Top > RX-7 スピリットR タイプA (FD) '02
分類性能
メーカーマツダ総排気量654x2ccPP466
国籍日本最高出力280PS/6,500rpm全長4,285mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク32.0kgfm/5,000rpm全幅1,760mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,230mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,270kg/50:50
内装再現PWR4.27kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.4,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンデフォルトでダウンフォースの調整が可能
+  ←カラーバリエーションを表示

スピリットR.jpg

  • 1991年に登場した3代目RX-7は初代、2代目と異なり曲面を多用したグラマラスなデザインに大変身を遂げた。
    その美しいデザインは今なお評価が高く、イギリスのテレグラフ誌webサイトが選ぶ「最も美しい車100選」に入った事がある。
    全幅は大幅に拡大され3ナンバーとなりつつも、重量増加は最小限に食い止められている。
  • 3代目を機に1971年から20年続いた「サバンナ」の呼称が外され、当時の販売店系列の名を冠して「アンフィニ RX-7」として発売された。
    しかしその後アンフィニ店とユーノス店が統合された事により、車名が「RX-7」に変更されている。
    そのため、アンフィニ時代とそれ以降とで車体前後のエンブレムが異なっている。
  • RX-7は車体の軽量化やエンジンの高出力化を図る等、「ピュア・スポーツ」をコンセプトに掲げ、より高性能なスポーツカーを指向した。
    搭載エンジンは先代と同型式ながらシーケンシャルツインターボ化を施した13B型REエンジンが採用された。
    初期型の最高出力は255psで、パワーウエイトレシオは5kg/psを切っており、日本車としては非常に優秀な動力性能を誇っていた。
    サスは前後ともにダブルウィッシュボーンで、NA型ロードスター譲りのパワープラントフレームは軽量な車体作りに貢献した。
  • 約10年間もの間販売が続いた3代目だが、大きく分けるとアンフィニ時代の1型から3型、店舗統合以降の4型から6型までに分かれる。
    ただし4型でも初期ロットは未だにアンフィニRX-7である。販売期間が1年も無かったためかなりレア。
    RX-7はデビュー後もマイナーチェンジ毎に進化を重ね、4型では265ps、そして5型では遂に最高出力280psの大台に達した。
    これはロータリーの不得意な低速域をカバーするため、タービンホイールを小型化してターボラグを緩和、その分出しにくいパワーをブーストを上げる事で280psを達成しているため、上が若干詰まる。高回転ではじけるロータリーのフィーリングを味わうために、265ps仕様のタービンの方が楽しいという人も多い。ただしエンジン本体はほぼ変わっていないため、タービン交換まで視野に入れるのであればさほど変わりはない。
  • しかし、RX-7も排ガス規制の波から逃れる事はできなかった。ターボ搭載型ロータリーの環境対策は現代の技術でも非常に困難なのである。
    そのため、2002年4月に最終特別限定車「RX-7 スピリットR」が1500台限定で発売された。用意されたのはA/B/Cの全3タイプ。
    タイプAは5速MT・2シーター、タイプBは5速MT・4シーター、タイプCは4速AT・4シーターで最高出力は265PSと前者2タイプに比べやや低めにされている。
    収録モデルはそのうちのタイプAで、BBS社製17インチホイール、レッド塗装されたブレーキキャリパー、専用インパネなどの専用パーツを装着。これに加えて専用のレカロ社製フルバケットシートが装備されていた。
  • 2002年8月26日、RX-7の最終生産車は、スピリットR タイプA チタニウムグレーメタリック車だった。
    この車の最終ラインオフに合わせ、FD3S型開発に携わったマツダのスタッフの他、一般公募のユーザーを加えて式典が催された。
    なお、この車は市販されずに社内展用車となったとのことである。
  • スタイリングの良さなどから、生産終了から10年以上たった現在でもファンが世界中にいる車なのである。
  • マツダの公式サイトの「クルマづくりの歴史」の「RX-7物語」において、開発ストーリーや年表などを目にすることができる。

+  チューンドカーやレースカー

+  GTシリーズでは



*1 他に走行してたのが青のR34型スカイラインGT-R、同じく青のインプレッサ、緑のXKクーペである。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-04 (木) 00:10:52 (15d)