Top > 雨宮アスパラドリンクRX7 '06
分類性能
メーカーRE雨宮総排気量654x3ccPP504
国籍日本最高出力310PS/8,000rpm全長4,285mm
カテゴリレーシングカー/SUPER GT-GT300最大トルク33.0kgfm/6,500rpm全幅1,860mm
モデル高品質駆動形式FR全高---mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,100kg/50:50
内装再現PWR3.38kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.50,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンエンジンチューン・ターボキットのみ可

アスパラ.jpg

  • 2006年シーズンのSUPER GT-GT300において山野哲也/井入宏之のコンビによりシリーズチャンピオンを獲得したマシンである。
    山野氏はこれでGT300クラス3連覇を成し遂げており、最終戦富士でのプリヴェチューリッヒ紫電とのタイトル争いは多くのファンを魅了した。
  • 2010年まで活動したが、2011年はRX-8へのマシンスイッチを予告していたものの、残念ながらRE雨宮レーシングは撤退となった。
    このため、ドライバーの谷口信輝はNo.4 GoodSmileRacingに、折目遼は新規チームであるNo14 SG Changiにそれぞれ移籍した。
    その間の戦績については次項を参照されたし。
  • ちなみにこの車、マツダからのサポートが全く受けられない状態で走っていた。
    マツダスピードも既に形骸化していたために、3ローターのエキセントリックシャフトを新造して貰える状況でもなく、20B-REWが積まれていたコスモの廃車や解体部品屋を探しに探し、状態のいいエンジンを見つけてきて確保していたほど厳しい状況であった。
    2011年活動停止の原因には資金不足の他に、エンジンの調達が困難になったためという噂もある。
    ちなみにN/A化のため、ローターは無加給エンジンが搭載されていたFC3Sの海外用高圧縮ローターを使っている。

+  07シーズン以降の話




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-29 (月) 04:37:05 (1900d)