Top > クワトロ S1 ラリーカー '86
分類性能
メーカーアウディ総排気量2,142ccPP543
国籍ドイツ最高出力476PS/7,500rpm全長4,240mm
カテゴリラリーカー/WRC-グループB最大トルク48.9kgfm/5,500rpm全幅1,860mm
モデル高品質駆動形式4WD(35:65)全高1,344mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,090kg/50:50
内装再現PWR2.28kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.145,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキットのみ可

クワトロGB.jpg

  • 無敵を誇っていたアウディが、その優位性を保つために、クワトロA1/2(未収録)の後継として開発したのが「スポーツ クワトロ」である。
    本車は85年のラウンド5より投入された「S1」であり、更に同年のラウンド12に投入された後期型が収録モデルにあたる。
    シフトノブにクラッチセンサーがあるセミATを装備し、ボディはウィング・フェンダー・スポイラーを大型化して空力を重視・強化してある。
    エンジンはミスファイアリングシステムを備えた改良型であり、初期でさえ390馬力、中期はこの476馬力、末期には何と600馬力を超えていた。
  • しかし、その優位性は長くは続かなかった・・・というより既に存在していなかった。
    84年後期の時点で既にミッドシップ4WDのプジョー205T16が制しており、アウディはこれの前には歯が立たなかった。
    85年のWRCは、全12ラウンドの内7ラウンドを205が制し、アウディはラウンド10、ラリー・サンレモの僅か1勝しかできなかった。
    86年に至っては205T16E2デルタS4の完全な一騎打ち状態となり、優勝はおろか3位入賞すら困難、同じ土俵にすら立てなくなっていた。
    スポーツクワトロは205T16E2やデルタS4と比較し、ボディサイズ・車重・重量配分・フロントレイアウトとあらゆる点で劣っており、グループBのあまりにも急激な進化の前には無力であった。
  • この時アウディは、来たるグループSに備えて「スポーツ クワトロ RS002」を開発していた。
    しかし、度重なるグループBの死傷事故によりグループB/Sは急遽廃止、WRCはグループAに移る事となり、結果としてRS002も数台の試作車を残して開発中止となった。
    その後アウディはしばらくは参戦し続けていたが、次第に消極的になり、92年を最後にWRCより撤退した。

+  余談



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-04 (木) 20:47:16 (1079d)