Top > MR2 GT-S '97
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,998ccPP435
国籍日本最高出力245PS/6,000rpm全長4,170mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク31.0kgfm/4,000rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,235mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,270kg/44:56
内装簡易PWR5.14kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,713,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1989年10月、国産初のミッドシップであるMR2は初のモデルチェンジを行い、SW20型となった。
  • エンジンは2,000cc直列4気筒DOHCの3S-GTEおよび3S-GEが採用され、ステアリングの切れ角に応じて光軸が移動するステアリング連動フォグランプも話題となった。
    しかし発売当初のI型はエンジンパワーに対して足回りやブレーキが負けており、非常にピーキーな車になってしまった。
    また、当時の運輸省が60扁平までしか認めなかったことや、採用された3S-G型エンジンが鋳鉄製のため非常に重い(約180kg、スープラの2JZ-GTEが220kg、アルテッツァAS200の1G-FEが160kgほど)こと、その重いエンジンやABSシステム、インタークーラーなどが右側に寄っているため左右重量差が大きいことなども、MR2を難しい車としていた。
  • GT及びGT-Sは、セリカ譲りの3S-GTEエンジンを搭載しスポーツカーに相応しいさらなる高出力を実現するため、吸気ポートやバルブ径、バルブタイミング、バルブリフトが最適化され、I型では225psを発生させた。当時2.0Lクラスでこの出力はトップクラスであった。
    ターボシステムも4つのシリンダーからの排気を二分して導入する「ツインエントリー・セラミックターボ」を独自開発し採用。当時の他のターボエンジンと比べて鋭いレスポンスを実現した。
    III型以降はさらに出力を向上させ245psとなり、MR2は2Lクラス最速の座へ君臨することになる。
  • ターボ仕様のみABSやTCSが標準装備となり、ABSは4輪を独立して制御する4チャンネル式を採用。
    このABSは非常に出来が良くプロのレーシングドライバーからも絶賛された。
    特にIV型のABSはあまりにも出来が良すぎてワンメイクレースで使用が禁止されるほどである。
  • SW20は、そのモデルライフ中にマイナーチェンジを繰り返し、I型〜V型が存在する。このV型ではシャシーや足回りの熟成が進み、I型の頃のようなピーキーさは無くなった。
    またリアスポイラーが3段階の調整式のものに変更され、最大で50kgのダウンフォースを発生させる。リアスポイラー変更に伴いトランクの補強が行われたためリアのボディ剛性も向上している。
    NA仕様であるG及びGリミテッドでは、3S-GE型エンジンがBEAMS搭載のものへ変更され、200psを発生し、リッター100psを実現。エンジンパワーとシャシー性能のバランスが良く、MR2のベストモデルと言われている。
  • 1999年に後継車のMR-Sにバトンタッチし生産終了した。

+  余談

+  派生モデルの解説

+  レース活動




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-04 (月) 18:55:09 (11d)