Top > 86 GT '12
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,998ccPP407
国籍日本最高出力200PS/7,000rpm全長4,240mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク20.9kgfm/6,400-6,600rpm全幅1,775mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,300mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,230kg/53:47
内装再現PWR6.11kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
  • 備考:フラットフロア装着可能
+  ←カラーバリエーションを表示

86.jpg

  • 2台のコンセプトカー「FT-86」「FT-86II」を経て、2011年11月に開催されたトヨタGAZOO Racingフェスティバルで発表された市販モデル。
  • その後の2012年2月2日、トヨタ自動車は86を記者発表し、BRZの販売から8日遅れの同年4月6日に発売された。
    グレード構成は3タイプあり本モデルは「GT」と呼ばれる上級グレードである。
    コンセプトカーFT-86のイメージを色濃く残したまま世に出ることとなった。
    車名は往年の名車AE86カローラレビン/スプリンタートレノに由来するが、クルマの名称以外にも開発コードが「086A」となっており、わざわざ開発コードに「86」が含まれるまで待ったといわれている。
    しかしトヨタはリメイク版AE86とは位置づけず、あくまでAE86のように「長年ユーザーに愛されるモデルとなって欲しい」という願いを込めたとのこと。
  • 本モデルの開発は富士重工業(スバル)と共同で行われ、開発費も折半している。
  • BRZは海外向けにおいても名称は同一であるが、86は仕向地によって名称を変えている。
    • アジア・オセアニア地域では「86」だが、欧州地域では「GT86」である。かつて米国ではサイオンブランドから「FR-S」の名称で販売されていたが、サイオンブランドが廃止され、米国でも「86」になった。
    • 欧州仕様のGT86にはエンジンアンダーカバーフラップが標準装備されている。
  • FRのハンドリングを追求するために他車種との部品共用は限りなく抑えられ、共通部品はわずか9%となっている。
  • 搭載されるエンジンは当初の発表どおりスバル製のFA20型水平対向4気筒エンジンだが、1Lあたり100psをNAで達成するためにトヨタのポート噴射+直噴技術を組み合わせたD-4S仕様である。
    D-4Sにより環境性能を犠牲にすることなく、スロットルレスポンスとパフォーマンスを向上させた。
    • 7400rpmという高回転を許容するため、ブロックとシリンダーヘッド、ピストンが再開発、コンロッド形状も変更されクランクピンの直径は50mmとされた。
      また独特のノーズが低いデザインに対応するためにエアインテークやエキゾーストマニホールド、オイルパンも専用品となっている。
    • ただしこのエンジンを採用しながらもローノーズというスタイルを要求されたため、車体もかなり無茶な設計を余儀なくされ、サスペンションアーム長がかなり犠牲になっている他、スペースの都合上、メーカー量産レベルでのターボ化が困難となるなどの事態を招いている。

+  GT6での86のスピードメーター

+  余談

+  BRZとの違い

+  派生モデルの解説

+  レース活動

+  ラリー活動

+  競技用途での不遇



*1 東名パワード製コンプリートエンジン
*2 トミ・マキネン・レーシングは欧州におけるスバルのカスタマー向けラリー活動をサポートしている為、それに関連したものと推測される
*3 ラリー競技開始の15分前に走行コースが安全であるかどうか最終確認を行う車両のこと
*4 GTアソシエイションの会長の坂東氏が、「レース関連は手を引いた」と明言し1歩下がった所に陣取っていた童夢の林会長を説得し開発の目処が付いた。
*5 マザーシャシーに付属するといえる旧ザイテック=日産のVK45DEがベース

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-04 (月) 18:52:24 (10d)