Top > A110 1600S '72
分類性能
メーカーアルピーヌ総排気量1,565ccPP422
国籍フランス最高出力140PS/6,000rpm
(140PS/6,500rpm)
全長3,850mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク---kgfm/---
(15.8kgfm/5,000rpm)
全幅1,520mm
モデル高品質駆動形式RR全高1,130mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量715kg/50:50
内装再現PWR5.10kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.10,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

A110.jpg

  • アルピーヌが1973年にルノー傘下となるその前から販売していた車両。
  • 本車の最大の武器は車重で、バックボーンシャシーとFRP製ボディの組み合わせにより僅か700kg前後という軽量さを実現した。
    この重量により当時のラリー界を席巻、数々のラリーで優勝を収め、1973年にスタートしたWRCの初代チャンピオンにもなった。
    このラリーでの成功が当時のライバル・ポルシェを刺激し、911に更なる進化を加速させたのは有名な逸話。
  • そして時は過ぎ2016(平成28)年2月16日、アルピーヌは「アルピーヌ・ビジョン(本作未収録)」を発表した。
    そして2017(平成29)年12月14日、「アルピーヌ・A110 プルミエディシオン'17(本作未収録)」としてフランスの工場で生産し、その生産第一車がラインオフした。約40年の歳月を経て、A110は現代の技術を得て復活したのである。
    現地価格は、5万8000ユーロ(日本円で約790万円)。日本での導入は残念ながら未定である。
    • フルアルミ製のプラットフォームとアンダーボディを採用している。
    • ボディサイズは、全長4,180mm、全幅1,798mm、全高1,252mm、ホイールベースは2,420mm。前後重量配分は44対56。
    • ミッドシップに搭載されるエンジンは、1.8L直列4気筒ガソリンエンジン。ルノー日産アライアンスが開発したエンジンをベースに、アルピーヌとルノースポールのエンジニアが共同でチューンした物となる。最大出力は252PS(185kW)/6,000rpm、最大トルクは32.6kgfm(320Nm)/2,000rpm。
      車両重量は1,080kg(プルミエディシオンは1,130kg)と軽量であり、パワーウェイトレシオは4.3kg/psとなる。
    • トランスミッションは、ゲトラグ製7速デュアルクラッチを搭載。
    • 0-100km/h加速は4.5秒とスーパーカーにも引けを取らない記録であり、最高速は250km/h(リミッター作動)となる。
      燃費は、6.1リッター/100km(約16.4km/L、欧州複合モード)となっている。
  • ちなみに、本車はGTシリーズとしてはGT6で初収録となる。
  • 次回作「グランツーリスモSPORT」の2月大規模アップデートにて復活収録された。
    • クラスは、"Gr.N100"となった。
    • 上記にある新型のA110(Gr.N300)もGTシリーズとしてGTSportで初収録*1されたので、新旧A110を並べてみるのもいいだろう。



*1 世界最速のレースゲームでの収録でもある

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-02 (月) 17:40:04 (108d)