Top > WSR, 1983 アイルトン・セナ
分類性能
メーカーアイルトン・セナ総排気量2,000ccPP551
国籍PDI最高出力---PS/---
(167PS/6,000rpm)
全長---mm
カテゴリフォーミュラカー/FIA-フォーミュラ3最大トルク---kgfm/---
(21.9kgfm/5,000rpm)
全幅---mm
モデル高品質駆動形式MR全高---mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量---kg(455kg)/46:54
内装再現PWR2.72kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.100,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼントアイルトン・セナ トリビュートチューン全項目チューン不可

セナF3.jpg

  • アイルトン・セナが1983年のイギリスF3選手権を戦った時のマシン。
    車名の「WSR」はセナが所属していたレーシングチーム「West Surrey Racing」の略名である。
  • この車両は世界各地で開催されたFIA-F3選手権用のマシンでシャーシとエンジンのメーカーから「ラルト トヨタ RT3」と呼ばれている。
    シャーシは英国のラルト製Ralt RT3/83で、それにTA22型セリカ等に積まれる2T-G型直列4気筒エンジンをレーシングエンジンにチューンされたものが組み合わされた。
    なお、このラルトシャーシ+TOYOTAエンジンの組み合わせは1983年のイギリスF3選手権で大多数の有力チームが採用していた組み合わせである。
  • セナは1983年のイギリスF3選手権で20戦中12勝を記録し王座に輝いている。

+  West Surrey Racingについて




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-23 (木) 13:44:08 (1369d)