルピーヌVGTなどもお勧め。
 

フォーミュラグランツーリスモ スーパーラップ Edit

PP880以下のフォーミュラグランツーリスモでのみ参加できるタイムトライアルです。
オーバーステアに悩まされたら、リアのダウンフォースを増やす、フロントの車高を下げる、リアのサスペンションを柔らかくする、などの対策が有効です。
より改善したいときは、PPは減少してしまうものの、フロントにバラストを搭載して前後重量バランスの変更がおすすめ。
中低速コーナーでオーバーステアが出てしまう場合は、早め早めのシフトアップでピーキーな高回転域を避けるように運転すると良いでしょう。

ランキング登録期間:2015/06/25 12:00 〜 2015/07/09 12:00
イベント開催期間:2015/06/25 12:00 〜2015/07/23 12:00

車種制限:フォーミュラグランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP880以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:シルバーストン グランプリサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'40.00025,000,000GT JAPANESE 008-W
シルバー1'44.00013,000,000---
ブロンズ1'52.0008,750,000---
  • FGTが再び出番の時が来た。次がイギリスGPなのか前回と同じくコースはF1世界選手権が初めて開催されたコースである。
  • まず購入費で2億取られる。ログイン200%かつその後売却しても赤字なので嫌なら今回のイベントは見送ろう。
  • スキリカ強制OFFと、ロータスF1とは対照的でオーバーステアが出やすく、油断するとタイム無効ペナルティを食らいかねない。
    このイベントは、TCSを入れた方が扱いやすく速い。推奨は5〜8程度。
  • とにかくゴールドを目指すならアンダーセッティングにしよう。
  • 開催当初は説明文に誤字があった。(「前後重量バランス」がなぜか「前後重要バランス」になっていた)
  • あえて、前回との違いを挙げるとすれば設定タイムがゴールドとシルバーはそれぞれ1秒、ブロンズにいたってはなんと3秒も緩くなっている、といったところか。
 

1979以前/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下かつ1979以前に製造されたノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
この年代のクルマは足まわりが柔らかいモデルが多いので強化は必須。
コーナーでロールしながらアウトにはらんでしまう場合は積極的にサスペンションをチューンしましょう。
加速性能の向上にはLSDの装着に加え、ギア比のクロス化が効果的ですが、マッスルカーなどのトルクがあるクルマはオーバーステアを誘発しやすくなるので要注意。
スロットルオンでリアが落ち着かない場合は、あえてギア比をワイドにしたほうが乗りやすくなることもあります。

ランキング登録期間:2015/06/11 12:00 〜 2015/06/25 12:00
イベント開催期間:2015/06/11 12:00 〜 2015/07/09 12:00

車種制限:ノーマルカー
年式::1979年以前
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マドリード市街地コース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'36.00011,000,000Pearl Orange
シルバー1'39.0006,600,000---
ブロンズ1'48.0003,300,000---
  • なんと言っても、購入費。安い512 BB '76で1000万。
    確実にゴールドを取りたいならミウラGT40などを使いたいが前者は15億で後者は2.8億。
    GT40ならアニバーサリーを使えるが、新車を残したい人は厳しい。
  • プレゼントで貰えるチャレンジャー R/T '70でもゴールドは狙えるが苦行の道。
    フル改造&適正なセッティングは必須だが新たに車を買うよりは安く済むので資金をケチりたい人は頑張って欲しい。
  • 余談だがRX500 '70で上位に食い込むものもいる。
 

1980年以降/2WDレーシングカー スーパーラップ Edit

PP700以下かつ1980年以降に製造された2WDレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
ゴールドをねらうなら初期PPが高いプロトタイプレーシングカーがおすすめ。
ただし、年式が古いほどエンジン特性がピーキーでスロットル操作がシビアになりがちなので、運転のしやすさを優先するならより新しいモデルが良いでしょう。
舞台は夕暮れ迫るアプリコットヒル・レースウェイ。
視界に不安を感じたらドライビングラインを表示させると攻略しやすくなります。

ランキング登録期間:2015/06/11 12:00 〜 2015/06/25 12:00
イベント開催期間:2015/06/11 12:00 〜 2015/07/09 12:00

車種制限:レーシングカー
駆動形式:FR、FF、MR、RR
年式;1980年以降
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP700以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アプリコットヒル・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'11.00018,000,000GT MILITARY 006-W
シルバー1'14.0009,900,000---
ブロンズ1'20.0006,300,000---
 

プジョー ビジョン グランツーリスモ スーパーラップ Edit

世界中の自動車メーカーが「グランツーリスモ」のために夢のクルマをデザインするプロジェクト、ビジョン グランツーリスモ。
その第17弾、プジョー ビジョン グランツーリスモで東京・ルート246のタイムトライアルに挑戦!
純粋に「走る」ことにフォーカスし開発された究極のプロトタイプカーをドライブしよう!
本イベントに参加するだけで、このプジョー ビジョン グランツーリスモを獲得できます(※)。

(※タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2015/06/01 13:00 〜 2015/06/29 15:00
イベント開催期間:2015/06/01 13:00 〜 2015/06/29 15:00

車種制限等:プジョー ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:東京・ルート246
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'30.00025,000,000---
シルバー1'32.00015,000,000---
ブロンズ1'40.00010,000,000---
参加賞:プジョー ビジョン グランツーリスモ
  • アンダーステアが出やすいので注意。他に接触判定が厳しい。恐らく、強いに設定されている。リアが流れやすくアシストを入れる方がタイムが伸びる時がある。
  • 使用するプジョー ビジョン グランツーリスモはイベント専用車であるためセッティング不可。
    タイムの有効・無効に関係なく、最低1周完走すれば同車両が入手できる。
 

シェルビー コブラ デイトナクーペ スーパーラップ Edit

PP550以下のシェルビー コブラ デイトナクーペでのみ参加できるタイムトライアルです。
高回転エンジンゆえに低回転域のトルクが小さく、速く走るためには回転数を落としすぎないように注意する必要があります。
ドライビング次第ではノーマルでも問題ありませんが、トランスミッション フルカスタマイズでギア比のショート化が効果的です。
タイム向上のために中高速コーナーに備えてダウンフォースを大きくするのも手ですが、全開区間での速度が落ちるため逆効果になりがちです。
バランスを考えて調整しましょう。

ランキング登録期間:2015/05/28 12:00 〜 2015/06/11 12:00
イベント開催期間:2015/05/28 12:00 〜 2015/06/25 12:00

車種制限:コブラ デイトナクーペ '64(15th Anniv含む)
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ビッグウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'16.00019,800,000GT OLD GENERATION 005-W
シルバー1'18.00011,900,000---
ブロンズ1'26.0005,940,000---
  • そもそも購入費が4.5億(2Jと同じ)と馬鹿にならない為、参加しようとするだけでも頭が痛くなる。
    Annivモデルがあるならそれを使えばいいが、1台限りなのでやはり新車で残しておきたい方にはかなり厳しい。
  • 幸いゴールドのタイムはやや緩めだが、環境や場合によっては見送るのも一考。
 

FWD/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP450以下のFF車のみ参加できるタイムトライアルです。
テクニカルなアスカリ フルトラックが舞台なので、トータルバランスが問われます。
なかでもスポーツタイヤを装着した場合は、サスペンションのチューニング&セッティングが不可欠。
スポーツタイヤを装着した場合は、グリップの増加に合わせて足まわりをハード寄りにセッティングしましょう。
闇雲に硬くするのではなく、そこはバランスが肝になります。
スロットルオンでアンダーステアが強く出ない程度の硬さが理想的です。

ランキング登録期間:2015/05/28 12:00 〜 2015/06/11 12:00
イベント開催期間:2015/05/28 12:00 〜2015/06/25 12:00

車種制限:ノーマルカー
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP450以下
駆動形式:FF
ナイトロ:装着不可
使用コース:アスカリ フルトラック
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'25.0008,800,000GT METALLIC 006-W
シルバー2'28.0004,800,000---
ブロンズ2'38.0003,080,000---
  • 推奨車両はシロッコ。高性能且つプレゼントカー入手の機会が2度もある。
    ワンメイク用に買ってあるなら8代目シビック TYPE Rでも可。こちらも十分に攻略可能。
    ただしコースが高難度である上、車種制限がアンダーステアの出やすいFF車なので、ゴールド達成に一苦労する。
    車重・重量配分・足回り・ブレーキ等、チューンやセッティングは念入りに。PPも上限一杯まで上げよう。
 

2WD/レーシングカー スーパーラップ Edit

PP630以下の2WDレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
舞台がニュルブルクリンク24hだけに、ミスが最大の敵になります。
ゆえにクルマのセットアップは乗りやすさと安定性重視がおすすめ。
制限PPいっぱいまでパワーアップせず、あえて控えめのパワーで調整するのも方法のひとつです。
ダウンフォースは強く効かせると安心ですが、前後のバランスは要チェック。
中高速時のステア特性に大きく影響するので、フィーリングを見ながらセットアップしましょう。

ランキング登録期間:2014/05/14 12:00 〜 2015/05/28 12:00
イベント開催期間:2015/05/14 12:00 〜 2015/06/11 12:00

車種制限:レーシングカー(FR・FF・MR・RR)
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP630以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ニュルブルクリンク24h
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド8'40.00025,000,000GT MILITARY 005-W
シルバー8'50.00015,000,000---
ブロンズ10'00.0007,500,000---
  • 今回のタイムトライアルはニュルブルクリンク24時間耐久レースの舞台で開催される。
  • コース全長が25Km超の長さ、道幅が狭い、コーナーが多くコースの難しさは超絶。
    コースに慣れていないと、コースアウト・壁ヒットしてタイム無効ペナルティを貰ってしまう。
    いきなり参加はせず、アーケードモード・フリーランで予行練習してから参加しよう。
  • 推奨車両は非ノーマルカー・PP600クラスの、Z06 (C6) LMF1 SMを使えばいい。
    コースが難しいだけでタイム自体は緩いので、ミスさえなければそれだけで目標タイムを25秒以上上回る事も可能。
    てっとり早く良いタイムを出したい人は、2JTS030を使うと良い。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP550以下のノーマルカー限定のタイムトライアルです。
ミッドフィールド・レースウェイは全開区間が長いトラックなので、パワー重視のチューニングがおすすめ。
また、中高速コーナーでのスタビリティがタイムに影響しやすいので、サスペンションチューンは必須です。
ドライビングで重要なのはターン1とターン5の進入で突っ込みすぎないこと。
早めにブレーキングを完了させて、立ち上がりでタイムを稼ぐ走り方を意識しましょう。

ランキング登録期間:2015/05/14 12:00 〜 2015/05/28 12:00
イベント開催期間:2015/05/14 12:00 〜 2015/06/11 12:00

車種制限:ノーマルカー
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ミッドフィールド・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'17.0009,000,000Matte Silver
シルバー1'20.0005,000,000---
ブロンズ1'28.0003,150,000---
 

RWD/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下の後輪駆動ノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
コースが小さくテクニカルなので、パワーよりも軽さ、ステアリングの応答性、さらにはトラクションがタイムに影響してきます。
PPにこだわらず、バランスを考えながらセッティングしていきましょう。
コース上では突っ込みすぎに要注意。
進入で膨らまないように走ることが大切です。
あとはスロットルコントロールを繊細に行い、リアが限界を超えないよう意識して走行しましょう。

ランキング登録期間:2015/04/30 12:00 〜 2015/05/14 12:00
イベント開催期間:2015/04/30 12:00 〜 2015/05/28 12:00

車種制限:ノーマルカー(RWD)
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP500以下
駆動形式:FR、MR、RR
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ストリートオブウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'24.00012,000,000GT GREY 002-N
シルバー1'27.0007,200,000---
ブロンズ1'35.0003,600,000---
  • 使用コースは高難度のテクニカルコース、ウィロースプリングス ストリートオブウィロー。
    それでいて後輪駆動車限定、更にタイヤ制限がCSまでとなっているため、挙動が不安定でタイム無効になりがち。
    重量配分を中心に、足回りを入念にチューンしておこう。エアロパーツでダウンフォースを得るのも有効な手段。
    それでも難しいなら、素直にトラクションコントロール等のアシストシステムを用いよう。
  • どうしてもゴールドタイムにしたいなら、素直にGSX-R/4を使おう。
 

GT500 スーパーラップ Edit

スーパーGT/JGTCに参戦する、GT500クラス車両でのみ参加できるタイムトライアルです。
ゴールドをねらうなら年式がより新しい車両がおすすめです。
コースの特性的にレスダウンフォースのセッティングほど一発のタイムは出しやすいものの、どうしても運転がシビアになります。
コーナーでの安定性を犠牲にしたくない場合はダウンフォースの下げすぎに注意しましょう。
ダウンフォースを減らすと、ダンロップコーナーから先の終盤セクションがとくに難しくなります。

ランキング登録期間:2015/04/30 12:00 〜 2015/05/14 12:00
イベント開催期間:2015/04/30 12:00 〜 2015/05/28 12:00

車種制限:SUPER GT / JGTC-GT500車両各種(ベースモデルステルスモデル15th Anniv含む)
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:富士スピードウェイ F
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1’38.00026,000,000GT JAPANESE 007-W
シルバー1'41.00014,300,000---
ブロンズ1'50.0009,100,000---
  • ゴールドタイムが結構厳しいので、腕に自信のないプレイヤーはエンジンチューンかターボ搭載を施そう。
    推奨車両は、乗換回数と走行距離の増加に抵抗が無ければHSV 15th Anniv。PP・PS共に丁度600でお金が掛からない。
    ただし再購入ができない1台限りの車両なので、新車として残したい人は素直にSUPER GT/JGTCを買おう。
 

4WD/ノーマルカー&チューニングカー スーパーラップ Edit

PP600以下の4WDノーマルカー及びチューニングカーで参加できるタイムトライアルです。
車種によって難易度が変わりやすいので、ゴールドをねらうなら年式がより新しいモデルがおすすめです。
4WD特有のアンダーステアに悩まされたら、センターデフで駆動配分をリア寄りにすると効果的。
ドライビング面では、平均速度の上昇に伴いターン1の手前など何気ない場所でクルマが跳ねてしまうので注意が必要です。
クイックにクルマの向きを変えて素早く立ち上がる、といった4WDのトラクションを活かした走りを意識しましょう。

ランキング登録期間:2015/04/16 12:00 〜 2015/04/30 12:00
イベント開催期間:2015/04/16 12:00 〜 2015/05/14 12:00

車種制限:ノーマルカー・チューニングカー
駆動形式:4WD
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ディープフォレスト・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'22.0009,200,000GT MILITARY 004-W
シルバー1'25.0005,500,000---
ブロンズ1'33.0002,760,000---
  • ランキング上位にはZZII '00が独占状態となっている。
 

デルタウィング スーパーラップ Edit

PP690以下のデルタウィングでのみ参加できるタイムトライアルです。
このクルマはタイヤのジオメトリーが特殊。
かつリア荷重なので、オーバーステアをいかに出さないようにドライビング&セットアップできるかがカギ。
フロントにバラストを搭載して前後バランスを変えたり、リアのサスペンションを柔らかくして相対的にアンダーステア傾向にするなど手段は多様です。
ドライビング面では、減速は直線で終わらせておき、コーナーはスロットルを開けてリアに荷重を移しながらターンインするとスピンしにくくなります。

ランキング登録期間:2015/04/16 12:00 〜 2015/04/30 12:00
イベント開催期間:2015/04/16 12:00 〜 2015/05/14 12:00

車種制限:デルタウィング 2012 Le Mans2013 デルタウィング
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP690以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:レッドブル・リンク
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'26.00023,500,000GT MILITARY 003-W
シルバー1'29.00014,100,000---
ブロンズ1'37.0007,050,000---
  • 前回のフェラーリF40同様、今回はデルタウィングでのみ参加可能となっている。
    スーパークラスで猛威を振るう車両なので購入しておいた方がいいだろう。
  • 癖のある挙動とスキリカ強制OFFなのでより扱いにくく、慣れていないとコースアウトもしくはスピンをして、タイム無効ペナルティを食らいかねない。
    いきなり参加はせず、練習してから参加しよう。
  • コースは、時間変化が実装されてない午前9時のレッドブル・リンク。今の所ここでしか体験できないので、リプレイなどを保存をお勧めする。今後のアップデートで時間変化実装に期待するしかない。
  • ゴールドを獲れば最大でCr.8900万もらえる。(ログインボーナス200%の時)
 

フォルクスワーゲン GTI スーパースポーツ VGT スーパーラップ Edit

世界中の自動車メーカーが「グランツーリスモ」のために夢のクルマをデザインするプロジェクト、ビジョングランツーリスモ。
その第16弾、フォルクスワーゲン GTI スーパースポーツ ビジョン グランツーリスモでニュルブルクリンクGP/Dのタイムトライアルに挑戦!
2014年発表のGTI ロードスター VGTとは対照的なハッチバックスタイルの新しいフォルクスワーゲン VGTをドライブしよう!

本イベントに参加するだけで、このフォルクスワーゲン GTI スーパースポーツ VGTを獲得できます(※)。

(※タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2015/04/14 13:00 〜 2015/05/12 15:00
イベント開催期間:2015/04/14 13:00 〜 2015/05/12 15:00

車種制限等:フォルクスワーゲン:GTI スーパースポーツ ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:ニュルブルクリンクGP/D
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'28.00025,000,000---
シルバー1'31.00015,000,000---
ブロンズ1'38.00010,000,000---
参加賞:GTI スーパースポーツ ビジョン グランツーリスモ
  • Veedolシケインのショートカット判定が厳しいので慎重に。
  • 使用するGTI スーパースポーツ ビジョン グランツーリスモはイベント専用車であるためセッティング不可。
    タイムの有効・無効に関係なく、最低1周完走すれば同車両が入手できる。
  • 当初は5月5日までの予定だったが1週間延期された。
 

アメリカ/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下のアメリカ車(ノーマルカー)でのみ参加できるタイムトライアルです。
チューニングがパワー重視か軽量化重視かは車種次第ながら、必ずやっておきたいのが足まわりと駆動系の強化。
サスペンションは硬くするというよりもローダウン化によって重心を下げることが重要で、コーナーでの安定性に大きく貢献します。
ドライビングの面ではコーナーへの突っ込みすぎに注意し、インカットできるコーナーは大胆にインまで攻め込むことが好タイムを出す秘訣です。

ランキング登録期間:2015/04/02 12:00 〜 2015/04/16 12:00
イベント開催期間:2015/04/02 12:00 〜 2015/04/30 12:00

車種制限:アメリカ車(ノーマルカー)
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ロンドン市街地コース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'00.0008,500,000GT CHROME 007-W
シルバー1'02.0005,100,000---
ブロンズ1'10.0002,550,000---
  • 推奨車両はPP的にカマロSS。今まで散々推奨した車両なので、チューン済みの個体を持っているプレイヤーも多いはず。
    持っていないならコルベット C7を買おう。ちょっとデチューンすれば参戦可能で、難しいなら足回りを弄ればよい。
 

フェラーリ F40 スーパーラップ Edit

PP550以下のフェラーリF40限定のタイムトライアルです。
ここでのポイントは、暴れ馬であるF40をいかに乗りやすくセットアップできるかにあります。
強いオーバーステアへの対策法は複数ありますが、なかでも効果的なのがフロントをコンフォートタイヤにする、またはフロントにバラストを搭載し前後重量バランスを変えること。
試行錯誤して自分好みのハンドリングを探ってみましょう。
なかでもスロットルはパーシャル領域を使いこなすつもりで繊細にコントロールしましょう。

ランキング登録期間:2015/04/02 12:00 〜 2015/04/16 12:00
イベント開催期間:2015/04/02 12:00 〜 2015/04/30 12:00

車種制限:F40 '92
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アプリコットヒル・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'31.00021,000,000GT POLARIZED 002-P
シルバー1'34.00012,600,000---
ブロンズ1'42.0006,300,000---
  • 久々の1車種限定イベント。F40は非常に乗りにくい車両であり、ある程度のチューンをしないとゴールドタイムを出しにくい。
    幸いにも「購入費+改造費<獲得賞金」なので、気が済むまでチューンするといい。とりあえずは車重と重量配分だろうか。

SRT/バイパー スーパーラップ Edit

PP600以下のSRT バイパー(ノーマルカー)でのみ参加できるタイムトライアルです。
パワーは十分なので、軽量化中心のチューニングがおすすめ。
勾配変化が激しい高速トラックゆえに姿勢が不安定になりやすいので、ウィングの装着も効果的。
ただし、リアのダウンフォースを強くするとアンダーステアを助長してしまうのでバランスが重要です。
タイム向上の秘訣はスロットルコントロール。
極力オーバーステアを出さないようにトラクションをかけていきましょう。

ランキング登録期間:2015/03/19 12:00 〜 2015/04/02 12:00
イベント開催期間:2015/03/19 12:00 〜 2015/04/16 12:00

車種制限:SRTバイパー(ノーマルカー)各種 タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マッターホルン ドリスタレン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'10.00011,000,000GT JAPANESE 005-W
シルバー1'12.0006,600,000---
ブロンズ1'18.0003,300,000---
  • 今回はSRTバイパーのノーマルカー限定のタイムアタックとなる。
    アップダウンが激しいコースである上、車両制限にタイヤ制限が釣り合ってないので姿勢を崩しやすい。
    道幅も狭いので、挙動を乱してタイム失効ペナルティにならないよう、事前にカスタマイズパーツでダウンフォースを得ておくといい。
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP500以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
トラックのアップダウンが激しく、好タイムを出すにはクルマに回頭性が求められるので、RWD車での参加がおすすめ。
FF車はトラクションが抜けやすいので若干不利ですが、セッティングとドライビング次第では好タイムも期待できます。
駆動形式を問わず走り方で重要なのは、コース幅を有効に使って車速を維持すること。
必要最小限のブレーキングでクリアできる走行ラインを見つけることが大切です。

ランキング登録期間:2015/03/19 12:00 〜 2015/04/02 12:00
イベント開催期間:2015/03/19 12:00 〜 2015/04/16 12:00

車種制限:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ラグナセカ・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'30.00020,000,000GT MILITARY 003-W
シルバー1'32.00013,000,000---
ブロンズ1'40.0006,000,000---
  • ランキング上位を狙わないのなら、使用車両はアルテッツァ ツーリングカーを推奨する。
    初期PPがPP制限に近く、ダウンフォースを含む全項目がデフォルトでセッティング可能で、価格も非常に安い。
  • 1位にはS2000 '04のみランキング入りしている。他にも38位とかに食い込む強者もいる。
    他はトヨタTS030で独占状態となっている。
 

アルピーヌ ビジョン グランツーリスモ スーパーラップ Edit

世界中の自動車メーカーが「グランツーリスモ」のために夢のクルマをデザインするプロジェクト、ビジョングランツーリスモ。
その第13弾、アルピーヌ ビジョン グランツーリスモでローマ市街地コースのタイムトライアルに挑戦!
本イベントに参加するだけで、このアルピーヌ VGTを獲得できるほか(※)、シルバー及びブロンズ達成でスペシャルウェアをプレゼント。
歴史あるアルピーヌのフィロソフィーが刻まれた珠玉の1台を手に入れよう!

(※タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2015/03/18 13:00 〜 2015/04/15 13:00
イベント開催期間:2015/03/18 13:00 〜 2015/04/15 13:00

車種制限等:アルピーヌ ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:スポーツ・ソフト
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:ローマ市街地コース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'08.00020,000,000---
シルバー1'10.00012,000,000スペシャルウェアセット アルピーヌ ビジョンGT No.3
ブロンズ1'17.0008,000,000スペシャルウェアセット アルピーヌ ビジョンGT No.2
参加賞:アルピーヌ ビジョン グランツーリスモ
  • 緑石に少しでも乗せると、アンダーステアになる。ゴールドタイムも、かなり厳しく、接触判定もやや厳しめ。
  • 使用するアルピーヌ ビジョン グランツーリスモはイベント専用車であるためセッティング不可。
    タイムの有効・無効に関係なく、最低1周完走すれば同車両が入手できる。
 

アルピーヌ ビジョン グランツーリスモ レースモード スーパーラップ Edit

世界中の自動車メーカーが「グランツーリスモ」のために夢のクルマをデザインするプロジェクト、ビジョングランツーリスモ。
その第14弾、アルピーヌ ビジョン グランツーリスモ レースモードでミッドフィールド・レースウェイのタイムトライアルに挑戦!
本イベントに参加するだけで、このアルピーヌ VGT レースモードを獲得できるほか(※)、ブロンズ達成でスペシャルウェアをプレゼント。
レース用にチューニングされた、エキサイティングなアルピーヌ VGTを体験しよう!

(※タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2015/03/18 13:00 〜 2015/04/15 13:00
イベント開催期間:2015/03/18 13:00 〜 2015/04/15 13:00

車種制限等:アルピーヌ ビジョン グランツーリスモ レースモード
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:ミッドフィールド・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'07.00025,000,000---
シルバー1'09.00015,000,000---
ブロンズ1'15.00010,000,000スペシャルウェアセット アルピーヌ ビジョンGT No.1
参加賞:アルピーヌ ビジョン グランツーリスモ レースモード
  • 上記と同じく緑石に少しでも乗せると、アンダーステアになり、コースアウトする。ゴールドタイムも厳しい。
  • 使用するアルピーヌ ビジョン グランツーリスモ レースモードはイベント専用車であるためセッティング不可。
    タイムの有効・無効に関係なく、最低1周完走すれば同車両が入手できる。
 

レクサス LF-LC GT ”Vision Gran Turismo” スーパーラップ Edit

世界中の自動車メーカーが「グランツーリスモ」のために夢のクルマをデザインするプロジェクト、ビジョングランツーリスモ。
その第15弾、レクサス LF-LC GT ”Vision Gran Turismo”で富士スピードウェイFのタイムトライアルに挑戦!
本イベントに参加するだけで、このレクサス LF-LC GT VGTを獲得できます(※)。
楽しさとパフォーマンスを兼ね備えた、夢のGTカーをドライブしよう!

(※タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2015/03/18 13:00 〜 2015/04/15 13:00
イベント開催期間:2015/03/18 13:00 〜 2015/04/15 13:00

車種制限等:レクサス LF-LC GT ”Vision Gran Turismo”
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:富士スピードウェイ F
プライズ目標タイム賞金 Cr.参加賞
ゴールド1'35.00025,000,000レクサス LF-LC GT ”Vision Gran Turismo”
シルバー1'38.00015,000,000
ブロンズ1'44.00010,000,000
  • 低速時のアクセルオフの際、リアが流れやすいため要注意。
  • 使用するレクサス LF-LC GT ”Vision Gran Turismo”はイベント専用車であるためセッティング不可。
    タイムの有効・無効に関係なく、最低1周完走すれば同車両が入手できる。
 

アジア/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下のアジアンノーマルカー(日本/韓国)でのみ参加できるタイムトライアルです。
ミッドフィールド・レースウェイで好タイムを出すためには、何よりパワーが要。
極端に重いクルマでない限り、パワーアップ中心のチューニングがおすすめです。
走り方で注意したいのが突っ込みすぎによるタイムロス。
とくにターン1はブレーキを早めに完了させて脱出速度を意識したほうがタイム向上につながります。
微妙な速度コントロールが必要なコーナーは走行ラインが膨らまないように注意しましょう。

ランキング登録期間:2015/03/05 12:00 〜 2015/03/19 12:00
イベント開催期間:2015/03/05 12:00 〜 2015/04/02 12:00

車種制限:アジア車(ノーマルカー)
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ミッドフィールド・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'22.0009,500,000GT GREY 001-N
シルバー1'24.0005,700,000---
ブロンズ1'30.0002,850,000---
  • ランキング上位はGSX-R/4が独占状態。
  • 今作で復活を果たしたミッドフィールド・レースウェイを使用するイベント。
    タイヤ制限が厳しい上、慣れないコースという事もあって難易度が厳しいので、入念なセッティングと車両選びを。
    「過去作品で走ってたから大丈夫」と思っても、コーナー形状がやや変化している場所もあるため油断禁物。
    よって過去作品と同じ感覚で走ると痛い目を食らいかねないので予行練習をしてから参加しよう。
 

NASCAR/ストックカー スーパーラップ Edit

PP627以下のストックカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
事実上チューニングができないため、タイム向上のためにはオイル交換に加え、セッティングとドライビングを工夫する必要があります。
コーナリング中に姿勢が不安定になりやすい場合は、ダウンフォースを大きくするかサスペンションをソフト傾向にすると効果的です。
走り方の面ではスロットルコントロールが重要。
全開でも全閉でもないパーシャル領域を積極的に使い、タイヤの性能を引き出す走りを心がけましょう。

ランキング登録期間:2015/03/05 12:00 〜 2015/03/19 12:00
イベント開催期間:2015/03/05 12:00 〜 2015/04/02 12:00

車種制限:NASCAR
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP627以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ロードコース・インディ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'34.00022,000,000Arancia Metallic Orange
シルバー1'37.00014,300,000---
ブロンズ1'45.0006,600,000---
  • NASCARは大馬力と重い車重、更にスキリカ強制OFFにより扱いにくく、スピンやコースアウト等でタイム無効ペナルティを受けやすい。
    抵抗が無ければ、このタイムトライアルではTCSを入れた方がよい。
 

ミニ クラブマン ビジョン グランツーリスモ スーパーラップ Edit

ビジョン グランツーリスモ第12弾、ミニ クラブマン ビジョン グランツーリスモで挑戦する、ブランズハッチ インディサーキットのタイムトライアルです。
本イベントに参加するだけで、このミニ クラブマン VGTを獲得できます(※)。
モーターレーシングの世界で多くの栄光を手にしてきたミニが放つ、レース仕様クラブマンを手に入れよう!

(※タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2015/02/26 17:00 〜 2015/03/19 19:00
イベント開催期間:2015/02/26 17:00 〜 2015/03/19 19:00

車種制限等:ミニ クラブマン ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:ブランズハッチ インディサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.参加賞
ゴールド0'47.00020,000,000ミニ クラブマン ビジョン グランツーリスモ
シルバー0'49.00012,000,000
ブロンズ0'53.0008,000,000
  • 4WDなため、かなりアンダーステアが強い。ゴールドのタイムも厳しめだが、ゴールドの賞金は高めに設定されている。
  • 使用するミニ クラブマン ビジョン グランツーリスモはイベント専用車であるためセッティング不可。
    タイムの有効・無効に関係なく、最低1周完走すれば同車両が入手できる。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
ダートなので4WD車が有利。
足まわりもラリー・サスペンションの装着がおすすめです。
好タイムを出す秘訣は派手で無駄な横滑りを最小限にし、できるだけトラクションをかけてクルマを前に進めること。
ドリフトをする際はドリフトアングルを極力小さくすることがポイントです。
終盤のジャンピングスポットは姿勢を乱しやすいので要注意!

ランキング登録期間:2015/02/19 12:00 〜 2015/03/05 12:00
イベント開催期間:2015/02/19 12:00 〜 2015/03/19 12:00

車種制限:ノーマルカー
タイヤ制限:ダートタイヤ
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:トスカーナ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'54.0009,000,000Matte Dark Red
シルバー1'57.0005,400,000---
ブロンズ2'10.0002,700,000---
 

2WD/レーシングカー スーパーラップ Edit

PP600以下の2WDレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
テクニカルな鈴鹿サーキットが舞台なので、パワーと車重はどちらかを重視するのではなく、バランス良く、が基本。
ゴールドをねらうにはセッティングよりもドライビングが要になりますが、ダウンフォースを強めに固定し、コーナリングスピードを稼ぐセッティングが効果的です。

ランキング登録期間:2015/02/19 12:00 〜 2015/03/05 12:00
イベント開催期間:2015/02/19 12:00 〜 2015/03/19 12:00

車種制限:レーシングカー(FR・FF・MR・RR)
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:鈴鹿サーキット 2014
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'00.00019,000,000GT OLD GENERATION 004-W
シルバー2'03.00011,400,000---
ブロンズ2'12.0005,700,000---
  • 上位は、2JTS030の独占状態。これらの車を使うと余裕でゴールドが取れるのでお勧め。
 

欧州/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下の欧州ノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
アイガー北壁は小さなターンが多いテクニカルコースなので、トラクションと回頭性を意識したクルマ選びが重要です。
ビギナーにはスタビリティが高くトラクションに優れる4WD車がおすすめですが、運転次第ではMR車のほうが好タイムをねらえます。
いずれにしてもギア比をショートにし、エンジンパワーを有効に使えるセッティングに挑みましょう!

ランキング登録期間:2015/02/05 12:00 〜 2015/02/19 12:00
イベント開催期間:2015/02/05 12:00 〜 2015/03/05 12:00

車種制限:欧州ノーマルカー
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アイガー北壁 ショートコース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'13.0009,500,000GT CHROME 001-W
シルバー1'15.0005,700,000---
ブロンズ1'20.0002,850,000---
 

GT3レーシングカー スーパーラップ Edit

PP630以下のGT3レーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
ノーマルカーの状態でもエントリーはできますが、ゴールドをねらうならPP630までチューンを。
マウントパノラマは長い全開区間があるのでレスダウンフォース寄りのセッティングが好タイムを記録しやすい一方、中盤のテクニカルセクションが難しくなるのでバランスを見ながら調整しましょう。
難所である中盤のテクニカルセクションは、ウォールぎりぎりまで使った大胆なライン取りが好タイムの秘訣です。

ランキング登録期間:2015/02/05 12:00 〜 2015/02/19 12:00
イベント開催期間:2015/02/05 12:00 〜 2015/03/05 12:00

車種制限:GT3レーシングカー各種 タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP630以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マウントパノラマ モーターレーシング サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'08.00020,000,000GT OLD GENERATION 002-W
シルバー2'11.00012,000,000---
ブロンズ2'20.0006,000,000---
 

ノーマルカー&チューニングカー スーパーラップ Edit

PP400以下のノーマルカー及びチューニングカーで参加できるタイムトライアルです。
参加可能車種が低出力車中心になるので、チューニングは軽量化よりもパワーアップがおすすめ。
加えて、タイヤがコンフォート・ハード限定なのでサスペンションはあまり硬くせず、しなやかなセッティングにしてグリップを稼ぎましょう。
乗り方は、とにかくていねいに、が基本。
限られたタイヤのグリップを最大限に引き出す走り方が求められます。

ランキング登録期間:2015/01/22 12:00 〜 2015/02/05 12:00
イベント開催期間:2015/01/22 12:00 〜 2015/02/19 12:00

車種制限:ノーマルカー・チューニングカー
タイヤ制限:コンフォート・ハード
PP制限:PP400以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:筑波サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'15.0006,800,000GT POLARIZED 001-P
シルバー1'17.0005,300,000---
ブロンズ1'23.0002,640,000---
  • サムネイルのクルマはCR-Z
  • 上位陣はスズキGSX-R/4 '01がほぼ独占。
    他にはロータスエリーゼ '11などもトップ100にランクインしている。
  • コースは前回同様筑波サーキットだが、タイヤは「コンフォート・ハード」に固定されており、PPも200厳しくなっている。
 

スーパーGT/GT300 スーパーラップ Edit

PP520以下のスーパーGT GT300車両クラス車両限定のタイムトライアルです。
トラックがハーフウェットなので、タイヤはインターミディエイトかヘビーウェットで走行する必要があります。
クルマの特性やドライバーの好みで選択しましょう。
安全策をとるなら、多少スピードは落ちるものの安定傾向のヘビーウェットがおすすめです。
完全にウェットではないものの、路面は滑りやすくなっています。
ドライ時よりも足まわりはソフトに、ダウンフォースも多めにつけておくと良いでしょう。

ランキング登録期間:2015/01/22 12:00 〜 2015/02/05 12:00
イベント開催期間:2015/01/22 12:00 〜 2015/02/19 12:00

車種制限等:スーパーGT・JGTC/GT300クラス参戦車両各種 タイヤ制限:レーシング・ハード以上レーシング・ソフト以下
PP制限:PP520以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ブランズハッチ GPサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'43.00017,500,000GT GUNMETAL 003-W
シルバー1'46.00010,500,000---
ブロンズ1'52.0005,250,000---
  • サムネイルのクルマはSUBARU BRZ R&D SPORT '12
    ランキング上位は開催当初はAWDのインプレッサが多数派だったが、現在はRWDのRX-7がほぼ独占している。
  • 路面水量は70%固定。降雨は無いので視界の邪魔にはならない。しかし、コース外グリップ低下設定が「リアル」に設定されているのでドライタイヤで挑むとブロンズですら取るのが難しくなってしまう。なのでこの配信TTはレーシング・ヘビーウェットタイヤがおすすめ。
  • 「ベースモデル」やJGTC車両での参戦も可能。
 

ノーマルカー&チューニングカー スーパーラップ Edit

PP600以下のノーマルカー及びチューニングカーで参加できるタイムトライアルです。
幅広い車種で参加できますが、スタビリティが高く強烈なトラクションが持ち味の4WD車、軽い車体で鋭いコーナリングを武器とする2WD車、いずれも長所を引き出すことができれば十分にゴールドをねらえます。
セッティングのポイントは、ギア比をクロス寄りにすること、ダウンフォースを調整できる場合は前後バランスを考慮すること、そして4WD車の場合は前後の駆動力配分の調整です。
ダンロップコーナー先の80Rと最終コーナーで強くアンダーステアが出ないようなセットを目指しましょう。

ランキング登録期間:2015/01/08 12:00 〜 2015/01/22 12:00
イベント開催期間:2015/01/08 12:00 〜 2015/02/05 12:00

車種制限:ノーマルカー・チューニングカー
タイヤ制限:スポーツ・ソフト以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:筑波サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド0'56.00010,500,000GT JAPANESE 010-W
シルバー0'58.0006,300,000---
ブロンズ1'05.0003,150,000---
  • ランキング上位はZZIIが独占している。
 

ラリーカー スーパーラップ Edit

PP550以下のラリーカーで参加できるタイムトライアルです。
雪上コースなので、おすすめはトラクションに優れる4WD車。
好タイムを出すためにはセッティングよりも走り方が重要ですが、ダウンフォースを強めにしておくと無駄な横滑りを軽減することができます。
走り方で大切なのはスロットルコントロール。
全開と全閉を繰り返すと姿勢変化を大きくしてしまうので、中間速度、パーシャルスロットルをうまく使いつつ、横滑りをできるだけ減らすことを心がけましょう。

ランキング登録期間:2015/01/08 12:00 〜 2015/01/22 12:00
イベント開催期間:2015/01/08 12:00 〜 2015/02/05 12:00

車種制限:各ラリーカー・ラリーレイドカー(PPIHC参戦車両は不可)
タイヤ制限:雪用スパイクタイヤ以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:シャモニー・ウェスト
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'20.00017,000,000GT POLARIZED 008-P
シルバー2'24.00010,200,000---
ブロンズ2'33.0005,100,000---
 

マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ スーパーラップ Edit

ビジョン グランツーリスモ第11弾、マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモで挑戦する、ラグナセカ・レースウェイのタイムトライアルです。
本イベントに参加するだけで、このマツダ LM55 VGTを獲得できます(※)。
マツダが長年のレース経験を踏まえ、ル・マン24時間レースでの総合優勝を見据えてデザイン、開発した夢のレーシングカーを手に入れよう!

(※:タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2014/12/25 11:30 〜 2015/01/15 12:00
イベント開催期間:2014/12/25 11:30 〜 2015/01/15 12:00

車種制限等:マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:ラグナセカ・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.参加賞
ゴールド1'16.00020,000,000マツダ LM55 ビジョン グランツーリスモ
シルバー1'18.00012,000,000
ブロンズ1'26.0008,000,000
  • 使用するマツダ LM55 ビジョン グランツーリスモはイベント専用車であるためセッティング不可。
    タイムの有効・無効に関係なく、最低1周完走すれば同車両が入手できる。
 

インフィニティ コンセプト VGT スーパーラップ Edit

ビジョン グランツーリスモ第10弾、インフィニティ コンセプト ビジョン グランツーリスモで挑戦する、ウィロースプリングス・レースウェイ ビッグ・ウィローのタイムトライアルです。
本イベントに参加するだけで、このインフィニティ コンセプト VGTを獲得できます(※)。
官能的なスタイリングとV8エンジン&モーターによる刺激的な走りを楽しもう!

(※:タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2014/12/17 13:00 〜 2015/01/15 12:00
イベント開催期間:2014/12/17 13:00 〜 2015/01/15 12:00

車種制限等:インフィニティ インフィニティ コンセプト ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:スポーツ・ソフト
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:ウィロースプリングス ビッグウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.参加賞
ゴールド1'19.00020,500,000インフィニティ コンセプト ビジョン グランツーリスモ
シルバー1'21.00012,000,000
ブロンズ1'27.0008,000,000
  • 使用するインフィニティ コンセプト ビジョン グランツーリスモはイベント専用車であるためセッティング不可。
    タイムの有効・無効に関係なく、最低1周完走すれば同車両が入手できる。
 

シボレー シャパラル 2X VGT スーパーラップ Edit

ビジョン グランツーリスモ第9弾、シボレー シャパラル 2X ビジョン グランツーリスモで挑戦する、ハイスピードリンクのタイムトライアルです。
本イベントに参加するだけで、このシボレー シャパラル 2X VGTを獲得できます(※)。
レーザーバルスによって推進力を得る未来のレーシングカーを体験しよう!

(※:タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2014/12/17 13:00 〜 2015/01/15 12:00
イベント開催期間:2014/12/17 13:00 〜 2015/01/15 12:00

車種制限等:シャパラル 2X ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:ハイスピードリンク
プライズ目標タイム賞金 Cr.参加賞
ゴールド0'46.00020,500,000シボレー シャパラル 2X ビジョン グランツーリスモ
シルバー0'49.00012,000,000
ブロンズ0'56.0008,000,000
  • 使用するシャパラル 2X ビジョン グランツーリスモはイベント専用車であるためセッティング不可。
    タイムの有効・無効に関係なく、最低1周完走すれば同車両が入手できる。
  • ゴールドタイムのクリア難易度がこれまでの配信TTで最も高かったが、2014/12/25のマイナーアップデートで修正された。
    調整によって比較的マイルドな挙動となり、パッドでのゴールド獲得がイベント開始時より容易になっている。
 

メルセデス・ベンツ SLS AMG GT3 '11 オーバーテイクチャレンジ Edit

ライバルカーをオーバーテイクしながらゴール地点までの速さを競う区間タイムトライアルです。
コースアウトやクラッシュ、障害物への接触で失格となります。
使用車種はVLNを筆頭とする数々のレースで活躍しているGT3カー、メルセデス・ベンツ SLS AMG GT3 '11。
強力なダウンフォースによってコーナーでの限界が驚くほど高いので、その性能をうまく引き出せるかが好タイムのカギ。
コース幅が狭くコーナーが多いので、ライバルカーをどこでパスするかも重要になってきます。
無理せず慎重に、がセオリーですが、ときには思い切ってインに飛び込む、と言った大胆さも求められます。

ランキング登録期間:2014/12/25 11:30 〜 2015/01/08 12:00
イベント開催期間:2014/12/25 11:30 〜 2015/01/08 12:00

車種制限: SLS AMG GT3 '11(イベント専用車)
タイヤ制限:レーシング・ハード
PP制限:制限なし
ナイトロ:装着不可
使用コース:ニュルブルクリンク 24h
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'07.00070,000,000SLS AMG GT3 '11(パーツ装着済み)
シルバー1'08.50045,000,000---
ブロンズ1'14.00022,500,000---
  • ライバルカーは、1位GT-R ニスモ GT3 チームRJN '13、2位Z4 GT3 '11、3位R8 LMS ultra (Audi Sport Team Phoenix) '12、4位シロッコ GT24 (フォルクスワーゲンモータースポーツ) '08
  • 使用車は、ミッションレースやスペシャルイベントでもお世話になるSLS AMG GT3。アンダーステアが浮き彫りになってしまいがちで、片輪をダートに落としてコントロール不能に陥り、コースアウトか壁に接触といった失格要素は避けられない。前回同様、TCSを入れるなりして安定させよう。
  • 道幅が狭い・先が見えないコーナー出口・夕刻という以前にも増して鬼畜な設定となったニュルブルクリンク。例によってパイロンが設置されている為、無理なオーバーテイクで接触しないように慎重に攻めよう。
 

パガーニ ウアイラ '13 オーバーテイクチャレンジ Edit

ライバルカーをオーバーテイクしながらゴール地点までの速さを競う区間タイムトライアルです。
コースアウトやクラッシュ、障害物への接触で失格となります。
使用車種は、イタリアの自動車メーカー、パガーニが世に送るスーパーカー、ウアイラ。
ハイパワーMR車なだけにTCSオフ、あるいは効きを弱くしている場合は、ステアリングを切りながらのスロットル操作はスピンを招きやすいので要注意。
このチャレンジのポイントは、前半のテクニカルセクションでいかに効率よくオーバーテイクできるかにかかっています。
ライバルカーの動きを注視して突破口を見つけましょう。
ランキング登録期間:2014/12/25 11:30 〜 2015/01/08 12:00
イベント開催期間:2014/12/25 11:30 〜 2015/01/08 12:00

車種制限: ウアイラ '13(イベント専用車)
タイヤ制限:スポーツ・ソフト
PP制限:制限なし
ナイトロ:装着不可
使用コース:マウントパノラマ モーターレーシング サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'03.50070,000,000ウアイラ '13(パーツ装着済み)
シルバー1'06.00045,000,000---
ブロンズ1'10.00022,500,000---
  • ライバルカーは、1位アヴェンタドール LP 700-4 '11、2位エンツォ フェラーリ '02、3位レヴェントン '08、4位エスプリ V8 '02
  • 今回は、高低差が激しい+道幅が狭いマウントパノラマ。こちらもニュル同様、ダートに嵌れば、スピンor失格といった事に。あとはオーバースピードでコーナーに突っ込まないこと。ライバルカーと勝負するならパノラマ最大のストレートでオーバーテイクを仕掛けてやろう。
  • 使用車は、ミッドシップに加え、スピードレンジが前回のストラトスより大幅に上回る。不安なら同じのウアイラを用意して練習するか、TCS等の電子制御を入れよう。アクティブステアリングを入れると安定感が増し、滑りにくくなる。
  • 敵車に多少触れても問題ないが、少しでも壁に触れると失格になるので注意。
 

ランチア ストラトス '73 オーバーテイクチャレンジ Edit

ライバルカーをオーバーテイクしながらゴール地点までの速さを競う区間タイムトライアルです。
コースアウトやクラッシュ、障害物への接触で失格となります。
使用車種は往年の名車、ランチア ストラトス '73。
オーバーステアが出やすいので、スロットルとステアリングコントロールは慎重に操作しましょう。
とくに中低速コーナーでのステアリングの切りすぎには要注意。
姿勢を乱さないようにコーナーを抜けることが好タイムを出すいちばんの秘訣です。

ランキング登録期間:2014/12/17 12:00 〜 2015/01/08 12:00
イベント開催期間:2014/12/17 13:00 〜 2015/01/08 12:00

車種制限: ストラトス '73(イベント専用車)
タイヤ制限:フロント:コンフォート・ソフト、リア:スポーツ・ハード
PP制限:制限なし
ナイトロ:装着不可
使用コース:マッターホルン ローデンボーデン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド0'50.50070,000,000ストラトス '73(パーツ装着済み)
シルバー0'52.00045,000,000---
ブロンズ0'56.00022,500,000---
  • ライバルカーは、1位ランサー 1600 GSR ラリーカー '74、2位A110 1600S '72、3位ブルーバード ラリーカー (510) '69、4位R8 ゴルディーニ '66
  • コースは高低差の激しいマッターホルン。使用車は後輪駆動の上、挙動を少しでも乱せば障害物(パイロン)に接触やコースアウトによる失格は免れない。挙動を出来る限り抑えたいならTCSを入れるのも手である。
  • 開幕のS字をなるべくスムーズに抜ける事によりタイムに余裕が生まれる。ドライビングラインを出していると赤ラインが表示されるがブレーキを踏みすぎないように。
    以降はコースアウトに注意したドライビングを。1位のランサーのパスがゴールドの目安。
 

ジャガー XJ13 '66 オーバーテイクチャレンジ Edit

ライバルカーをオーバーテイクしながらゴール地点までの速さを競う区間タイムトライアルです。
コースアウトやクラッシュ、障害物への接触で失格となります。
使用車種は、レース参戦を目標にジャガー初のミッドシップ・レーシング・スポーツとして開発されながらも、様々な事情により実戦投入が夢と終わった幻のモデル、ジャガー XJ13 '66。
このチャレンジのポイントは、レコードラインを意識して必要最小限の減速で走ること。
とくにターン3〜ターン5の高速コーナーは、脱出速度の速さがタイムに大きく影響してきます。
ゴールドをねらうには、ターン6の右ヘアピンの脱出までに3台パスすることを目標に!

ランキング登録期間:2014/12/17 13:00 〜 2015/01/08 12:00
イベント開催期間:2014/12/17 13:00 〜 2015/01/08 12:00

車種制限:ジャガー XJ13 '66(イベント専用車)
タイヤ制限:レーシング・ハード
PP制限:制限なし
ナイトロ:装着不可
使用コース:グランバレー・スピードウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド0'53.00070,000,000XJ13 '66(パーツ装着済み)
シルバー0'54.00045,000,000---
ブロンズ0'59.00022,500,000---
  • ライバルカーは、1位330 P4 '67、2位フォード Mark IV レースカー '67、3位2D '67、4位ジュリア TZ2 carrozzata da ZAGATO CN.AR750106 '65
  • コースは初代から登場するグランバレー・スピードウェイ。区間はホームストレートから第1トンネル入り口まで。
  • 使用車は、コーナー出口でアクセルオンすればリアが滑り、前後どちらかのタイヤを一本でもダートに落とせばスピン又は壁に追突を喰らって失格をもらうので慎重にオーバーテイクしよう。こちらも対処法としてTCSを入れるなどの方法があるので、初心者はこちらをお勧めする。
 

2WD/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP550以下の2WDノーマルカーで参加できるタイムトライアルです。
舞台であるレッドブルリンクは、フルブレーキングからの全開加速を強いられる場所が多い、ストップアンドゴー・サーキット。
ブレーキングの安定性に加えトラクションがとても重要になるので、LSDを強めに効かせたり、あるいはリアウイングを装着するなどして良いセットを見つけましょう。
また、足まわりを固めた際は、イン側の縁石に大きく乗ると姿勢を乱しやすいので注意が必要です。
タイム向上のためには、オーバーステアが出ないようなセットアップとドライビングを心がけてください。

ランキング登録期間:2014/12/04 12:00 〜 2014/12/25 12:00
イベント開催期間:2014/12/04 12:00 〜 2015/01/08 12:00

車種制限:ノーマルカー(FR・FF・MR・RR)
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:レッドブル・リンク
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'42.0009,000,000GT POLARIZED 003-P
シルバー1'45.0005,900,000---
ブロンズ1'51.0002,700,000---
 

4WD/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP600以下の4WDノーマルカーで参加できるタイムトライアルです。
トータルバランスが求められる鈴鹿サーキット。
PPの調整は、ある程度のパワーがあれば軽量化中心のチューニングがおすすめです。
また、好タイムを記録するためには4WD特有のアンダーステアを軽減し、回頭性を向上させるセッティングが重要。
駆動配分式センターデフでフロントの駆動略を小さくしたり、ダウンフォースの調整が行えるならフロントのダウンフォースを大きくするのが簡単で効果的です。
あとはドライバーのテクニック、タイヤの性能を活かして限界ぎりぎりまで攻め込みましょう!

ランキング登録期間:2014/12/04 12:00 〜 2014/12/25 12:00
イベント開催期間:2014/12/04 12:00 〜 2015/01/08 12:00

車種制限:ノーマルカー(4WD)
タイヤ制限:スポーツ・ソフト以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:鈴鹿サーキット 2014
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'06.00012,500,000GT PASTELTONE 005-W
シルバー2'08.0008,100,000---
ブロンズ2'15.0003,750,000---
 

ライトカーカンパニー ロケット スーパーラップ Edit

PP620以下のライトカーカンパニー ロケット '07でのみ参加できるタイムトライアルです。
パワーを上げると、どうしてもノーマルの足まわりではクルマの動きが不安定になりがちです。
フワフワとした操作感を改善したい場合は、サスペンションをアップグレードし、なおかつスプリングレートとダンパーを固めにするとよいでしょう。
加えて、リア荷重なので、ハンドリングはオーバーステア傾向ですが、これもフロントにバラストを搭載することで大きく改善できます。
ここでは乗り方も重要ですが、それ以上に自分がドライブしやすいセッティングを見つけることがポイントです。

ランキング登録期間:2014/11/20 12:00 〜 2014/12/04 12:00
イベント開催期間:2014/11/20 12:00 〜 2014/12/18 12:00

車種制限:ロケット '07
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP620以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ブランズハッチ GPサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'33.0007,500,000GT GREY 004-N
シルバー1'36.0004,900,000---
ブロンズ1'42.0002,250,000---
  • 毎度おなじみの車種制限イベントである。
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP600以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
クルマ選びは、初・中級者はスタビリティが高い4WD車がおすすめ。
RWD車の場合はオーバーステアを出さないよう、ていねいなスロットルコントロールが求められます。
また、このコースは走り方でタイムが大きく変動しやすいトラックのひとつ。
とくにターン1からターン2へのアプローチ、そしてターン3からの連続コーナーの処理は重要で、しっかりとクリッピングポイントをおさえることが大切です。
1周を通して、ブレーキングを我慢しすぎて突っ込み過ぎないように意識しましょう。

ランキング登録期間:2014/11/20 12:00 〜 2014/12/04 12:00
イベント開催期間:2014/11/20 12:00 〜 2014/12/18 12:00

車種制限:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アプリコットヒル・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'21.00012,000,000GT CHROME 010-W
シルバー1'23.0007,800,000---
ブロンズ1'28.0003,600,000---
  • ランキング上位は2Jが独占しており、これを使えば余裕でゴールドが取れるのでお勧め。
    またTS030も上位にランクインしている。
  • サムネイルのクルマはR8 LMS ultra (Audi Sport Team Phoenix) '12
 

スバル VIZIV GT VGT スーパーラップ Edit

ビジョングランツーリスモ第8弾、スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモで挑戦する、オータムリンクのタイムトライアルです。
本イベントに参加するだけで、このスバルVGTを獲得できます(※)。
カーボン素材によって徹底的に軽量化された、夢のハイブリッドスポーツカーを体験しよう!

(※:タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2014/11/19 13:00 〜 2014/12/17 16:00
イベント開催期間:2014/11/19 13:00 〜 2014/12/17 16:00

車種制限等:スバル VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:スポーツ・ソフト
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:オータムリンク
プライズ目標タイム賞金 Cr.参加賞
ゴールド1'19.00012,500,000VIZIV GT ビジョン グランツーリスモ
シルバー1'21.0008,000,000
ブロンズ1'27.0005,500,000
  • 使用するVIZIV VGTはイベント専用車であるためセッティング不可。タイムの有効・無効に関係なく、最低1周完走すれば同車両が入手できる。
  • コーナーが多いコースの為コーナリングが最重要課題となる。ゴールドを取るポイントとしては、序盤のクランク地帯を出来るだけ素早くスムーズに抜ける事。ここをロス無く抜ける事が出来れば他で多少ロスが発生しても18秒台を狙う事は十分に可能である。
 

ロードコース・デイトナ 1LAPアタック Edit

モトGPなどのレースで使用されるマーシャルカーをイメージし「グランツーリスモ」がデザインしたスペシャルモデル、BMW M4 Mパフォーマンスエディションで、ロードコース・デイトナの1周タイムトライアルに挑戦!
セクシーかつダイナミックなノーマルのM4クーペとはまた違った、レーシーな雰囲気を楽しもう。

ランキング登録期間:2014/11/19 13:00 〜 2014/12/03 16:00
イベント開催期間:2014/11/19 13:00 〜 2014/12/17 16:00

車種制限等:BMW M4 Mパフォーマンスエディション(イベント専用車)
タイヤ制限:スポーツ・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:ロードコース・デイトナ/時間変化
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'02.00011,500,000GT GREY 003-N
シルバー2'05.0007,500,000---
ブロンズ2'15.0004,000,000---
  • 使用するM4 MPEはイベント専用車であるためセッティング不可。
 

KTM X-BOW スーパーラップ Edit

PP580以下のKTM X-BOWで参戦できるタイムトライアルです。
X-BOWは前後重量バランスがリア寄りのため、トラクションに優れている一方で、どうしてもオーバーステアが出やすい傾向にあります。
この挙動が難しく感じるなら、アンダーステア傾向のセッティングがおすすめ。
足まわりのセッティングでもある程度改善は見込めるものの、何より効果的なのはフロントにバラストを搭載して前後バランスを変えること。
車重は重くなりますが、PPが下がった分、パワーを上げることができます。

ランキング登録期間:2014/11/06 12:00 〜 2014/11/20 12:00
イベント開催期間:2014/11/06 12:00 〜 2014/12/04 12:00

車種制限:KTM X-BOW R '12KTM X-BOW R 15th anniv'12KTM X-BOW ストリート '12
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP580以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ストリートオブウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'14.00012,000,000Matte Dark Blue
シルバー1'17.0005,500,000---
ブロンズ1'23.0003,000,000---
 

FF/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下のFFノーマルカーで参加できるタイムトライアルです。
ここはFF特有のトラクション抜けとアンダーステアをいかに克服できるかがタイム向上のポイント。
TCSを効かせるのも効果的ですが、そうでない場合は、とくに上り勾配ではスロットルコントロールを丁寧に行う必要があります。
セッティングの面ではLSDを入れる、スタビライザー等でロール量を抑えることが重要。
また、トラックの特性上、最高速を伸ばしつつもトラクションも考慮する必要があるので、ギア比は各ギアを個別に調整すると理想的です。

ランキング登録期間:2014/11/06 12:00 〜 2014/11/20 12:00
イベント開催期間:2014/11/06 12:00 〜 2014/12/04 12:00

車種制限等:ノーマルカー(FF)
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マウントパノラマ モーターレーシング サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'26.0008,800,000GT GREY 005-N
シルバー2'29.0003,700,000---
ブロンズ2'35.0002,500,000---
 

レッドブル X2014 スタンダード スーパーラップ Edit

「グランツーリスモ」とレッドブルとのコラボによって生まれた究極のベンチュリーカー、レッドブル X2014 スタンダードでのみ参加できるタイムトライアルです。
チューニングができない車両なので、事実上、セッティングがタイムの向上のカギ。
標準状態でも十分に乗りやすいクルマですが、フロントのダウンフォースを若干下げてステア特性を多少ルーズにすることで、コーナーでの安定性向上が望めます。
鈴鹿サーキットはテクニカルですが、ダウンフォースの付けすぎは禁物。
前後のバランスこそが重要です。

ランキング登録期間:2014/10/23 12:00 〜 2014/11/06 09:00
イベント開催期間:2014/10/23 12:00 〜 2014/11/20 09:00

車種制限:レッドブル X2014 スタンダード
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:制限なし
ナイトロ:装着不可
使用コース:鈴鹿サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'33.00015,000,000GT OLD GENERATION 003-W
シルバー1'36.0007,000,000---
ブロンズ1'43.0003,500,000---
 

2WD/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下の2WDノーマルカーで参加できるタイムトライアルです。
舞台はサーキット・デ・ラ・シエラ。
長いトラックなので、ミスをすることなく走破することが最大のポイントになります。
ドライビングはもちろん、クルマのセッティングも安定性重視で。
このイベントは2WD車限定なので、後輪駆動車で参戦する場合はオーバーステアを出さないように注意しましょう。
このトラックは、限界を超えない走りが好タイムを生みます。

ランキング登録期間:2014/10/23 12:00 〜 2014/11/06 09:00
イベント開催期間:2014/10/23 12:00 〜 2014/11/20 09:00

車種制限:ノーマルカー(FR・FF・MR・RR)
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:サーキット・デ・ラ・シエラ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド10'00.00020,000,000GT CHROME 006-W
シルバー11'00.0009,500,000---
ブロンズ13'00.0005,000,000---
  • ランキング上位陣はスズキGSX-R/4 '01が多数で、ゴールド目標タイムより1分以上速いプレイヤーもいる。
  • 今回のコースはシエラ タイムラリーで使用される非常に難易度の高いコースであり、集中力を切るだけで、コースアウトや接触をして、タイム無効ペナルティが課せられる事もあるので、まずはシエラ・タイムラリーのプラクティスモードで練習しよう。しかし、全長が27kmと長いうえコースの難易度が高いためか、ゴールドのタイムが結構甘い。GSX-R/4 '01で参戦すれば余裕で9分30秒切れることも。
  • サムネイルのクルマは512 BB '76
 

日産 GT-R ニスモ スーパーラップ Edit

PP600以下の日産GT-Rニスモ'14でのみ参加できるタイムトライアルです。
PP600までのチューニングをパワーに振るか、軽量化に振るかはドライバー次第ながら、重めの車重を考えると軽量化がおすすめ。
セッティングは高速コースという特性に合わせてギア比を合わせ、かつインフィールドの回頭性を考慮して足まわりをセットしていきましょう。
軽量化を施した場合は、足まわりを若干柔らかくするとコーナーでアウト側に膨らみにくくなります。

ランキング登録期間:2014/10/09 12:00 〜 2014/10/23 12:00
イベント開催期間:2014/10/09 12:00 〜 2014/11/06 12:00

車種制限:日産 GT-R ニスモ '14
タイヤ制限:スポーツ・ソフト以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ロードコース・インディ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'33.0009,900,000GT JAPANESE 008-W
シルバー1'36.0005,000,000---
ブロンズ1'43.0002,500,000---
  • 前回のレクサス LFA同様、今回は日産 GT-R ニスモのみ参加可能。
  • 救いなのはスポーツ・ソフトになっていること。ただし、それでもアンダーステアが発生するのでセッティングをしましょう。
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP550以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルです。
このトラックはアップダウンが激しく中低速コーナーが多いので、クルマを前に進める力、トラクションがとても重要になります。
トラックの特性を考えると、2WD車よりも4WD車が有利。
2WD車で挑む場合は、スロットルオンでオーバーステアが出ないようにセッティングすることが重要です。
LSDを強く効かせたり、リアのトーインを強めにつけるなど、駆動系とアライメントに気を配りましょう。
また、駆動形式を問わず勾配で荷重が抜けやすいので、ダウンフォースを大きめにつけるのも効果的です。

ランキング登録期間:2014/10/09 12:00 〜 2014/10/23 12:00
イベント開催期間:2014/10/09 12:00 〜 2014/11/06 12:00

車種制限:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マッターホルン ローデンボーデン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'35.00013,000,000GT MILITARY 009-W
シルバー1'38.0009,500,000---
ブロンズ1'46.0004,500,000---
  • 上位には2Jが多数、というより独占状態。
  • サムネイルのクルマはIS F CCS-R '11
 

レクサス LFA/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP580以下のレクサス LFA(ノーマルカー)でのみ参加できるタイムトライアルです。和製スーパーカーの代表格、LFAは、ノーマルの状態ではややハンドリングにクセがあるので、そこをいかに自分好みにチューニングできるかがポイント。このクルマ特有のオーバーステアが苦手な人は、あえてフロントにバラストを搭載して前後重量バランスを見直すと効果的です。また、ノーマルでは足まわり、とくにダンパーがソフトなので、ダンパーを固めにするだけでもステアフィールは一段とシャープになります。足まわりのセッティングだけでも走りやすさは如実に変化します。トライ&エラーを繰り返してベストセッティングを見つけましょう!

ランキング登録期間:2014/09/25 12:00 〜 2014/10/09 12:00
イベント開催期間:2014/09/25 12:00 〜 2014/10/23 12:00

車種制限:レクサス LFA '10レクサス LFA ニュルブルクリンクパッケージ '12
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP580以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ブランズハッチ GPサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'34.00011,000,000GT MILITARY 008-W
シルバー1'38.0005,000,000---
ブロンズ1'45.0002,500,000---
  • 今回は、説明文にも書いてある通り、上記のわずか2台のみが参加可能である。
  • イベント選択画面のクルマはLFA '10
     

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP700以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。
PP700付近のレーシングカーは非常にハイパワーなので、2WD車であれば非常に繊細なスロットルコントロールが求められます。コースを1周無事に走り切れない場合はTCSを強めに効かせるか、挙動が安定している4WD車がオススメ。コース特性的にローダウンフォースが有利に思えますが、やはり重要なのはバランス。ストレートが速くともコーナーがそれ以上遅くなってしまっては意味がありません。クルマの特性やドライビングスタイルにあったダウンフォース、そしてギア比に調整しましょう。

ランキング登録期間:2014/09/25 12:00 〜 2014/10/09 12:00
イベント開催期間:2014/09/25 12:00 〜 2014/10/23 12:00

車種制限等:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP700以下
ナイトロ:装着可
使用コース:モンツァ・サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'35.00016,000,000Matte White
シルバー1'38.0007,000,000---
ブロンズ1'45.0003,500,000---
  • イベント選択画面のクルマはXJR-9 '88
  • 上位は905B,2Jである。
 

WSR,1983 アイルトン・セナ スーパーラップ Edit

PP551以下のウェストサリーレーシング、1983 アイルトン・セナでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。
このクルマは実質チューニングができないので、セッティングでコース特性や自分の好みに合わせていくのがゴールドプライスへの近道。
市街地コースでタイトコーナーが多いのでダウンフォースは大きめにしたいところですが、エンジンパワーが控えめなのでやりすぎは要注意。
むしろ全開区間が長いので、コーナーを腕でカバーできればダウンフォースは小さめにしたほうがタイムが伸びることもあります。
ダウンフォースと足まわり、そしてギア比のバランスを考えながらクルマを仕上げていきましょう。

ランキング登録期間:2014/09/11 12:00 〜 2014/09/25 12:00
イベント開催期間:2014/09/11 12:00 〜 2014/10/09 12:00

車種制限等:WSR 1983 アイルトン・セナ
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP551以下(実際は無し)
ナイトロ:装着不可
使用コース:マドリード市街地コース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'29.00040,000,000GT PASTELTONE 003-W
シルバー1'33.00018,000,000---
ブロンズ1'40.0009,000,000Gold Chrome
  • 今回も説明文に誤字あり。
  • 説明文にPP551以下とあるが、実際のPP制限はなく、オイル交換でPPが上がってもエントリー不可とならない。
    元々マシンが非力なのでオイル交換しておくと若干ゴールドの難易度は下がる。
    ちなみに前回の賞品であるGold Chromeはここでも入手できる。取り逃した人は是非。
 

4WD/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP550以下の4WDノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。
このコースは長い中高速コーナーが多いので、そこでのスタビリティがカギ。アンダーステアを極力小さくし、スロットルを踏んでいけるセッティングを目指しましょう。
とりわけ4WD車は前後のフロントの駆動力を小さくすると効果的。加えて、足まわりのセッティング、サスペンションの硬さとネガティブキャンバー角のバランスは中低速コーナーでの踏ん張りに大きく影響するので積極的にセッティングしてみましょう。

ランキング登録期間:2014/09/11 12:00 〜 2014/09/25 12:00
イベント開催期間:2014/09/11 12:00 〜 2014/10/09 12:00

車種制限等:ノーマルカー(4WD)
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ビッグウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'24.0008,500,000Matte Light Red
シルバー1'27.0004,000,000---
ブロンズ1'35.0002,000,000GT GREY 002-N
 

TOYOTA FT-1 ビジョン グランツーリスモ スーパーラップ Edit

ビジョングランツーリスモ第7弾、TOYOTA FT-1 ビジョン グランツーリスモで開催する、マウントパノラマのタイムトライアルです。本イベントに参加するだけでTOYOTA FT-1 ビジョン グランツーリスモを獲得できます(※)。同社のスポーツデザインコンセプトであるTOYOTA FT-1を、ピュアレーシングカーとしてチューニングした本モデル。ぜひこの機会に入手して、異次元の走りを楽しもう。
(※タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2014/09/16 15:00 〜 2014/09/30 15:00
イベント開催期間:2014/09/16 15:00 〜 2014/09/30 15:00

車種制限等:FT-1 ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:マウントパノラマ・モーターレーシング・サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'02.00012,000,000---
シルバー2'06.0007,000,000---
ブロンズ2'14.0005,000,000---
 

フォーミュラグランツーリスモ スーパーラップ Edit

グランツーリスモオリジナルのフォーミュラーカー、フォーミュラグランツーリスモでのみ参加できるタイムトライアルです。このクルマは実質チューニングができないので、セッティングでどう自分好みの操作性に仕上げられるかが大きなポイントです。標準状態ではオーバーステアが出やすいので、その挙動が苦手な人は、リアのダウンフォースを大きくしたり、あえてウェイトをフロント寄りに積んで前後の重量バランスを変更すると良いでしょう。

ランキング登録期間:2014/08/28 12:00 〜 2014/09/11 12:00
イベント開催期間:2014/08/28 12:00 〜 2014/09/25 12:00

車種制限等:グランツーリスモ フォーミュラグランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP880以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:シルバーストン グランプリサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'41.00020,000,000Gold Chrome
シルバー1'45.0008,500,000---
ブロンズ1'55.0006,500,000---
  • FGTは価格が2億なのに対し、獲得賞金は最大7000万、他3つのイベントを含めても最大1億3900万。
    クリア後に車両を売却しても2億に届かないので、どう足掻いても黒字にはならない。
    入手手段も購入以外に無いため我慢して買おう。賞品に魅力を感じないならいっそ無視するのも手。
  • ちなみに本イベントが「GT6で素のままのフォーミュラグランツーリスモが使用出来る初めてのイベント」である。
  • 賞品がGT GUNMETAL 006-WからGold Chromeに変わっているが、バグなのかGT GUNMETAL 006-Wを受け取ってしまうとGold Chromeは貰えない。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。中低速コーナーが多いこのコースではトラクションと回頭性が重要になります。クルマ選びは大柄なボディよりはコンパクトな、ロングホイールベースよりはショートホイールベースのモデルがおすすめ。チューニングは、ある程度のパワーがあれば軽量化を中心にPPを上げていきましょう。ゴールドをねらうなら駆動系やトランスミッションのチューニングは必須。いかにコーナーから素早く脱出し、全開加速できるタルマに仕上げられるかがポイントです。

ランキング登録期間:2014/08/28 12:00 〜 2014/09/11 12:00
イベント開催期間:2014/08/28 12:00 〜 2014/09/25 12:00

車種制限等:ノーマルカー各種
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ストリートオブウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'20.0006,000,000GT GREY 002-N
シルバー1'23.0003,000,000---
ブロンズ1'30.0001,500,000---
  • イベント選択画面のクルマはエスプリ V8 '02
  • 運営側のミスなのか説明文がPP500なのに対し、サムネイルがPP600になっていたが、現在は修正されている。
  • ランキング上位陣は早くもスズキ GSX-R/4 '01が独占しつつある。
     

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP600以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。山岳コースといえども中高速コーナー中心で構成されているマッターホルン ドリスタレンは、なんといってもパワーと高速域でのスタビリティが重要。タイムを短縮するためにはパフーアップや軽量化でPPを上げるだけではなく、足まわりにも気を配りましょう。どうしても高速コーナーで安定しない場合は、エアロパーツを装着することも効果的です。

ランキング登録期間:2014/08/14 12:00 〜 2014/08/28 12:00
イベント開催期間:2014/08/14 12:00 〜 2014/09/11 12:00

車種制限等:ノーマルカー各種
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マッターホルン ドリスタレン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'09.0005,500,000GT CHROME 004-W
シルバー1'12.0003,000,000---
ブロンズ1'18.0001,500,000---

GT500 スーパーラップ Edit

PP600以下のGT500車両でのみ参加できるタイムトライアルです。中低速コーナーで構成されているラグナセカは、立ち上がりのトラクションと中速コーナーのコーナリングスピードでタイムが左右されます。GT500車両は低回転からトルクがあるので必須ではないものの、ギア比をショートにしてトラクションを稼ぐと効果的です。もちろん、ダウンフォースもある程度は大きく設定したほうがタイム向上に繋がります。あとはドライビング。ブレーキングを我慢するよりも、早めにスロットルを開けて脱出速度を稼ぐ、立ち上がり重視の走り方がオススメです。

ランキング登録期間:2014/08/14 12:00 〜 2014/08/28 12:00
イベント開催期間:2014/08/14 12:00 〜 2014/09/11 12:00

車種制限等:GT500車両各種(JGTC、スーパーGT)
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ラグナセカ・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'23.00014,000,000GT MILITARY 006-W
シルバー1'26.0007,000,000---
ブロンズ1'32.0005,000,000---
  • イベント選択画面のクルマはレイブリックHSV。ランキング上位も同じく各HSVが独占している。
  • GT500は価格が7500万〜約1億なのに対し、獲得賞金は最大で5200万、どう足掻いても赤字。
    「GT500を持ってない」「持っているが走行距離や乗換回数を付けたくない」という人は、我慢して新しく買おう。
    ちなみにJGTC-GT500が7500万と最も安い。
     

Shell EXCITING CHAMPIONSHIP オンライン予選 Edit

昭和シェル石油が新しいハイオクガソリンの発売を記念して開催する「Shell V-Power EXCITING CHAMPIONSHIP」のオンライン予選です。オンライン予選終了時の上位16位以内に入れば、9月14日(日)に富士スピードウェイで開催される準決勝への参加権利を獲得できるほか、上位に入れなかった方へも様々な賞品をご用意しています。公式サイト「グランツーリスモ・ドットコム」の特設ページをご確認の上、内容に同意した上でご参加ください。

※準決勝進出は18歳以上(高校生不可)のみが対象です。その他の賞品に年齢制限はありません。
※予選終了後 予選通過者およびプレゼント当選者の皆様だけが登録可能なエントリーフォームを2014年8月19日15:00〜2014年8月27日23:59に「グランツーリスモ・ドットコム」上にて公開しますので、期間中に連絡先情報やプレゼント送付先をご登録ください。期間中にご登録いただけなかった場合は、当選権は無効となりますのであらかじめご了承ください。

ランキング登録期間:2014/08/05 15:00 〜 2014/08/18 23:59
イベント開催期間:2014/08/05 15:00 〜 2014/08/18 23:59

車種制限等:458 イタリア '09(イベント専用車)
タイヤ制限:スポーツ・ハード
その他制限:アクティブステアリング、スキッドリカバリーフォースOFF
ナイトロ:装着不可
使用コース:モンツァ・サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.参加賞
ゴールド1'58.00035,000,000458 イタリア '09
シルバー2'02.00015,000,000
ブロンズ2'12.00010,000,000
  • 使用する458 イタリアはレンタルなので、自費で購入する必要はない。
    それ故にセッティングやチューンができないが、予選という事でタイムはかなり甘めに設定されている。
    ログインボーナス最大だとCr.1億2000万が貰えるので、ありがたく頂戴しよう。
  • 最新VGTの配信イベント同様、1周完走するだけで参加賞として458 イタリアが手に入る。
    これならワンメイクレースで必要な購入費も必要ないので、まだの方はどうぞ。
     

アストンマーティン DP-100 VGT スーパーラップ Edit

ビジョン グランツーリスモ第6弾、アストンマーティン DP-100 VGTで挑戦する、レッドブル・リンク ショートトラックのタイムトライアルです。本イベントに参加するだけでアストンマーティン DP-100 VGTを獲得できます(※)。マレック・ライクマン率いる開発チームが6ヶ月の期間をかけてじっくりと仕上げた夢のホットカーを、この機会に手に入れよう!
(※タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2014/07/25 15:00 〜 2014/08/08 15:00
イベント開催期間:2014/07/25 15:00 〜 2014/08/08 15:00

車種制限等:アストンマーティン DP-100 ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:アクティブステアリング、スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:レッドブル・リンク ショートトラック
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド0'50.00011,000,000---
シルバー0'53.0007,000,000---
ブロンズ1'00.0004,000,000---
 

NISSAN CONCEPT 2020 VGT スーパーラップ Edit

ビジョン グランツーリスモ第5弾、NISSAN CONCEPT 2020 Vision Gran Turismoで挑戦する、東京・ルート246でのタイムトライアルです。本イベントに参加するだけで NISSAN CONCEPT 2020 VGTを獲得できます(※)。80年に及ぶ社史のなかで、パフォーマンスと快適性を両立させたグランドツーリングカーで確固たる地位を築いた日産。彼らが考える、次世代GTコンセプトカーを存分に体感しよう。
(※タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2014/07/25 15:00 〜 2014/08/08 15:00
イベント開催期間:2014/07/25 15:00 〜 2014/08/08 15:00

車種制限等:NISSAN CONCEPT 2020 ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:スポーツ・ソフト
その他制限:アクティブステアリング、スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:東京・ルート246
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'41.00011,000,000---
シルバー1'45.0007,000,000---
ブロンズ1'53.0004,000,000---
 

ロータス 97T スーパーラップ Edit

かつてアイルトン・セナがドライブしたF1カー、ロータス 97Tでのみ参加できるタイムトライアルです。このクルマはチューニング不可なので、セッティングでいかに乗りやすく、かつ速くできるかがポイント。ダウンフォースとギア比の設定がカギを握ります。とりわけダウンフォースは、大きくするとストレートスピードこそ落ちてしまうものの、コーナリングスピードが飛躍的に向上し、タイム短縮に多いに貢献します。前後のバランスを見ながら調整しましょう。

ランキング登録期間:2014/07/31 12:00 〜 2014/08/14 12:00
イベント開催期間:2014/07/31 12:00 〜 2014/08/28 12:00

車種制限等:ロータス 97T
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP898以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:スパ・フランコルシャン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'56.00030,000,000GT FLURESCENCE 003-W
シルバー1'59.00015,000,000---
ブロンズ2'12.00010,000,000---
  • アイルトン・セナ トリビュートのCHAPTER3のブランズハッチでシルバー以上を記録出来ない場合はロータス 97T '85を買うことになる。プレゼントカーで手に入れた場合は購入費も必要なし。
    • ちなみに1985年のF1ベルギーGP予選でA.セナは"1:55.403"のタイムを出している。尚、セナは2番手でありPPは"1:55.306"のA.プロスト(マクラーレン・TAG)。
      ただしスパ・フランコルシャンのレイアウトが1985年当時と収録時で異なる(詳細はスパ・フランコルシャンのwiki等参照)ので参考程度に。また、アイルトン・セナ・トリビュートのときはタイヤがレーシングソフトだったが、今回はレーシングハードとなっているので非常に挙動がピーキーである。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP450以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。舞台である筑波サーキットは、パワーの差が比較的表れにくいトラック。クルマにもよりますがノーマル状態でのパワーが十分にあれば、軽量化でPPを合わせたほうが得策です。また、タイム向上にはトランスミッションや足まわりのチューニングは不可欠ですが、強化クラッチやプロペラシャフトなど駆動系チューンも加速性能の向上につながります。予算と相談しつつ、クルマを仕上げていきましょう。

ランキング登録期間:2014/07/31 12:00 〜 2014/08/14 12:00
イベント開催期間:2014/07/31 12:00 〜 2014/08/28 12:00

車種制限等:ノーマルカー各種
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP450以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:筑波サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'07.0006,200,000GT POLARIZED 001-P
シルバー1'09.0003,200,000---
ブロンズ1'15.0001,400,000---
  • ランキング上位はGSX-R/4 '01が独占している。
 

ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP500以下のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。舞台であるマウントパノラマは、中盤のテクニカルセクションをいかに速くクリアできるかがカギ。序盤と終盤の長い全開区間でパワーが重要になるのは事実ながら、軽量化と足まわりのチューニングでクルマの限界を上げたほうがラップタイムは短縮しやすくなります。一方、中盤をテクニックでカバーできるなら、あえてパワー重視のチューニングを施すのも手です。クルマの特性とドライビングスタイルに合わせてクルマを仕上げていきましょう。

ランキング登録期間:2014/07/17 12:00 〜 2014/07/31 12:00
イベント開催期間:2014/07/17 12:00 〜 2014/08/14 12:00

車種制限等:ノーマルカー
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マウントパノラマ・モーターレーシング・サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'25.0006,500,000GT OLD GENERATION 005-W
シルバー2'29.0003,200,000---
ブロンズ2'42.0001,600,000---
  • ランキング上位はGSX-R/4 '01が独占している。
     

ラリーカー スーパーラップ Edit

PP550以下のラリーカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。ターマックとダート、両方の路面を持つアイガー北壁Kトレイルは、その全長の長さこそが最大の敵。壁に接触せず走りきることが最大のハードルになるので、ドライビングではとにかく無理をしないことが求められます。具体的には、コーナーは手前でしっかりと減速して進入すること。とりわけコース幅が狭いので、少しでもオーバースピードで進入してしまうと壁に接触しやすくなります。まずは無理をせず、安全に1周走りきることを目標に走行してみましょう。

ランキング登録期間:2014/07/17 12:00 〜 2014/07/31 12:00
イベント開催期間:2014/07/17 12:00 〜 2014/08/14 12:00

車種制限等:各ラリーカー・ラリーレイドカー(PPIHC参戦車両は不可)
タイヤ制限:ダートタイヤ
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アイガー北壁 Kトレイル
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド4'05.0007,700,000GT GUNMETAL 001-C
シルバー4'15.0003,600,000---
ブロンズ5'00.0002,100,000---
  • 注意すべき点として、参戦車両はラリーカーとラリーレイドカーに限定されている。
    つまりクワトロパイクスピーク等のパイクスピーク用車両は参戦不可能。間違えないように。
    ついでに言えばPVでグラベルを走っていたXRエボ VGTも無理。素直にラリーカーを購入すべし。
  • コースが長く高低差がGTシリーズ最高の400M超で、かなり難関なコースなのでまず慣れるしかない。急なダウンヒルセクションはアンダーステアが出やすいので注意。しかし、ゴールドの目標タイムは前作のSPイベント「セバスチャン・ローブ ラリーチャレンジ」の規定タイムより3秒900短いが、それでも甘め。落ち着いて走れば4分切ってゴールできることもあるだろう。ゴールドを目標にあきらめずにチャレンジしよう。
 

2WD/欧州車(ノーマルカー) スーパーラップ Edit

PP550以下の欧州ノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルです。2WD車であれば駆動形式は自由です。
欧州ノーマルカーは顔ぶれこそ多彩ですが、相応の速さを持った2WDとなると、自然とMR車が中心になります。そんなパワフルなMR車で好タイムを出すためには、なるべくリアをスライドさせないように走ることが大切。MR車の特性上、テールスライドさせてしまうと姿勢が大きく乱れやすくなるので、スロットル操作を慎重に行い、タイヤのグリップを最大限に引き出せるようドライブしましょう。アスカリはコーナーが多いので、ギア比をクロス気味にするのも効果的です。

ランキング登録期間:2014/07/03 12:00 〜 2014/07/17 12:00
イベント開催期間:2014/07/03 12:00 〜 2014/07/31 12:00

車種制限等:欧州ノーマルカー(FF・FR・MR・RR)
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アスカリ フルトラック
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'20.0006,900,000GT MILITARY 004-W
シルバー2'24.0003,300,000---
ブロンズ2'33.0001,500,000---
  • 安く済ませるならセブンあたりがいい。6速TM・3プレート・カーボンシャフトを購入し、バラストを28kg詰むだけでクリア可能。
    難しいならフルカスタマイズサスやフルカスタマイズTM等を追加購入してセッティングすればいい。
  • ランキング上位はX-BOWシリーズが独占している。
 

レーシングカー スーパーラップ Edit

PP600以下のレーシングカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。
ここはクルマによってコースの攻め方が変わってきます。レーシングカーのなかでも比較的車重が軽いクルマほど、縁石で跳ねて姿勢を乱しやすいので要注意。とくにターン2のイン側の縁石は、タイヤを乗せた途端、巻き込むようにオーバーステアが出ることがあるので、とくに注意が必要です。逆に、車重がそれなりに重いクルマの場合は、縁石で姿勢を乱しにくいのでラインどりに余裕が出てきます。安定したラップを刻みたいなら、車重が比較的重い4WD車を選ぶと良いでしょう。

ランキング登録期間:2014/07/03 12:00 〜 2014/07/17 12:00
イベント開催期間:2014/07/03 12:00 〜 2014/07/31 12:00

車種制限等:レーシングカー
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP600以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:レッドブル・リンク
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'30.0007,500,000GT METALLIC 001-C
シルバー1'33.0003,700,000---
ブロンズ1'40.0001,800,000---
  • PP570以上あれば、テキトーに走らない限り問題なくクリアできる難易度。
    使用車両は旋回性能・馬力・車重のバランスが取れたものがいい。サムネのRX-7 TCあたりが丁度。
    平均スピードが高いので軽量低馬力のエリーゼなんかは不利。
  • ランキング上位は2J '70が独占している。
     

サルトサーキット 1LAPアタック Edit

ハイブリッドシステムを武器に、2012年のル・マンとWEC(世界耐久選手権)を闘ったトヨタ TS030 ハイブリッドで、24時間耐久レースの舞台であるサルトサーキット1周のタイムトライアルに挑戦!

ランキング登録期間:2014/06/19 12:00 〜 2014/07/03 12:00
イベント開催期間:2014/06/19 12:00 〜 2014/07/17 12:00

車種制限:トヨタ TS030 HYBRID(イベント専用車)
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:サルトサーキット 2013/時間変化
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド3'52.00017,000,000ペイントカラー Matte Light Blue
シルバー4'00.00010,000,000---
ブロンズ5'00.0006,000,000---
  • 使用するトヨタ TS030 HYBRIDは用意された物を使用する。セッティング不可。
  • 日中〜夜間の時間変化あり。これまでのスーパーラップとは違いコースアウト・壁との接触をすると「失格です」と表示され、タイム計測が中断される。ゴールドのタイムは甘め。
 

ニュルブルクリンク24h 1LAPアタック Edit

しクサス IS Fのサーキット専用モデルとして開発され、VLNほか数々のレースで好成績を納めてきたIS F CCS-Rで、難攻不落のニュルブルクリンク24h、1周のタイムトライアルに挑戦!

ランキング登録期間:2014/06/19 12:00 〜 2014/07/03 12:00
イベント開催期間:2014/06/19 12:00 〜 2014/07/17 12:00

車種制限:レクサス IS F CCS-R(イベント専用車)
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:ニュルブルクリンク24h/時間変化
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド9'20.00020,000,000ペイントカラー Arancia Metallic Orange
シルバー9'35.00013,000,000---
ブロンズ11'00.0008,000,000---
  • 使用するレクサス IS F CCS-Rは用意された物を使用する。セッティング不可。
  • 夜間〜昼間の時間変化あり。これまでのスーパーラップとは違いコースアウト・壁との接触をすると「失格です」と表示され、タイム計測が中断される。全長25KM超のコースなので、落ち着いて走らないと失格になりかねない。
     

Red Bull 5G 2014 オンライン予選タイムトライアル Edit

日本一を決めるゲームトーナメント"Red Bull 5G 2014"のオンライン予選イベントです。レッドブル X2014シリーズのエントリーモデル、レッドブル X2014 ジュニアでアスカリ フルトラックのタイムトライアルに挑戦!
Red Bull 5G 2014へ登録されたランキングの上位8名に、後に開催されるオフライン予選への参加権が与えられます。今年で3回目となった本大会、いったいどんなドラマが待ち受けているのか!?

ランキング登録期間:2014/04/07 15:00 〜 2014/06/02 23:59
イベント開催期間:2014/04/07 15:00 〜 2014/06/02 23:59

車種制限等:グランツーリスモ レッドブル X2014 ジュニア(イベント専用車)
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:アクティブステアリング、スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:アスカリ フルトラック
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'57.00015,000,000---
シルバー2'00.0007,000,000---
ブロンズ2'08.0004,000,000---

フォルクスワーゲン GTI ロードスター ビジョンGT スーパーラップ Edit

ビジョン グランツーリスモ第4弾、フォルクスワーゲン GTI ロードスター ビジョン グランツーリスモで挑戦する、マドリード市街地コースのタイムトライアルです。本イベントに参加するだけでフォルクスワーゲン ビジョンGTを獲得できるほか(※)、ブロンズ達成でスペシャルウェアセットをプレゼント!
(※タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2014/06/18 18:00 〜 2014/07/02 18:00
イベント開催期間:2014/06/18 18:00 〜 2014/07/02 18:00

車種制限等:フォルクスワーゲン GTI ロードスター ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:マドリード市街地コース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'22.00011,000,000---
シルバー1'25.0006,000,000---
ブロンズ1'30.0003,000,000スペシャルウェアセット:フォルクスワーゲン ビジョンGT
 

三菱 コンセプト XR-PHEV エボリューション VGT スーパーラップ Edit

ビジョン グランツーリスモ第3弾、三菱 コンセプト XR-PHEV エボリューション ビジョン グランツーリスモで挑戦する、マッターホルン ローテンボーデンのタイムトライアルです。本イベントに参加するだけで、この三菱のVGTカーを獲得できます(※)。
最新テクノロジーによって生み出された次世代ハイブリッドコンセプトカーを手に入れよう!
(※タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2014/05/30 15:00 〜 2014/06/13 16:00
イベント開催期間:2014/05/30 15:00 〜 2014/06/13 16:00

車種制限等:三菱 コンセプト XR-PHEV エボリューション ビジョン グランツーリスモ
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:マッターホルン ローテンボーデン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'34.00011,000,000---
シルバー1'38.0006,000,000---
ブロンズ1'45.0003,000,000---
 

BMW ビジョン グランツーリスモ スーパーラップ Edit

ビジョン グランツーリスモ第2弾、BMW ビジョン グランツーリスモで挑戦する、ニュルブルクリンクGP/Fのタイムトライアル。本イベントに参加するだけで、BMW ビジョン グランツーリスモを獲得できます(※)。この機会に、BMWのフィロソフィーと最新テクノロジーが融合した、夢の1台を手に入れよう!

(※タイムの有効、無効に関係なく、1周以上走行しタイム計測を行う必要があります)

ランキング登録期間:2014/05/14 20:00 〜 2014/05/28 20:00
イベント開催期間:2014/05/14 20:00 〜 2014/05/28 20:00

車種制限等:BMW ビジョン グランツーリスモ(イベント専用車)
タイヤ制限:レーシング・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:ニュルブルクリンクGP/F
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'59.00011,000,000---
シルバー2'03.0006,000,000---
ブロンズ2'12.0003,000,000---
 

RWD/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP450以下、後輪駆動車のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアルイベントです。後輪駆動車にはエンジンの搭載位置によって3つのタイプがあります。車体前方に搭載するFR、運転席後部に搭載するMR、そして車体の後方に積むRRです。同じ後輪駆動とはいえ、限界時の挙動に大きな違いがあるので、自分に合った駆動方式を選ぶことが大切です。モデルにもよりますが、傾向的に挙動が素直なのがFR、ドライビングはやや難しいものの、ポテンシャルを引き出すことができれば速いのがMRやRRです。

ランキング登録期間:2014/06/05 12:00 〜 2014/06/19 12:00
イベント開催期間:2014/06/05 12:00 〜 2014/07/03 12:00

車種制限:ノーマルカー(RWD)
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP450以下
駆動形式:FR、MR、RR
ナイトロ:装着不可
使用コース:アプリコットヒル・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'39.0006,800,000ペイントカラー GT METALLIC 010-W
シルバー1'42.0003,000,000---
ブロンズ1'49.0001,500,000---
  • 今回は、説明文にも書いてある通り、後輪駆動車のみのイベントになっている。
  • ランキング上位はGSX-R/4 '01が独占している。
  • イベント選択画面のクルマはエリーゼ '11
 

1960年代/アメリカ車(ノーマルカー) スーパーラップ Edit

PP500以下の1960年代アメリカ車(ノーマルカー)でのみ参加できるタイムトライアルイベントです。この時代のマッスルカーはパワフルなエンジンに比べてサスペンションやトランスミッションがプアなので、タイムを向上させるためにはPPを上げるチューニングだけでなく、足まわりや駆動系にも手を入れる必要があります。とくにフルカスタマイズトランスミッションは必須でしょう。また、ロール幅が大きいとコーナーでイン側の駆動輪が空転しやすくなるので、LSDの装着も効果的です。

ランキング登録期間:2014/06/05 12:00 〜 2014/06/19 12:00
イベント開催期間:2014/06/05 12:00 〜 2014/07/03 12:00

車種制限:ノーマルカー
年式:1960年以降1969年以前
国:アメリカ
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ローマ市街地コース/逆走
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'21.0008,500,000ペイントカラー Matte Dark Green
シルバー1'24.0003,500,000---
ブロンズ1'32.0002,500,000---
  • 説明文にも書いてある通り、今回は1960年から1969年までのアメリカ車(ノーマルカー)限定イベントなので、1970年以降のアメリカ車では参加不可能なので注意すること。
  • イベント選択画面のクルマはエルカミーノ SS 396 '67
  • 最も安く済むのは上記のエルカミーノ。次点でクーガー
    簡単なイベントではあるが、流石に旧車なので吊るしでは難しい。軽くチューンしておこう。
    なお、ランキング上位はGT40が多数を占めている。
 

FWD/ノーマルカー スーパーラップ Edit

PP400以下、前輪駆動のノーマルカーでのみ参加できる、タイムトライアルイベントです。舞台となるアイガー北壁ショートコースは、小さなコーナーが連続したテクニカルコース。ゆえに、ショートホイールベースのコンパクトなクルマが得意なステージといえます。FWD車はほかの駆動形式に比べ加速がやや苦手な傾向にあるので、ギア比や駆動系のチューニングで加速性能を向上させ、かつ回頭性を意識した足まわりのセッティングがオススメ。一例として、フロントサスペンションを柔らかくすると回頭性が上がります。

ランキング登録期間:2014/05/22 12:00 〜 2014/06/05 12:00
イベント開催期間:2014/05/22 12:00 〜 2014/06/19 12:00

車種制限:ノーマルカー(FWD)
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP400以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アイガー北壁ショートコース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'20.5005,500,000ペイントカラー GT GUNMETAL 008-W
シルバー1'24.0002,300,000---
ブロンズ1'30.0001,700,000---
  • 今回は、説明文にも書いてある通り、前輪駆動車のみのイベントになっている。
  • イベント選択画面のクルマはグランデプント '09
 

トヨタ86・スバルBRZ/ノーマルカー スーパーラップ Edit

トヨタとスバルの共同開発による人気のFRスポーツカー、トヨタ86とスバルBRZのノーマルカーでのみ参加できる、タイムトライアルイベントです。フルチューンに近いPP480までチューニング可能ですが、あとはPPに影響しない足まわりや駆動系で、どう味付けをするかがタイムを伸ばすポイントになります。とくに舞台であるブランズハッチは中高速コーナーが多いので、中高速域でクルマを安定させるセッティングをみつけることが大切。なかでも、ダウンフォースを発生させるエアロパーツの装着はオススメです。

ランキング登録期間:2014/05/22 12:00 〜 2014/06/05 12:00
イベント開催期間:2014/05/22 12:00 〜 2014/06/19 12:00

車種制限:スバル BRZ S '12トヨタ 86 GT 15th Anniv '12トヨタ 86 GT '12
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP480以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ブランズハッチ GPサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'41.0007,500,000ペイントカラー Matte Orange
シルバー1'44.0004,000,000---
ブロンズ1'50.0002,000,000---
  • 今回は、説明文にも書いてある通り、上記3台のみが参加可能である。
  • イベント選択画面のクルマはBRZ S '12
 

ルノースポール メガーヌ R.S トロフィー スーパーラップ Edit

ハイグリップタイヤと19インチホイールを履くルノースポールのハイパフォーマンスモデル、メガーヌ R.S トロフィーでのみ参加できる、スキッドリカバリーフォース・オンの初・中級者向けのタイムトライアルです。比較的長い全開区間に備えて、チューニングはパワー重視がおすすめ。ただし、タイムの向上には走り方に工夫が必要です。総じてブレーキをぎりぎりまで我慢するよりも、早めに減速を完了させ早めにスロットルを開けて立ち上がる、脱出速度重視の走り方を意識しましょう。

ランキング登録期間:2014/05/08 12:00 〜 2014/05/22 12:00
イベント開催期間:2014/05/08 12:00 〜 2014/06/05 12:00

車種制限:ルノースポール メガーヌ R.S トロフィー '11
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP460以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ツインリンクもてぎ 東コース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'37.0006,600,000ペイントカラー GT OLD GENERATION 008-C
シルバー1'40.0003,000,000---
ブロンズ1'47.0001,900,000---
  • 今回も説明文に書いてある通りスキリカ強制オンでのアタックとなっている。
 

スズキ カプチーノ スーパーラップ Edit

走りを重視したコンパクトFRスポーツとして、今なお根強い人気を誇るスズキのカプチーノでのみ参加できる、スキッドリカバリーフォース・オフの中・上級者向けのタイムトライアルです。絶対的なパワーが控えめなので、チューニングはパワーアップを重点的に。加えて、小さなコーナーが続くコース特性に合わせ、パフォーマンスポイントには影響しない駆動系や足まわりの見直しも効果的です。ショートホイールベースゆえにオーバーステアが出やいので、そこをどう抑えるかがドライビングとセッティングのポイントになります。

ランキング登録期間:2014/05/08 12:00 〜 2014/05/22 12:00
イベント開催期間:2014/05/08 12:00 〜 2014/06/05 12:00

車種制限:スズキ カプチーノ (EA11R) '91スズキ カプチーノ (EA21R) '95
タイヤ制限:コンフォート・ミディアム以下
PP制限:PP400以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ストリードオブウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'33.5008,000,000ペイントカラー GT GUNMETAL 010-W
シルバー1'36.0004,000,000---
ブロンズ1'42.0002,800,000---
  • 説明文に書いてある通り、スキリカ強制オフでのアタックとなる。
 

パガーニ ウアイラ スーパーラップ Edit

パガーニ ゾンダの後継車として数々の受賞歴を持つスーパーカー、ウアイラ '13で挑戦するタイムトライアルです。イベント専用車のため、オーナーでなくとも参加できます。速いクルマと市街地コースの組み合わせは、壁に接触せずラップすることが最初のハードルになります。壁ぎりぎりまでコース幅を使うのはタイムトライアルのセオリーですが、そこをあえて少し控えめにすることが有効タイムを出す秘訣。イン側の縁石は深く乗り上げると姿勢を乱す原因になるので注意しましょう。

ランキング登録期間:2014/05/08 12:00 〜 2014/05/22 12:00
イベント開催期間:2014/05/08 12:00 〜 2014/06/05 12:00

車種制限等:パガーニ ウアイラ '13 (イベント専用車)
タイヤ制限:スポーツ・ソフト(固定)
ナイトロ:装着不可
使用コース:東京・ルート246
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'42.5007,500,000ペイントカラー GT CHROME 009-N
シルバー1'45.0003,700,000---
ブロンズ1'53.0002,500,000---

ランドローバー レンジローバー イヴォーク スーパーラップ Edit

ランドローバーのクロスオーバーSUV、レンジローバー イヴォーク クーペ ダイナミックでのみ参加できる、スキッドリカバリーフォース・オンの初・中級者向けのタイムトライアルです。この車はカーディーラーのほか、「国際Aライセンス」取得でも獲得できます。チューニングは軽量化がおすすめですが、中盤の上り坂に備えてエンジンのパワーアップも有効。小さなコーナーが多く、タイムの短縮には立ち上がりのトラクションが重要になるので、できるだけクルマを横滑りさせないドライビングが求められます。

ランキング登録期間:2014/04/24 12:00 〜 2014/05/08 12:00
イベント開催期間:2014/04/24 12:00 〜 2014/05/22 12:00

車種制限:ランドローバー レンジローバー イヴォーク クーペ ダイナミック'13
タイヤ制限:ダートタイヤ
PP制限:PP430以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アイガー北壁 Wトレイル
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'08.0005,900,000ペイントカラー Matte Dark Red
シルバー1'12.0002,400,000---
ブロンズ1'20.0001,800,000---
  • 今回もスキリカ強制オンとなっている。
  • ギア操作をマニュアルにすれば無改造でも十分ゴールドは可能。40〜50kmからのトラクションは1速より2速のほうが鋭いので、低速区間は2速に固定して高速区間でのみ3速に入れる。
 

日産 スカイライン GT-R(R32,R33,R34) ノーマルカー スーパーラップ Edit

ジャパニーズスポーツカーの代表格でもある日産スカイラインGT-Rでエントリーできる、スキッドリカバリーフォース・オフの中・上級者向けタイムトライアルです。ノーマルカーであればR32、R33、R34のどのモデルでも参加できます。GT-Rはパワフルでスタビリティーが高いクルマですが、小さなコーナーが続くテクニカルなコースでは車重の重さが仇となることも。回頭性と加速力が重要になるので、チューニングの第一歩は軽量化がおすすめです。ステア特性を変えたい場合は、足まわりのセッティングよりも駆動配分の調整が効果的。フロントの駆動配分が増すほど安定志向のアンダーステア傾向になります。

ランキング登録期間:2014/04/24 12:00 〜 2014/05/08 12:00
イベント開催期間:2014/04/24 12:00 〜 2014/05/22 12:00

車種制限等:日産 スカイライン GT-R Vスペック II Nur (R34) '02等、日産 スカイライン(R32,R33,R34)各種(ノーマルカー)
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP530以下
使用コース:オータムリンク
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'25.0006,500,000ペイントカラー GT GUNMETAL 004-W
シルバー1'28.0002,900,000---
ブロンズ1'33.0002,000,000---
  • 今回もスキリカ強制オフとなっている。
  • 上位陣はR34R32が独占している。
 

シェルビー GT350 スーパーラップ Edit

レース参戦を視野に入れ、マスタング・ファストバックをベースにキャロル・シェルビーがチューニングを手がけたホットモデル、GT350で挑戦するタイムトライアルです。イベント専用車使用のため、オーナーでなくとも参加できます。シャシーバランスに優れハンドリングはじつに軽快ですが、ステアリングの切りすぎはオーバーステアを誘発してしまうので要注意。加えてエンジンもパワフルなので、コーナリング中のスロット操作も慎重に。パーシャルスロットルを駆使してオーバーステアを出さないように走ることが好タイムを出す秘訣です。

ランキング登録期間:2014/04/24 12:00 〜 2014/05/08 12:00
イベント開催期間:2014/04/24 12:00 〜 2014/05/22 12:00

車種制限等:シェルビー GT350 (イベント専用車)
タイヤ制限:スポーツ・ハード(固定)
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ビッグウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'31.0004,700,000ペイントカラー GT GREY 010-N
シルバー1'34.0002,300,000---
ブロンズ1'40.0001,500,000---
  • 使用するシェルビー GT350は用意された物を使用する。セッティング不可。
  • 小ネタだが、最終コーナーで黒い物体がいる(参考動画 2:49〜出現)
     

プジョー ノーマルカー スーパーラップ Edit

プジョーのノーマルカーでのみ参加できる、スキッドリカバリーフォース・オンの初・中級者向けのタイムトライアルイベントです。
タイトコーナーが多い市街地コースなので、立ち上がり重視のチューニングがオススメ。トランスミッションを交換してギア比をショートにする(最高速を遅くする)と効果的ですが、LSDの装着やクラッチ&フライホイールの強化もオススメ。壁ぎりぎりまで使うつもりで大胆なラインどりをすることが好タイムを出す秘訣です。

ランキング登録期間:2014/04/10 12:00 〜 2014/04/24 12:00
イベント開催期間:2014/04/10 12:00 〜 2014/05/08 12:00

車種制限等:プジョー 207 GTi '07等、プジョー(ノーマルカー)各種
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP410以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ロンドン市街地コース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'04.0005,000,000ペイントカラー GT CHROME 001-W
シルバー1'06.0002,500,000---
ブロンズ1'11.0001,900,000---
  • 今回は説明文にも書いてある通り、スキリカ強制オンという点に注意&着目。
  • ランキング上位陣は205 ターボ 16がほぼ独占している。
 

マツダ RX-7 (FD) ノーマルカー スーパーラップ Edit

今なお高い人気を誇るマツダ RX-7 (FD)のノーマルカーでのみ参加できるタイムトライアル。スキッドリカバリーフォース・オフの中・上級者向けイベントです。長いストレートに合わせて、最高速重視のチューニングがおすすめ。あとは中・高速コーナーでいかに踏ん張れるセッティングを見つけられるかがカギです。ある程度硬めの足回りにするとクルマは安定しますが、硬すぎるとアンダーステアを助長してしまうので要注意。

ランキング登録期間:2014/04/10 12:00 〜 2014/04/24 12:00
イベント開催期間:2014/04/10 12:00 〜 2014/05/08 12:00

車種制限等:マツダ アンフィニ RX-7 (FD) '91等、マツダRX-7 (FD) (ノーマルカー)各種
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:スペシャルステージ・ルート5
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'34.0007,000,000ペイントカラー Matte Dark Gray
シルバー1'37.0003,300,000---
ブロンズ1'44.0002,300,000---
 

タジマ E-RUNNER パイクスピークスペシャル スーパーラップ Edit

"モンスター"の異名を持つ田嶋伸博選手が、2012年のパイクスピーク・ヒルクライムに持ち込んだEVレーシングカー、E-RUNNER パイクスピークスペシャルで挑戦するタイムトライアル。イベント専用車使用のため、誰でも参加できます。ゴールドプライズをねらうには、速度を落とすところはしっかり落とし、スロットルを開けるところは開けるという、メリハリのあるドライビングが肝心。EVならではの強烈なトルクを活かすために、極力クルマをスライドさせないことも重要です。

ランキング登録期間:2014/04/10 12:00 〜 2014/04/24 12:00
イベント開催期間:2014/04/10 12:00 〜 2014/05/08 12:00

車種制限等:タジマ E-RUNNER パイクスピーク スペシャル (イベント専用車)
タイヤ制限:スポーツ・ソフト(固定)
ナイトロ:装着不可
使用コース:アイガー北壁 ショートコース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'01.0004,300,000ペイントカラー GT PASTELTONE 004-W
シルバー1'03.0002,200,000---
ブロンズ1'08.0001,500,000---
 

Toyota FT-1 Challenge Edit

ニューヨーク国際オートショーへのTOYOTA FT-1の出展を記念したスペシャルイベントです。FT-1で富士スピードウェイGTをアタックし、ブロンズ以上のタイムをマークできればゲーム内で使用できるFT-1をプレゼント!
さらに「フォトトラベル」を使ったスペシャル企画も開催!詳しくは公式サイト「グランツーリスモ・ドットコム」(http://www.gran-turismo.com/)をご確認ください。

ランキング登録期間:2014/04/07 17:00 〜 2014/05/01 12:59
イベント開催期間:2014/04/07 17:00 〜 2014/05/01 12:59

車種制限等:トヨタ FT-1(イベント専用車)
タイヤ制限:スポーツ・ハード
その他制限:スキッドリカバリーフォースOFF
使用コース:富士スピードウェイ GT
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'46.00015,000,000ペイントカラー GT FLUORESCENCE 002-C
シルバー1'49.0009,000,000ペイントカラー GT GUNMETAL 007-W
ブロンズ1'57.0006,000,000トヨタ FT-1
  • 使用するトヨタ FT-1は用意された物を使用する。セッティング不可。
  • 余談だが、今年(2014年)1月下旬から2月上旬(正確には1月14日から2月11日)には本車を使ったこれとは別のシーズナルイベントが開催されていた。(この時は、「北米国際オートショー」出展記念でコースがラグナセカ・レースウェイであった。)ちなみにこの時はタイヤ制限はなかった。また、スキッドリカバリーフォースは自由に設定できた。
  • ちなみに、今回と共通するのは「イベント専用車を使用する」という部分だけである。
  • 前述のシーズナルイベントのプレゼントカーでもあったため、FT-1はガレージから消去してもいいだろう。(悲しいけど)
 

BMW コンセプト 1シリーズ tii スーパーラップ Edit

BMW コンセプト 1シリーズ tiiでのみエントリーできるタイムトライアルです。このクルマはカーディーラーのほか、国内Aクラスのミッションレース、オールゴールドでも獲得できます。舞台は中低速コーナーと全開区間とで編成されたマドリード市街地コース。ここを速く走るためには、加速力と回頭性重視のチューニング&セッティングがポイント。PPだけでなく、トランスミッションをはじめとする駆動系にも気を配りましょう。

ランキング登録期間:2014/03/27 12:00 〜 2014/04/10 12:00
イベント開催期間:2014/03/27 12:00 〜 2014/04/24 12:00

車種制限等:BMW コンセプト 1シリーズ tii
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP480以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マドリード市街地コース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'35.5005,500,000ペイントカラー Matte Brown
シルバー1'38.0002,400,000---
ブロンズ1'45.0002,000,000---
 

スバル インプレッサ スーパーラップ Edit

世界中に熱狂的なファンを持つスバルの4WDスポーツ、インプレッサ(ノーマルカー)でのみ参加できるタイムトライアルです。軽量化で運動性能の底上げを図るか、後半の厳しい上りに備えてパワー重視で挑むかはドライバー次第。加えて、操縦性が問われるステージなので足回りをチューニングするのもオススメです。横転を含め、姿勢が乱れやすいポイントが多いので、ドライビングは慎重に!

ランキング登録期間:2014/03/27 12:00 〜 2014/04/10 12:00
イベント開催期間:2014/03/27 12:00 〜 2014/04/24 12:00

車種制限等:スバル インプレッサ セダン WRX STI'10などスバル インプレッサ(ノーマルカー)各種
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP500以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マッターホルン リッフェルゼー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'21.0006,800,000ペイントカラー GT METALLIC 008-W
シルバー1'24.0003,000,000---
ブロンズ1'30.0002,500,000---
 

フェラーリ FXX スーパーラップ Edit

フェラーリがサーキットモデルのみを念頭に開発したレーシングモデル、フェラーリ FXXで挑戦するタイムトライアル。イベント専用車仕様のため、誰でも参加できます。タイム短縮のポイントは、3つあるシケインの攻略。ブレーキングをギリギリまで我慢するよりも、早めに減速して脱出重視のドライビングを心がけましょう。

ランキング登録期間:2014/03/27 12:00 〜 2014/04/10 12:00
イベント開催期間:2014/03/27 12:00 〜 2014/04/24 12:00

車種制限等:フェラーリ FXX'07(イベント専用車)
タイヤ制限:レーシング・ハード
使用コース:モンツァ・サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'38.0004,300,000ペイントカラー GT JAPANESE 007-W
シルバー1'41.0002,000,000---
ブロンズ1'47.0001,500,000---
 

ルノー スポール クリオR.S スーパーラップ Edit

ルノーのモータースポーツ部門「ルノースポール」が手がけたホットハッチ、クリオ R.S. '11でのみ参加できるタイムトライアルです。
この車はカーディーラーのほか、ノービスクラスのスターコンプリートでも獲得できます。
タイムを縮めるポイントは、チューニングよりも走り方。第1コーナーで必ずインをかすめる走行ラインをとること、そして最終コーナーでは、できるだけ早めに車の向きを変えて全開加速に持ち込むこと。いずれも広いコース幅を有効に使うことが大切です。

ランキング登録期間:2014/03/13 12:00 〜 2014/03/27 12:00
イベント開催期間:2014/03/13 12:00 〜 2014/04/10 12:00

車種制限等:ルノースポール クリオ R.S. '11
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP420以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ブランズハッチ インディサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド0'55.0004,000,000ペイントカラー GT JANANESE 002-C
シルバー0'57.0002,400,000---
ブロンズ1'02.0001,800,000---
 

マツダ ユーノスロードスター/MX-5 スーパーラップ Edit

マツダを代表するライトウェイトFRスポーツ、ユーノスロードスターとMX-5 でのみ参加できるタイムトライアルです。
全開区間が長いコースなので、チューニングをするなら、まずはエンジンのパワーアップが効果的。
それでも大排気量車に比べると控えめなので、そのパワーを有効に使う走り方とセッティングが好タイムをだすカギになります。自分なりのロードスターに仕上げてアタックしてみましょう。

ランキング登録期間:2014/03/13 12:00 〜 2014/03/27 12:00
イベント開催期間:2014/03/13 12:00 〜 2014/04/10 12:00

タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP410以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ケープリンク 南コース

プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'34.0005,000,000ペイントカラー GT GUNMETAL 003-W
シルバー1'36.0002,800,000---
ブロンズ1'42.0002,000,000---
 

テスラモーターズ テスラ ロードスター スーパーラップ Edit

雨上がりの筑波サーキットを舞台にしたタイムトライアルイベントです。
カーディーラーのほか、「国際Sライセンス試験」クリアでも獲得できるモスラモーターズのEVオープンスポーツ、テスラ ロードスターでのみ参加できます。
路面が滑りやすいので、ドライ時よりも早めのブレーキングと丁寧なスロットル操作が求められます。
できるだけ車を横滑りさせないように走ることが好タイムを出す秘訣!

ランキング登録期間:2014/03/13 12:00 〜 2014/03/27 12:00
イベント開催期間:2014/03/13 12:00 〜 2014/04/10 12:00

車種制限等:テスラモーターズ テスラ ロードスター '08
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP477以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:筑波サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'07.0006,000,000ペイントカラー GT OLD GENERATION 002-W
シルバー1'09.0003,500,000---
ブロンズ1'15.0002,500,000---
  • 今回のタイムトライアルは終始路面水量が40%でのアタックとなります。
 

BMW Z4 Challenge オンライン本戦タイムトライアル Edit

「BMW Z4 Challenge」決勝への出場権をかけたオンライン本戦タイムトライアルです。車両のセッティングは不可、スキッドリカバリーフォース・オフは予選同様ですが、装着タイヤがレーシング・ハードへ変更になります。
本イベントはどなたでもプレイできますが、オンラインランキングへ記録を登録できるのは先の予選通過者のみになります。
「BMW Z4 Challenge」についての詳細は、グランツーリスモ・ドットコムをご覧ください。

ランキング登録期間:2014/03/14 15:00 〜 2014/03/31 15:00
イベント開催期間:2014/03/14 15:00 〜 2014/03/31 15:00

車種制限等:BMW Z4 GT3 '11(イベント専用車)
タイヤ制限:レーシング・ハード
使用コース:富士スピードウェイF
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'40.00020,000,000---
シルバー1'43.00012,000,000---
ブロンズ1'52.0008,000,000---
※Z4Winnerタイム 1'38.323
  • 使用するBMW Z4 GT3 '11は用意されたものを使用する。セッティング・スキッドリカバリーフォースの使用共に不可。
  • 前述の通り登録ページにエントリーしていなくても参加できる。但しオンラインランキングには記録されない。
    • 登録ページにエントリーしているも、予選期間のベストタイムは基準タイム(1'37.900)を下回っているプレイヤーは予選落ちの為、オンラインランキングには記録されない。(→予選タイムトライアル参照)
  • ペナルティー判定がものすごく厳しい。恐らく強いに設定されており、予選タイムトライアルのままの気持ちで行くと、一部のコーナーではちょっとしたコースオフでもコースアウト扱いとなってしまい、タイムが無効になってしまいます。したがって、より慎重に運転する必要がありますのでその点は注意してください。(恐らく、これも難しくなっている要因の一つだと考えられます。)
  • 2014年5月3日に行われたSUPER GT Rd.2 Fuji GT300クラスにおけるBMW Sports Trophy Team Studie BMW Z4 GT3の予選タイムは1'38.323 (ドライバー:荒聖治)であった。Z4Winnerは1425名。ランキングと本戦1位のリプレイはこちら
     

プリマス XNR ギア・ロードスター スーパーラップ Edit

2011年のべブルビーチ・コンクール・ド・エレガンスで「グランツーリスモ トロフィー」を受賞したプリマス XNR ギア・ロードスターでのみ参加できるタイムトライアルです。このクルマは、2週目の招待状でオープンする「グッドウッド FoS」のオールゴールドでも獲得可能。ノーマルはギアが3速しかないので、チューニングをするなら、まずはトランスミッション交換がおすすめ。ゴールドをねらうにはコース幅を有効に使い、できるだけ失速させないように走ることが秘訣です。

ランキング登録期間:2014/02/27 12:00 〜 2014/03/13 12:00
イベント開催期間:2014/02/27 12:00 〜 2014/03/27 12:00

車種制限等:プリマス XNR ギア・ロードスター '60
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP430以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ビッグウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'33.0004,500,000ペイントカラー GT POLARIZED 007-P
シルバー1'36.0002,300,000---
ブロンズ1'42.0001,600,000---
 

ランボルギーニ ディアブロ GT2 スーパーラップ Edit

FIA-GT選手権参戦に向けて開発されたディアブロのレース用モデル、GT2でのみ参加できるタイムトライアルです。このクルマはカーディーラーのほか、国際Bクラスのスターコンプリートでも入手できます。中高速コーナーでアンダーが出やすいので、チューニングの第一歩は軽量化がおすすめ。比較的全開区間が長いコースなので、エンジンのパワーアップも効果的です。

ダウンフォースが無い状態になってるのに気付いてない人も多いかもしれませんので一応書いときます。 スリップとか起こしたり上手く曲がれない場合はダウンフォース入れてもいいかもしれません。

ランキング登録期間:2014/02/27 12:00 〜 2014/03/13 12:00
イベント開催期間:2014/02/27 12:00 〜 2014/03/27 12:00

車種制限等:ランボルギーニ ディアブロ GT2
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP580以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:グランバレー・イーストセクション
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'08.0005,500,000ペイントカラー GT METALLIC 007-W
シルバー1'11.0002,600,000---
ブロンズ1'17.0001,800,000---
 

ロータス エリーゼ レースカー スーパーラップ Edit

ロータス エリーゼのレース用モデルでのみ参加できるタイムトライアルです。国際Bクラスのミッションレース、オールゴールドで獲得できるエリーゼ レースカー '96に加え、エリーゼ 111Rレースカー '04でも参加可能。
いずれも強いオーバーステアが出やすいので、運転が難しく感じたらフロントのダウンフォースを小さくする、またはリアを大きくするなど、クルマの前後バランス調整が効果的。闇雲にチューニングするよりも、クルマの特性を掴み乗りこなすことが大切です。

ランキング登録期間:2014/02/27 12:00 〜 2014/03/13 12:00
イベント開催期間:2014/02/27 12:00 〜 2014/03/27 12:00

車種制限等:エリーゼ 111Rレースカー '04エリーゼ レースカー '96
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP530以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ブランズハッチ GPサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'30.0006,600,000ペイントカラー Matte Red
シルバー1'33.0003,000,000---
ブロンズ1'40.0002,100,000---
 

ハイエンドパフォーマンス G37 スーパーラップ Edit

2008年のSEMAショーで「GRAN TURISMO AWARDS SEMA」を受賞した、ハイエンドパフォーマンス G37でのみ参加できるタイムトライアルです。このクルマは「国際Aライセンス」オールゴールドでも獲得できます。舞台がテクニカルコースなので、チューニングをするならパワーアップよりも軽量化が効果的!

ランキング登録期間:2014/02/13 12:00 〜 2014/02/27 12:00
イベント開催期間:2014/02/13 12:00 〜 2014/03/13 12:00

車種制限等:ハイエンドパフォーマンス G37
タイヤ制限:スポーツ・ソフト以下
PP制限:PP560以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ウィロースプリングス ストリートオブウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'14.0005,500,000ペイントカラー GT FLUORESCENCE 001-C
シルバー1'17.0002,500,000---
ブロンズ1'22.0001,900,000---
 

ライトカーカンパニー ロケット スーパーラップ Edit

まるでフォーミュラカーのようなフォルムを持つスポーツカー、ライトカーカンパニー ロケットでのみ参加できるタイムトライアルです。このクルマは、最初の招待状でオープンする「グッドウッド FoS」のオールゴールドでも獲得可能。コースに対してギア比がショートなので、チューニングの第一歩はトランスミッション交換がおすすめです。

ランキング登録期間:2014/02/13 12:00 〜 2014/02/27 12:00
イベント開催期間:2014/02/13 12:00 〜 2014/03/13 12:00

車種制限等:ライトカーカンパニー ロケット
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP590以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:鈴鹿サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'13.0005,200,000ペイントカラー GT GUNMETAL 006-W
シルバー2'16.0002,300,000---
ブロンズ2'25.0001,800,000---
 

三菱 ランサーエボリューション スーパーラップ Edit

三菱を代表する4WDスポーツセダン、ランサーエボリューション(ノーマルカー)でのみ参加できるタイムトライアルです。雪用スパイクタイヤの装着必須。タイムを短縮するには、できるだけ横滑りさせないことが大切。派手なドリフトよりも、4WDのトラクションの良さを活かした走りを!

ランキング登録期間:2014/02/13 12:00 〜 2014/02/27 12:00
イベント開催期間:2014/02/13 12:00 〜 2014/03/13 12:00

車種制限等:ランサー エボリューション X GSR P.P. '07などランサーエボリューション(ノーマルカー)各種
タイヤ制限:雪用スパイクタイヤ
PP制限:PP480以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:シャモニー・イースト
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'21.0006,000,000ペイントカラー GT POLARIZED 002-P
シルバー1'24.0002,700,000---
ブロンズ1'30.0002,100,000---
  • 上位はランサーエボリューションVIII RS'03が独占している
 

BMW Z4 Challenge オンライン予選タイムトライアル Edit

「BMW Z4 Challenge」本戦への出場権をかけたオンライン予選タイムトライアルです。
車両はセッティング不可、スキッドリカバリーフォース・オフでのアタックになります。
タイムトライアルを走り、オンラインランキングにタイムを登録された方全員に、特別限定カラーのBMW M4 クーペが贈られます。
「BMW Z4Challenge」の詳細は、グランツーリスモ・ドットコムをご覧ください。公式概要ページ(グランツーリスモ.com)

ランキング登録期間:2014/02/18 15:00 〜 2014/03/11 15:00
イベント開催期間:2014/02/18 15:00 〜 2014/03/11 15:00

車種制限等:BMW Z4 GT3 '11 (イベント専用車)
使用コース:富士スピードウェイF
タイヤ制限:レーシング・ソフト
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'39.00016,000,000---
シルバー1'43.00011,000,000---
ブロンズ1'52.0008,000,000---
※予選通過タイム:1'37.900(後述)

2月28日にオンライン予選期間が延長されました。

3月6日にルール改正が実施されました。
理由:予選通過基準タイムとなるBMW Z4 GT3のシェイクダウン実施日が、車両輸送の都合により当初予定の3月6日から3月13日へと変更となったためです。しかし、シェイクダウン予定だった3月13日にも車両輸送が間に合わなくなったためルール変更が実施されました。なお、終了日の変更はなく、これまでどおり3月11日に終了となります。
期間以外の予選の内容や、以降のオンライン本戦に変更はありません。

オンラインランキングにタイムを登録された方全員にM4 クーペ Frozen Black Metallicをプレゼント。本戦開催同時に配信する予定。

プレゼントカーの配信タイミングについて
オンライン予選参加者の皆様全員に『グランツーリスモ6』内でプレゼントされる特別カラー「BMW M4クーペ Frozen Black Metalic」は、3月14日(金)15:00のオンライン本戦開始と同時に配信予定です。

  • 下記条件のいずれか1つをクリアした者全員に本戦への参加権が付与される。
    ・最終順位1000位以内に入る。
    ・「BMW Sports Trophy Team Studie」のドライバーである荒聖治選手にオンライン予選タイムトライアルに参加いただき、荒選手のタイムを上回っていた皆様が予選通過となります。荒選手のタイムは1分37秒900です。(3月13日に発表された。)(3月6日からの新ルールだった。)
  • 使用するBMW Z4 GT3 '11 は用意されたものを使用する。セッティング・スキッドリカバリーフォースの使用共に不可。
  • 予選通過者は、合計8917人。
 

メルセデス・ベンツ AMG VGT レーシングシリーズ スーパーラップ Edit

メルセデス・ベンツ AMG ビジョン グランツーリスモをさらにチューニングしレース仕様に仕立て上げた、メルセデス・ベンツ AMG *メルセデス・ベンツ AMG VGT レーシングシリーズ ビジョン グランツーリスモ グランツーリスモレーシングシリーズで挑戦するタイムトライアルイベントです。ゴールドプライズ達成に加え、タイム計測を行うだけで豪華プレゼントが贈られます。

ランキング登録期間:2014/01/28 13:00 〜 2014/02/11 13:00
イベント開催期間:2014/01/28 13:00 〜 2014/02/25 13:00

車種制限等:メルセデス・ベンツ AMG VGT レーシングシリーズ (イベント専用車)
使用コース:マウントパノラマ・モーターレーシング・サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'07.0008,000,000ペイントカラー GT METALLIC 005-W
シルバー2'10.0004,000,000---
ブロンズ2'18.0002,000,000---
 

シボレー コルベット スティングレイ GT コンセプト スーパーラップ Edit

"サーキット走行とデイリーコースの両立"をテーマにチューニングされた、コルベットスティングレイ グランツーリスモ コンセプトで挑戦するタイムトライアルイベントです。ゴールドプライズ達成に加え、タイム計測を行うだけで豪華プレゼントが贈られます。

ランキング登録期間:2014/01/28 13:00 〜 2014/02/11 13:00
イベント開催期間:2014/01/28 13:00 〜 2014/02/25 13:00

車種制限等:コルベット スティングレイ グランツーリスモ コンセプト '13 (イベント専用車)
使用コース:ロードコース・デイトナ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'02.0007,000,000ペイントカラー GT MILITARY 001-C
シルバー2'06.0004,500,000---
ブロンズ2'13.0002,200,000---
 

ジャガー XKR-S スーパーラップ Edit

ジャガー最強のスポーツクーペとも言われるXKR-Sによるタイムトライアル。ジャガー XKR-Sは、国際Bクラスのハーフスターでも獲得可能です。もともとパワフルなクルマながらも全開率が高いコースが舞台なので、チューニングするなら、やはりパワーアップが得策。コーナーに比重を置くなら、足回りの強化&軽量化もオススメ。

ランキング登録期間:2014/01/30 12:00 〜 2014/02/13 12:00
イベント開催期間:2014/01/30 12:00 〜 2014/02/27 12:00

車種制限等:XKR-S'11
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP560以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ローマ市街地コース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'16.5005,200,000ペイントカラー GT PASTELTONE 001-C
シルバー1'19.0003,200,000---
ブロンズ1'26.0001,800,000---
 

トヨタ 86 GT スーパーラップ Edit

トヨタ人気のFRスポーツカー、86 GTでのみ参加できるタイムトライアルです。15thアニバーサリーエディションでも参加可能。非力なエンジンのパワーアップは有効ながらも、その分、乗りやすさが犠牲になりやすいので慎重に。テクニカルコースなので慣れないうちはチューニングよりもコースの習熟度を上げることに専念しよう。コース幅を有効に使うことがポイント!

ランキング登録期間:2014/01/30 12:00 〜 2014/02/13 12:00
イベント開催期間:2014/01/30 12:00 〜 2014/02/27 12:00

車種制限等:86 GT86 GT 15th Anniv'12
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP450以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:トライアルマウンテン・サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'40.0005,000,000ペイントカラー GT JAPANESE 006-C
シルバー1'44.0003,000,000---
ブロンズ1'52.0001,800,000---
 

トヨタ FT-1 スーパーラップ Edit

「北米国際オートショー2014」で初披露されたトヨタのコンセプトモデル、FT-1で挑むタイムトライアルイベントです。
ブロンズ以上で豪華プレゼントが贈られます。

ランキング登録期間:2014/01/14 13:00 〜 2014/01/28 13:00
イベント開催期間:2014/01/14 13:00 〜 2014/02/11 13:00

車種制限等:FT-1 (イベント専用車)
使用コース:ラグナセカ・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'35.0007,000,000ペイントカラー GT JAPANESE 010-W
シルバー1'38.0003,500,000ペイントカラー GT POLARIZED 006-P
ブロンズ1'50.0001,500,000トヨタ FT-1
  • 使用するFT-1は用意された物を使用する。セッティング不可。
 

BMW M4クーペ スーパーラップ Edit

「北米国際オートショー2014」でワールドプレミアとなったBMWの最新モデル、BMW M4クーペで挑むタイムトライアルイベントです。
ブロンズ以上で豪華プレゼントが贈られます。

ランキング登録期間:2014/01/14 13:00 〜 2014/01/28 13:00
イベント開催期間:2014/01/14 13:00 〜 2014/02/11 13:00

車種制限等:M4 クーペ (イベント専用車)
使用コース:ウィロースプリングス ビッグウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'26.0007,000,000ペイントカラー Matte Light Gray
シルバー1'29.0004,000,000ペイントカラー GT POLARIZED 010-P
ブロンズ1'37.0002,000,000BMW M4クーペ
  • 使用するM4 クーペは用意された物を使用する。セッティング不可。
  • プレゼントのBMW M4クーペは以前のイベントで入手していても再びもらえる。
 

フォルクスワーゲン シロッコR スーパーラップ Edit

ヨーロピアンFFスポーツの最高峰、フォルクスワーゲン シロッコRでのみ参加できるタイムトライアルです。
シロッコRは「国際B級ライセンス試験」クリアでも入手できます。ゴールドプライズで素敵なプレゼントも用意。
このステージで好タイムを記録するには、広いコース幅を有効に使って平均速度を上げることが大切。グラベルにタイヤを落とすくらい攻め込もう!

ランキング登録期間:2014/01/16 12:00 〜 2014/01/30 12:00
イベント開催期間:2014/01/16 12:00 〜 2014/02/13 12:00

車種制限等:シロッコ R '10
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP460以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ディープフォレスト・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'30.0005,000,000ペイントカラー Matte Pink
シルバー1'33.0002,200,000---
ブロンズ1'39.0001,300,000---

KTM X-BOW ストリート スーパーラップ Edit

KTMが誇るミッドシップスポーツカー、X-BOW ストリートでのみ参加できるタイムトライアルです。
X-BOW ストリートは「国内A級ライセンス試験」オールゴールドでも入手可能。もちろん、ゴールドプライズで素敵なプレゼントも。
回頭性に優れるX-BOWは、ステアリングを切りすぎないことがドライビングのポイント。切りすぎるとオーバーステアによって姿勢を乱しやすくなるので要注意!

ランキング登録期間:2014/01/16 12:00 〜 2014/01/30 12:00
イベント開催期間:2014/01/16 12:00 〜 2014/02/13 12:00

車種制限等:X-BOW ストリート '12
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP540以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アイガー北壁 ショートコース
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'10.0005,500,000ペイントカラー GT CHROME 009-N
シルバー1'12.0002,500,000---
ブロンズ1'17.0001,700,000---
 

アキュラ NSX スーパーラップ Edit

'90年代を代表するミッドシップスポーツカー、NSX(市販モデル)でのみ参加できるタイムトライアルです。
アキュラ NSXは国内Bクラスのスターコンプリートでも入手できます。ゴールドプライズで素敵なプレゼントも用意。
NSXでテクニカルコースを走るポイントは、オーバーステアを出さないようドライビングすること。ステアリングの切りすぎとラフなスロットル操作は特に注意!

ランキング登録期間:2014/01/16 12:00 〜 2014/01/30 12:00
イベント開催期間:2014/01/16 12:00 〜 2014/02/13 12:00

車種制限等:NSX(市販車) タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP470以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アスカリ フルトラック
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'33.0006,300,000ペイントカラー GT POLARIZED 003-P
シルバー2'36.0003,200,000---
ブロンズ2'48.0002,300,000---
  • イベント名は"アキュラNSX"とあるが、市販モデルならホンダ、アキュラを問わず参戦可能。
  • ランキング上位陣はNSX Type R '02が多数を占めている。
 

ランチアデルタ HF インテグラーレ エボルツィオーネ スーパーラップ Edit

かつて世界ラリー選手権を席巻したイタリアはランチアの名車、デルタでのみ参加できるタイムトライアルです。
ランチア デルタはカーディーラーのほか、国内Bクラスのハーフスターで獲得することも出来ます。
ゴールドプライズを目指してスーパーラップを刻もう!

ランキング登録期間:2014/01/02 12:00 〜 2014/01/16 12:00
イベント開催期間:2014/01/02 12:00 〜 2014/01/30 12:00

車種制限等:デルタ HF インテグラーレ エボルツィオーネ '91
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP450以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:筑波サーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'10.00043,000,000ペイントカラー GT CHROME 003-W
シルバー1'13.00024,000,000---
ブロンズ1'18.0008,000,000---
 

ホンダ S2000 スーパーラップ Edit

ホンダ唯一のFRスポーツ、S2000でのみ参加できるタイムトライアルです。
S2000は「国内A級ライセンス試験」クリアでも入手できます。ゴールドプライズで素敵なプレゼントも。
S2000のような後輪駆動車はスロットルコントロールが肝心。一気に踏み込むと姿勢を乱す原因になるので、後輪が横滑りしないように、徐々にスロットルを踏み込もう!

ランキング登録期間:2014/01/02 12:00 〜 2014/01/16 12:00
イベント開催期間:2014/01/02 12:00 〜 2014/01/30 12:00

車種制限等:ホンダ S2000(市販車のみ)
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP470以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マッターホルン ローテンボーデン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'00.00057,000,000ペイントカラー GT POLARIZED 004-P
シルバー2'03.00036,000,000---
ブロンズ2'20.00012,000,000---
 

15周年アニバーサリーカー スーパーラップ Rd.3 Edit

「グランツーリスモ」シリーズ15周年を記念したアニバーサリーカーでのみ参加できるスペシャルタイムトライアルイベントです。
初期PPが出場ルールのPP631を大きく下回る場合、チューニングを施してもターゲットタイムの達成が難しい場合があります。
ゴールドプライズ目指してスーパーラップを刻もう!

ランキング登録期間:2014/01/02 12:00 〜 2014/01/16 12:00
イベント開催期間:2014/01/02 12:00 〜 2014/01/30 12:00

車種制限等:15th Annivシリーズ
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP631以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:スパ・フランコルシャン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'15.00066,000,000ペイントカラー Matte dark sliver
シルバー2'20.00040,000,000---
ブロンズ2'35.00014,000,000---
  • 上位はR18 TDIがほぼ独占。
  • 初回限定版を持っていない場合は"早期購入特典"のSRT バイパーが最後の手段になる。限界までチューンすればゴールドならかろうじて手が届くので諦めず頑張ろう(筆者はAT+パッドでゴールドを獲得した)。
     

Mario Andretti's 1948 ハドソン スーパーラップ Edit

アメリカのスタードライバー、マリオ・アンドレッティがレースキャリアをスタートさせた最初の一台、Mario Andretti's 1948 ハドソンにスポットをあてた1ヶ月間限定のスペシャルイベントです。
ブロンズ以上でビッグなプレゼントが!

ランキング登録期間:2013/12/19 17:00 〜 2014/01/17 17:00
イベント開催期間:2013/12/19 17:00 〜 2014/01/17 17:00

車種制限等:マリオ・アンドレッティーズ 1948 ハドソン (イベント専用車)
使用コース:ウィロースプリングス ストリートオブウィロー
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'33.00055,000,000ペイントカラー Matte Yellow
シルバー1'36.00038,000,000ペイントカラー GT POLARIZED 005-P
ブロンズ1'43.00011,000,000マリオ・アンドレッティーズ 1948 ハドソン
 

アルファロメオ ミト 1.4T スポーツ スーパーラップ Edit

アルファロメオのキュートなコンパクトスポーツ、ミト 1.4 T スポーツ '09でのみ参加できるタイムトライアルです。
ミトは「国内B級ライセンス試験」オールゴールドで入手することもできます。もちろん、ゴールドプライズで素敵なプレゼントも用意。
終盤の連続コーナーをリズミカルに抜けてスーパーラップを目指そう!

ランキング登録期間:2013/12/19 12:00 〜 2014/01/02 12:00
イベント開催期間:2013/12/19 12:00 〜 2014/01/16 12:00

車種制限等:ミト 1.4 T スポーツ '09
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP400以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:シルバーストン ストウサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'03.50040,000,000ペイントカラー GT CHROME 010-W
シルバー1'06.00027,000,000---
ブロンズ1'13.0009,000,000---
 

15周年アニバーサリーカー スーパーラップ Rd.2 Edit

「グランツーリスモ」シリーズ15周年を記念したアニバーサリーカーでのみ参加できるスペシャルタイムトライアルイベントです。
初期PPが出場ルールのPP550を大きく上回る場合、パワーリミッター(パワー系)やバラスト(ボディ系)等で
デチューンすることで参戦できます。ゴールドプライズ目指してスーパーラップを刻もう!

ランキング登録期間:2013/12/19 12:00 〜 2014/01/02 12:00
イベント開催期間:2013/12/19 12:00 〜 2014/01/16 12:00

車種制限等:15th Annivシリーズ
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
PP制限:PP550以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:アプリコットヒル・レースウェイ
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'22.50065,000,000ペイントカラー Matte Blue
シルバー1'25.00043,000,000---
ブロンズ1'35.00012,000,000---
  • 上位はR18 TDIHSV-010の2台が争っている状態。
  • 中高速コーナー主体なのでコーナリング性能に優れる上の2台がオススメ。
 

BMW M4クーペ スーパーラップ Edit

BMW M4クーペのアンヴェイルを記念したタイムトライアルイベントです。
さらにスポーティーに進化した最新モデルで、限界まで攻め込もう!ゴールドプライズ獲得で素敵なプレゼントが贈られます。

ランキング登録期間:2013/12/12 08:00 〜 2014/01/12 12:00
イベント開催期間:2013/12/12 08:00 〜 2014/01/12 12:00

車種制限等:M4 クーペ (イベント専用車)
使用コース:ニュルブルクリンク GP/F
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド2'18.0005,000,000ペイントカラー Matte Light Red
シルバー2'20.0003,500,000ペイントカラー GT CHROME 05-C
ブロンズ2'30.0001,500,000M4 クーペ
  • 使用するM4クーペは用意された物を使用する。セッティング不可。
     

ホンダ フィット RS スーパーラップ Edit

ホンダを代表するコンパクトカー、フィット RS'10で挑戦する、グランツーリスモアリーナ・Aレイアウトのタイムトライアルイベントです。
低速コーナーを素早くクリアしてスーパーラップを目指せ!ゴールドプライズ獲得で素敵なプレゼントが贈られます。

ランキング登録期間:2013/12/05 10:00 〜 2013/12/19 12:00
イベント開催期間:2013/12/05 10:00 〜 2014/01/02 12:00

車種制限等:フィット RS '10
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP380以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:グランツーリスモアリーナ・Aレイアウト
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド0'35.500500,000ペイントカラー GT POLARIZED 001-P
シルバー0'37.000350,000---
ブロンズ0'39.000150,000---
 

15周年アニバーサリーカー スーパーラップ Rd.1 Edit

「グランツーリスモ」シリーズ15周年を記念したアニバーサリーカーでのみ参加できるスペシャルタイムトライアルイベントです。
初期PPが出場ルールのPP450を大きく上回る場合、パワーリミッター(パワー系)やバラスト(ボディ系)等で
デチューンしても参加できない場合があります。ゴールドブライズ目指してスーパーラップを刻もう!

ランキング登録期間:2013/12/05 10:00 〜 2013/12/19 12:00
イベント開催期間:2013/12/05 10:00 〜 2014/01/02 12:00

車種制限等:15th Annivシリーズ
タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
PP制限:PP450以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:ブランズハッチ インディサーキット
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'00.000900,000ペイントカラー Matte Light Green
シルバー1'02.000400,000---
ブロンズ1'05.000200,000---
 

メルセデス・ベンツ AMG VGT スーパーラップ Edit

ビジョン グランツーリスモ第1弾、メルセデス・ベンツ AMG ビジョン グランツーリスモで挑戦する、マッターホルン ドリスタレンのタイムトライアルです。
急勾配が連続する高速コースをどう攻めるのか!?ゴールドプライズ獲得で素敵なプレゼントが贈られます。

ランキング登録期間:2013/12/05 10:00 〜 2013/12/19 12:00
イベント開催期間:2013/12/05 10:00 〜 2014/01/02 12:00

車種制限等:メルセデス・ベンツ AMG VGT
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
PP制限:PP584以下
ナイトロ:装着不可
使用コース:マッターホルン ドリスタレン
プライズ目標タイム賞金 Cr.賞品
ゴールド1'13.0001,250,000ペイントカラー GT CHROME 006-W
シルバー1'15.000750,000---
ブロンズ1'20.000500,000---




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-28 (水) 14:19:04 (601d)