Top > R8 4.2 FSI R トロニック '07
分類性能
メーカーアウディ総排気量4,163ccPP516
国籍ドイツ最高出力420PS/7,800rpm全長4,431mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク43.9kgfm/4,500-6,000rpm全幅1,904mm
モデル高品質駆動形式4WD(35:65)全高1,249mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,560kg/45:55
内装再現PWR3.71kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.16,670,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:不可
ペイントを施してもエアインテークは塗装されない
プレゼント---チューンダート走行不可
デフォルトでダウンフォースが存在(100:200、調整不可)
+  ←カラーバリエーションを表示

R8トロ.jpg
  • ↓アクティブエアロシステム:高速走行時に作動する
R8トロW.jpg

  • 2006年にデビューしたR8は、ル・マンで輝かしい戦績を残したR8 LMの名を受け継いだスポーツカーである。
    2003年のフランクフルトショーに登場したコンセプトカー「ルマン クワトロ」がプロトタイプとされている。
  • 搭載エンジンはR8 LM直系の技術が投入された4.2LのV8エンジン、直噴仕様で環境にも(多少は)配慮した構成となっている。
    現代の目で見れば出力自体に驚きはないものの、ホワイトボディの重量が210kgという驚異的な軽さを実現した。
    エンジンはミッドシップに搭載され、アウディお得意のクワトロシステムによるフルタイム4WDで路面を捉える。
    トランスミッションはR tronicと呼ばれるセミATのみであったが、後に6速MTも追加されている。
    また、子会社であるランボルギーニのスポーツカー「ガヤルド」と共通部分が多いのも特徴とされている。
  • R8が登場した当初から、プロトタイプモデルのルマン クワトロに搭載されていたエンジンがV10ツインターボであった事、先に発売されたガヤルドがアウディの影響を強く受けているモデルである事、R8のエンジンルームに空きが存在する事等から、V10エンジン仕様の追加が噂されていた。
  • そして、2009年のデトロイトショーでは大方の予想通り、R8のV10エンジン搭載モデルである「R8 5.2 FSI クワトロ」が発表された。
    その後2010年に5.2スパイダーが追加され、2013年には4.2、5.2、5.2スパイダー共に7速DSGのS Tronicに変更された。
  • R8は一日20台生産され、ほとんどが熟練工による手作業で製造されている。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-09-12 (木) 19:19:45 (9d)