Top > R5 ターボ ラリー '85
分類性能
メーカールノー スポール総排気量1,527ccPP506
国籍フランス最高出力355PS/6,500rpm全長3,600mm
カテゴリラリーカー/WRC-グループB最大トルク43.0kgfm/5,000rpm全幅1,800mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,330mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量905kg/45:55
内装簡易PWR2.55kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.100,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンエンジンチューン・ターボキットのみ可

  • グループ4のホモロゲーションマシンであるルノー R5 ターボをベースに、グループB規定に沿って製作したモンスターマシン。
    本作では車名が変更され、従来の「5 MAXI ターボ」から「R5 ターボ ラリー」となった。
  • デビューは85年。確実にポイントを稼ぐため、ターマックラリーであるラウンド5のツール・ド・コルスにのみ投入された。
    そのため、4WDを採用した他ワークスチームが酷いアンダーステアに悩まされる中、MRの本車は非常に高い旋回性を発揮した。
    ジョン・ラニョッティの天才的なテクニックも相まって、205T16E2やポルシェ911SR(未収録)をも凌駕する速さを発揮。
    ルノー最後のワークス活動である85年のツール・ド・コルスを、2位の205T16E2に12秒もの差を付けて見事優勝を果たした。
  • 86年は、ラニョッティ操るR11ターボ(未収録)と共に再びツール・ド・コルスに参戦。この時のドライバーはフランソワ・シャトリオだった。
    いくらMRとはいえ熟成の進んだ205T16E2には歯が立たず、前年とは逆に10秒以上の差を付けられて2位となった。
    ラウンド3のポルトガルラリーでも優勝しているが、この時はRS200の事故により他ワークスが総撤退していた。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-25 (水) 23:54:35 (1609d)