Top > R8 LMS '09
分類性能
メーカーアウディ総排気量---ccPP588
国籍ドイツ最高出力---PS/---
(536PS/8,000rpm)
全長---mm
カテゴリレーシングカー/FIA-GT3最大トルク---kgfm/---
(55.0kgfm/6,500rpm)
全幅---mm
モデル簡易駆動形式MR全高---mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量---kg(1,300kg)/45:55
内装簡易PWR2.42kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.157,500,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンエンジンチューン・ターボキットのみ可
+  ←カラーバリエーションを表示

  • アウディが2009年からプライベーター向けに市販を開始したアウディR8のFIA-GT3仕様。
  • アマチュアドライバーがステアリングを握る機会も多いGT3規格のマシンは、より操縦を簡単にするために一部の電子制御装置の装着が許されているため、このR8LMSも純レーシングカーとしては珍しくABSとTCSを標準装備している(もちろん、GT3マシンの導入を許可しているレースで使用可能)。
    ただし、このマシン自体はGT3規格のマシンであること、またベースモデルもかなり大柄な車種であることから、ボディの寸法・形状の変更は最小限度のものにとどまっている。
    また軽量だが高価なカーボンコンポジットモノコックもマシンの高コスト化を避ける目的でFIA-GT3では禁止されている(ただし、ベースモデルが採用している場合のみ使用できる)為、車重は1300kgとレースカーとしてはかなり重い部類となっている。
  • また市販車仕様の特徴でもあるクワトロシステム、すなわちフルタイム4WD機構もレギュレーションに合致させるためにこのLMSではオミットされた。
    これにより走行安定性こそ失われたものの、回頭性・操舵に対するレスポンスは飛躍的に向上しており、鈍重そうな見た目とは裏腹にかなり機敏な動力性能を発揮する。
  • 2012年にエボリューションモデルとなるLMS Ultraに以降の活躍の場を譲った。
  • SUPER GTには2012年シーズンにのみ、前年にS耐・ST-Xクラス(当時賞典外クラス)に参戦していたヒトツヤマレーシングが2台を投入。
    2台ともにアップデートキットを組み込んで、LMS Ultraと同等のパフォーマンスまで底上げしていたものの、揃って成績は振るわず、#21 ZENT Audi R8 LMSが記録した第7戦の6位が最高位(もう1台の#20→#99→#77はシーズンを通してノーポイント)。
    翌2013年シーズンはLMS Ultraにスイッチし、お役御免となった。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-12 (土) 13:47:12 (311d)