Top > コブラ デイトナクーペ '64
分類性能
メーカーシェルビー総排気量4,728ccPP535
国籍アメリカ最高出力390PS/6,750rpm全長4,610mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/WSCC-GT Prototype最大トルク47.0kgfm/4,000rpm全幅1,753mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,422mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,043kg/50:50
内装再現PWR2.67kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.450,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
ストライプは塗装したカラーリングによって変動する
プレゼント---チューンTM・エンジン・スーパーチャージャーのみ可

デイトナ.jpg

  • ル・マン24時間レースでの勝利を目指すシェルビー・アメリカンによって、僅か6台のみが製造されたレーシングカー。
  • コブラMKIIIでヨーロッパのレースを圧巻していたシェルビー陣営だったが、ル・マンではオープンボディ故の空気抵抗に悩まされた。
    そのためフレームやエンジンを流用し、ボディをクローズドに、それに合わせてサスペンションの再設計を行ったのが本車である。
    デビューが1964年のデイトナ2000kmだった事から、「シェルビー デイトナ」というニックネームが名付けられた。
  • ウィークポイントである空気抵抗を改善したデイトナは、同年のセブリング12時間、そして目標としていたル・マンでクラス優勝を達成する。
    翌年もル・マンこそ3位だったが、デイトナ2000km、セブリング12時間などビッグレースを次々勝利し、年間王者に輝いた。
  • しかし1965年末、エンジンの供給元であるフォードに、「GT40による打倒フェラーリ」を指示される。
    シェルビー・アメリカンはGT40の改良に全精力を傾ける事となり、一線級の戦闘力を持っていたデイトナは僅か2年でその役目を終えた。

+  幻の存在と化したプロトタイプ(CSX2287)について。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-14 (月) 15:33:59 (978d)