Top > MR2 GT-S '97
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,998ccPP435
国籍日本最高出力245PS/6,000rpm全長4,170mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク31.0kgfm/4,000rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,235mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,270kg/44:56
内装簡易PWR5.14kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,713,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • セリカ譲りの3S-GTEエンジンを搭載しスポーツカーに相応しいさらなる高出力を実現するため、吸気ポートやバルブ径、バルブタイミング、バルブリフトが最適化され225psを発生させた。当時2.0Lクラスでこの出力はトップクラスであった。
    ターボシステムも4つのシリンダーからの排気を二分して導入する「ツインエントリー・セラミックターボ」を独自開発し採用。当時の他のターボエンジンと比べて鋭いレスポンスを実現した。この技術は後にセリカにも採用されWRCを席捲することとなる。
    III型以降はさらに出力を向上させ245psとなりMR2を2Lクラス最速の座へ君臨することになる。最終モデルである昂燭任魯ルディナのパーツが流用され260psを発揮する個体も存在した。
  • 当モデルの3S-GTEもブースト1.0はタブーだった時代に「ブースト1.5で560psまでは余裕。それで5万km走ってもトラブルなし」と言われるほど頑丈で、パワーを出しやすいことからゼロヨンなどで活躍した。
    3S-GTEエンジンはセリカにも搭載されWRCのトヨタ黄金時代を築くことになった。また2.1L化されグループCで使われたり、バイクスピークでは13年間もタイムレコードを保持した*1GT500マシンGT300マシンにも搭載され、F3用エンジンのベースとしても用いられた。
  • ターボモデルのみABSやTCSが標準装備となり、ABSは4輪を独立して制御する4チャンネル式を採用。
    このABSは非常に出来が良くプロのレーシングドライバーからも絶賛された。
    特にIV型のABSはあまりにも出来が良すぎてワンメイクレースで使用が禁止されるほどである。
  • しかしターボ過給によって得たパワーは元々貧弱であったMR2のストラットサスペンションを直撃し、ターボの特性と相まって非常にピーキーな性能となってしまった。
    幾度かのマイナーチェンジを経て足回りが強化されたが、果てのない性能競争から生じる負のスパイラルから抜け出すことはできなかった。
    この時の教訓からZZW30型MR-Sが生まれ、「軽量化・自然吸気」への回帰をトヨタは目指すようになった。
    このMR2 GT-SやスープラRZT240W型カルディナを最後にトヨタにはガソリンエンジンのターボエンジン車のラインナップはしばらくなかった。*2
  • MR2の詳細な解説はNAモデルのページを参照。



*1 ただしこの2.1Lやパイクス用のエンジンは、3Sという名前の18R-Gベース、通称3S-G改だったのは有名な話
*2 ただし、ヴィッツTRDターボMやカローラアクシオGT(どちらも本作未収録)といったターボを装着したクルマが限定発売されていたことがある。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-06 (土) 08:12:04 (43d)