Top > カプチーノ (EA11R) '91
分類性能
メーカースズキ総排気量657ccPP326
国籍日本最高出力64PS/6,500rpm全長3,295mm
カテゴリノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク8.6kgfm/4,000rpm全幅1,395mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,185mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量700kg/51:49
内装再現PWR11.11kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,458,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

カプチーノ91.jpg
  • ↓走行時にハードトップ化
カプチーノ91T.jpg

  • 1989年の東京モーターショーに出展された2年後に市販された、スズキの2人乗りオープンカーがカプチーノである。
    「平成ABCトリオ」と呼ばれた内の1台で、ABCのCに当たる車であり、その中では最長期間となる7年間生産された。
  • 駆動方式にFFがほぼ必ず採用される軽自動車にしては非常に珍しく、FRを採用したスペシャルティカーでもあった。
    スタイリングはスペシャルティカーというよりもスポーツカーらしい、ロングノーズ・ショートデッキを採用した。
    ルーフ部は3分割に脱着かつトランクに収納する事が可能で、Tバールーフ化やフルオープン化する事も可能である。
  • 走りに関する設計にぬかりは無く、ボディやルーフの各所には剛性向上と軽量化を意図しアルミニウムを採用した。
    足回りもアルミホイールを標準で用意し、軽自動車では初の4輪ダブルウィッシュボーン方式サスペンションも採用。
    エンジンも当時のアルトワークスと同じ直3ターボのF6A型を縦置きし、トランスミッションも5速MTのみ設定した。
  • 1995年には搭載エンジンを最大トルクの向上や軽量化を行ったK6A型に変更、3速ATも追加した後期型が登場した。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-02 (火) 01:15:20 (2d)