Top > インプレッサ クーペ 22B-STi バージョン '98
分類性能
メーカースバル総排気量2,212ccPP456
国籍日本最高出力280PS/6,000rpm全長4,365mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク37.0kgfm/3,200rpm全幅1,770mm
モデル簡易駆動形式4WD(35:65)全高1,390mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,270kg/54:46
内装簡易PWR4.31kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.5,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンドライバーズ・コントロール・センターデフ搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

  • WRCで95年・96年・97年と3連覇を成し遂げたインプレッサWRC97を、ロードカーとして再現したものがこの22Bである。
    22Bの由来は、拡大された排気量や、スポンサーロゴの「555」を16進数に変換すると「22B」になる事等とされている。
    クーペボディをベースに、鋼板プレスの専用ボディパネル(前後フェンダーパネル)および専用バンパー(前後)が採用され、1,770mmまで全幅が拡げられるなど、エクステリアがWRカーの意匠に統一されていた。
    その製作は熟練された職人のハンドメイドによるものとされている。
    WRカーと明らかに異なる部分は2段階に可変するリアスポイラー(WRCでは可変型ウィングの使用は禁止されている)程度である。
    エンジンは、22B専用の水平対向4気筒「EJ22改」2,212ccエンジンを搭載。
    最高出力は280psにとどまるも、排気量が拡大されていることから標準仕様のSTiバージョンに比べてドライバビリティが向上した。
  • 足回りは専用チューニングされたビルシュタイン製ダンパーにアイバッハ製スプリングが組み合わせられたサスペンションに加えてBBS製の17インチ鍛造アルミホイールが採用された。
    中に納まるフロントブレーキは16インチ対向4ポット、リアは15インチ対向2ポットで、キャリパーは赤く塗装されている。
    またSTiバージョンIVにオプション設定されていたスーパークイックステアリングギアを標準採用し、ハンドリングが向上した。
  • 400台限定で販売された22Bであるが、当時の新車価格は500万円だったにもかかわらず瞬く間に完売し、現在でも非常に高価な価格で取引されている。
    • 現在の22Bの中古車価格は応談、若しくは新車価格の500万円を超える物件が殆どである。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-06 (火) 08:28:48 (12d)