Top > A310 1600VE '73
分類性能
メーカーアルピーヌ総排気量1,605ccPP359
国籍フランス最高出力125PS/6,250rpm全長4,180mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク15.1kgfm/5,300rpm全幅1,640mm
モデル簡易駆動形式RR全高1,160mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量930kg/42:58
内装簡易PWR7.44kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,300,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • WRCで大成功を収めたA110の後継機として、1971年に登場したスポーツカー。
    フレーム形式・駆動形式・構成素材いずれもA110を受け継いでいるが、実際にはグランドツーリングとしての性格が強い。
    それに加えA110も根強い人気を持っていた事から、1977年までの6年間もの間並行販売されていた。
    収録モデルは初期の1600VEだが、バリエーションとして73年に追加された1600VF、75年に追加された1600VGが存在する。
  • 76年にはフロントを中心にデザインを変更し、2.7リッターのV型6気筒エンジンを搭載したシリーズ2が登場している。
    シリーズ1がA110と並行販売されており、またA110の生産終了直前に登場した事から、生産台数・知名度共にシリーズ2の方が上である。
    特に日本国内では輸入台数の少なさもあってシリーズ1の知名度はかなり低く、国内におけるA310とは基本的にシリーズ2の事を指す。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-17 (日) 13:56:53 (1617d)