Top > カルマン ギア クーペ (Type-1) '68
分類性能
メーカーフォルクスワーゲン総排気量1,493ccPP262
国籍ドイツ最高出力44PS/4,000rpm全長4,140m
カテゴリノーマルカー/2ドアクーペ最大トルク10.1kgfm/2,000rpm全幅1,634mm
モデル簡易駆動形式RR全高1,330mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量840kg/46:54
内装簡易PWR19.09kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,120,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • フォルクスワーゲンがタイプ1(ビートル)をベースに1955年に販売を開始したスポーティカーである。
  • GTに収録されているカルマンギアはタイプ1と呼ばれるモデルで、1973年まで生産された(カルマンギア自体は1975年まで生産された。)。
    カルマンギアは1959年にデザインの変更がなされ、テールレンズのデザインがいわゆる「柿の種テール」に、フロントグリルの形状を横2本から3本に変更された。
  • タイプ1をベースとしているため、安価でメンテナンスも容易ということもあり、特にアメリカで人気を博したようである。
    また、決してパワーは高くなかったものの、車高が低くスタイルも良かったため、スポーツカー的な感覚を気軽に味わえる「プアマンズ・ポルシェ(poor-man's Porsche:貧乏人のポルシェ)」と呼ばれ一定の人気を保ち続け、1975年の生産終了まで40万台以上が製造された。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-10 (日) 00:15:11 (1680d)