Top > MR2 GT-S '97
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,998ccPP435
国籍日本最高出力245PS/6,000rpm全長4,170mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク31.0kgfm/4,000rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,235mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,270kg/44:56
内装簡易PWR5.14kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,713,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1989年10月、国産初のミッドシップであるMR2は初のモデルチェンジを行い、SW20型となった。
  • エンジンは2L直4の3S型。ターボモデル「GT」系に搭載される3S-GTE型は、高出力化の為に吸気ポートやバルブ等を強化。
    ターボシステムも4つのシリンダーからの排気を二分して導入する「ツインエントリー・セラミックターボ」を開発し採用。
    当時の他のターボエンジンと比べて鋭い反応を実現し、2Lクラスではトップクラスの最高出力225PS(当初)を発生させた。
  • SW20はモデルライフ中に4回のマイナーチェンジを受けており、I型〜V型が存在する。
    発売当初のI型ではエンジンパワーに対して足回りやブレーキが負けており、どのモデルも非常にピーキーな車になっていた。
    収録モデルは最終型のV型で、エアロパーツの変更、シャシーや足回りの強化・熟成により、そのピーキーさを大きく改善。
    リアスポイラーも3段階調整式へと変更、トランク周辺の補強も行った事でリアの接地性やボディ剛性も更に向上している。
  • SW20はレースに於いても活躍し、1996年後半〜99年まで全日本GT選手権のGT300クラスに複数のチームから参戦していた。
    1995年〜97年にル・マンのGT1やBPRに参戦した「MC8R」も本車がベースだが、関連性は外装が一部共通する程度と薄い。
  • 1999年に後継車のMR-Sにバトンタッチし生産終了。SW20型の生産年数はMR2シリーズで最長となる約10年であった。

+  派生モデルの解説




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-27 (水) 02:31:50 (5d)