Top > ガヤルド LP 560-4 '08
分類性能
メーカーランボルギーニ総排気量5,204ccPP546
国籍イタリア最高出力560PS/8,000rpm全長4,345mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク55.1kgfm/6,500rpm全幅1,900mm
モデル高品質駆動形式4WD(35:65)全高1,165mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,410kg/44:56
内装再現PWR2.51kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.25,330,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンダート走行不可
+  ←カラーバリエーションを表示

ガヤルド.jpg

  • ジャルパの後継モデルとして2003年のジュネーブショーで発表、同年に販売が開始されたスポーツカーがガヤルドである。
    車名は闘牛にちなむというランボルギーニの伝統に則り、18世紀スペインの闘牛飼育家フランシスコ・ガヤルドから取られた。
    なお、現地の発音では「ガイヤルド」の方が近い模様で、またイタリア語では「ガラルド」という発音になる。
  • 開発には親会社であるアウディの影響を多く受けており、エンジン・メインフレーム等はアウディ・R8との共通点が多い。
    しかし4WDシステムは複雑な制御で知られるアウディ製クワトロシステムではなく、一般的なビスカスカップリング式のセンターデフを採用。
    また、ランボルギーニ車の特徴である跳ね上げ式のドアでなく一般的な前ヒンジドアを採用し、Hパターンの3ペダルMTが廃止された点も特徴。
    2005年モデルからは実用性を向上させる為にフロント部車高を上昇させる事が可能となっており、車高を上げた状態でも70km/hで走行できる。
  • 搭載するV10エンジンは排気量を5.2Lに拡大・最高出力560PSまで強化され、各部にも細かな軽量化が施される等、スポーツ性能が高められた。
    収録モデルは2008年にマイナーチェンジを行い、レヴェントンの意匠を反映した外装となった中期型で、『LP560-4』は新グレードにあたる。
  • モータースポーツに於いてもGT3仕様が開発・活躍していたガヤルドだが、2013年11月に生産を終了。翌月に後継車のウラカンが発表された。
    ガヤルドの総生産台数は1万4022台と当時の歴代ランボルギーニ車では最多で、累計生産台数の約半分を本車が占める大ヒット車両となった。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-05-13 (月) 13:55:33 (42d)