Top > ディーノ 246 GT '71
分類性能
メーカーフェラーリ総排気量2,419ccPP413
国籍イタリア最高出力195PS/7,600rpm全長4,235mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク23.0kgfm/5,500rpm全幅1,700mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,135mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,080kg/46:54
内装再現PWR5.56kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.9,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンダート走行不可
ボンネットのみ不可
+  ←カラーバリエーションを表示

ディーノ.jpg

  • イタリアの雄「フェラーリ」の歴史の中で今もなお語られ続ける車がある。
    「フェラーリ」の銘を掲げないフェラーリ、「ディーノ」である。
  • ディーノとはフェラーリ創業者エンツォ・フェラーリの子孫アルフレード・フェラーリ氏の愛称であり、本車のコンセプトは氏が病床で考え出したとされている。
  • コンパクトなボディに、コンパクトなエンジンを、ミッドシップにレイアウトするというコンセプトはそれまでのフェラーリとは一線を画していたため、新たにディーノというブランドを与えられた。
    そのためディーノは基本的にフェラーリのエンブレムではなくディーノのエンブレムが掲げられ、「フェラーリ・ディーノ○○」ではなく「ディーノ・○○」と呼ばれる。
    但し、「246」のアメリカ市場向けモデルは販促上の理由から例外的にフェラーリのエンブレムが付けられ、208GT4や308GT4は後期型よりディーノからフェラーリに改められている。
  • 本車はそのディーノの一台であり、2.4リッター65度V型6気筒DOHCエンジンを搭載したロードスポーツモデル「246GT」である。
    モデルとなったのはフロントバンパー下のインレットの形状から、246GT中でも比較的後期に製造されたティーポEと推定される。
    • ディーノのエンジンがランチア ストラトスに用いられ、1970年代のWRCで数多くの勝利を得たのは有名な話。
  • ディーノは208/308GT4以降モデル展開されることはなかったが、後にフェラーリ自身がV12エンジンよりコンパクトなV8エンジンを搭載した所謂「スモールフェラーリ」を展開したことから、F430458イタリアの遠い祖先にあたる…のかもしれない。

+  派生モデルの解説

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-15 (木) 21:49:23 (3d)