Top > シルビア spec-R エアロ (S15) '02
分類性能
メーカー日産総排気量1,998ccPP433
国籍日本最高出力250PS/6,400rpm全長4,445mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク28.0kgfm/4,800rpm全幅1,695mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,285mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,240kg/55:45
内装再現PWR4.96kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,560,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
  • 備考:フラットフロア装着可能
+  ←カラーバリエーションを表示

S15.jpg

  • 先代S14型(後期型)のデザインと手軽なスポーツカーの路線を引き継ぎ、1999年に登場した7代目シルビア(S15型)。
    先代までと違い欧米市場には輸出されず、極少数がオーストラリアとニュージーランドに輸出されるに留まった。
    なお、S13型ながらS14型シルビアと併売され続けていた180SXは本車両の登場に合わせて生産終了となっている。
  • S14型で3ナンバー枠へと拡大されていたボディを再び5ナンバー枠に戻し、軽快さを強調した事が最大の変更点。
    プラットフォームやSR20型エンジンは2代前のS13型の継承だが、改良や剛性の強化を行い走行性能が更に向上。
    内装も運転席側Aピラーに簡易ブースト計または油圧計を配置する等、スポーティさが総じて大きく高められた。
  • グレード名はトランプを基調としていた先代までと異なり、NAは「spec-S」、ターボは「spec-R」へ刷新された。
    spec-Rはカタログ値ながら最高出力は250PSにまで向上、新たにアイシンAI製の6速MTやヘリカルLSDを採用した。
    収録モデルの「spec-R AERO」はspec-Rにリアスポイラー等のエアロパーツを追加装備した上位グレードである。
  • スカイラインGT-R等の他の国産スポーツカーと同じくS15型も平成12年排ガス規制を受け、2002年に生産終了。
    これによりシルビアは37年間の歴史に幕を閉じ、同年発売のZ33型フェアレディZが事実上の後継車となった。

+  余談

+  レース活動

+  派生モデルの解説

+  GTシリーズでは




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-09 (木) 21:11:47 (25d)