Top > NSX Type S Zero '97
分類性能
メーカーホンダ総排気量3,179ccPP443
国籍日本最高出力280PS/7,300rpm全長4,430mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク31.0kgfm/5,300rpm全幅1,810mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,160mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,270kg/46:54
内装簡易PWR4.82kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.9,857,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンボンネットのみ不可
+  ←カラーバリエーションを表示

  • Type S Zeroは、1997年にビッグマイナーチェンジを行い所謂中期型となったNSXに追加された軽量モデルである。
  • 標準モデルの1350kgから80kg、同じ軽量モデルであるType Sの1320kgから更に50kg軽量化されたが、その手法はオーディオやエアコン等の快適装備を排除するという過激なもの。
    公道走行よりもサーキット走行を主眼に置いた、かつてのType Rに近い存在といえるが、LPLを務めた上原氏によればType Rよりもハードだという。
  • 結局期待されたType Rは設定されなかったため、このグレードが中期型NSXの最速モデルで在り続けた。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-03-31 (火) 00:04:26 (65d)