Top > ZZII '00
分類性能
メーカートミーカイラ総排気量---ccPP572
国籍日本最高出力550PS/-rpm
(550PS/8,400rpm)
全長4,300mm
カテゴリノーマルカー/コンセプトカー最大トルク---kgfm/---
(55.0kgfm/6,500rpm)
全幅1,860mm
モデル簡易駆動形式4WD(25:75)全高1,190mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,000kg/50:50
内装簡易PWR1.81kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.6,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンダート走行不可
ボンネット以外可
デフォルトでダウンフォースの調節が可能
+  ←カラーバリエーションを表示

  • チューニングパーツメーカーのトミーカイラが、ZZ-Sに引き続き開発していた車両。
  • スペースフレーム構造の車体に日産スカイラインGT-RシリーズのRB26DETTをチューニングしたエンジン(RB27)をミッドシップに搭載、さらに駆動方式は4WDを選んでいた。
    結果、カタログスペックでは国産車では最速と目されていたホンダ NSX TypeRはもちろん、ランボルギーニ ガヤルドなどの欧州産スーパーカーをも凌駕する性能が公表され、れっきとした国産スーパーカーとなる予定だった。
    またトミーカイラはこのクルマでル・マン24時間レースへの出場も計画していたという。しかしトミーカイラの製造・開発部門はZZIIの開発中にオートバックスに合併・吸収されてしまう。
    ZZII(現在の名称はRS-01に変更されている)の開発継続のアナウンスもなされたが、それ以来の音沙汰は現在まで途絶えたままである。
  • 現在試作された一台が現存しており、紆余曲折を経て現在は創業者である富田義一氏が所有(商標権と製造権も)している。
  • 京都大学を主体として、このごろ電気自動車化された。スペックは馬力が305ps、車重が850kg、0-100km/hが3.9秒とのこと。この車は99台限定生産で850万円だという。
  • また、2017年5月14日に京都・北野天満宮で行われたスーパーカーショーにZZ兇出展され、会場には富田氏の姿もあった。さらに、「『グランツーリスモ』に収録された影響で知名度が上がり、実車への問い合わせが増えている」として、5台を再生産する旨が宣言された。

+  GT5および6におけるZZII

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-19 (月) 08:20:31 (903d)