Top > GT350 '65
分類性能
メーカーシェルビー総排気量4,272ccPP454
国籍アメリカ最高出力310PS/6,000rpm全長4,613mm
カテゴリノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク45.4kgfm/4,200rpm全幅1,732mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,326mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,270kg/54:46
内装再現PWR4.11kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.5,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
ノーストライプモデルにペイントを施すとRacing Stripesが出現する
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

GT350.jpg

  • レース参戦を目的とするユーザー向けに少数生産された、ホモロゲモデルである。
    ベース車両の初代マスタングをレース適用のため、ボンネットはFRP、レース用LSD、サスペンションもレース用に強化されたものを、さらにエンジンは289キュービックインチ(=約4.7L)のフォードウィンザーエンジンのハイパフォーマンスバージョンを装備。このユニットはマスタングのオプション用エンジンをベースにシェルビーアメリカンがさらにチューニング。通常の289ciエンジンよりも高回転で、最高出力は309馬力/6000rpmまでチューニングされた。
  • さらに細かいところでは、遮音材、制振材、ヒーター、パワーステアリングなど快適性を求めるものは一切排除し、軽量化のためアルミケースのトランスミッションや、重量配分などを考慮してバッテリーがトランクに、スペアタイアが車内に移動した。またホモロゲーションが2座席車であったことなどから、リアシートは取り除かれていた。
  • 外見的なマスタング・ファストバックとの差は、フロントグリルおよびサイドのバッジとボンネット中央のフードシェイカー。リアの中央にある給油口もコブラのエンブレムがある。色は白地のみで、オプションで青ストライプを入れることが可能。
  • ここまで徹底したモディファイがなされていただけあってレースシーンでは華々しい結果を残したが、必要以上にレース志向に傾いていた市販モデルは評判が悪くなってしまい、1966年式では一般ユーザーにも受け入れられるよう、快適性の向上が図られた。
    エクステリアの違いはボディカラーの選択が可能になっていたり、サイドクォーターがウインドウ化されたりした程度だが、中身の面では足回りやドライブトレインのスパルタンなパーツをオプションに変更したり、オプションでエアコンやラジオ、オートマチックトランスミッションが用意されたり、折りたたみ式リアシートが設置されるなど、快適性をアピールしたものになっていた。

+  派生モデルの解説

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-18 (金) 07:40:26 (94d)