Top > ゴルフ I GTI '76
分類性能
メーカーフォルクスワーゲン総排気量1,588ccPP359
国籍ドイツ最高出力110PS/6,100rpm全長3,705mm
カテゴリノーマルカー/3ドアハッチバック最大トルク14.0kgfm/5,000rpm全幅1,630mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,395mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量830kg/59:41
内装簡易PWR9.81kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,500,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンボンネットのみ不可
+  ←カラーバリエーションを表示

  • ビートルに続くフォルクスワーゲンの新たな大衆車として開発されたのがゴルフである。
    元々は設計をポルシェが担当する予定で、EA266という試作車まで作られたが、コストや操縦安定性などに問題を抱えており、一度生産計画は白紙に戻された。
    しかし最終的には殆どをフォルクスワーゲンが開発し、グループ企業のアウディNSUアウトウニオンのエンジンを載せて1974年にゴルフが完成した。
    デザインはイタルデザイン創業者のジョルジェット・ジウジアーロが担当。
    • 車名の由来はドイツ語で「メキシコ湾流」という意味の「Der Golfstrom」(デア・ゴルフシュトローム)から。
      後のフォルクスワーゲンのラインナップにスポーツに関連する名前の車種が存在することから、スポーツのゴルフもかかっている可能性はあると考えられる。
  • GT6に収録されているモデルはホットハッチの「GTI」で、ゴルフの中でも大ヒットを記録した有名なモデルである。最高時速が180km/hに達したパフォーマンスが売りであった。
    ちなみに「ホットハッチ」という名前が広がったのも、このゴルフGTIの成功によるものでり、GTIはホットハッチの代名詞ともなっている。
  • 1983年にフルモデルチェンジが行われ2代目がデビューするが、カブリオレモデルのカブリオは継続生産され、2代目にはカブリオレの設定が無かったことから
    「クラシック」のサブネームを与えられつつ3代目が登場した後の1992年まで生産される長寿モデルとなった。
    ちなみに、フォルクスワーゲンオブ南アフリカで1984年にエントリーモデルとして販売を開始したシティゴルフはこの初代ゴルフそのもので、こちらは2009年まで生産された。
  • 初代ゴルフ全体の総生産台数は680万台だった。
    なお、ゴルフシリーズの車種別歴代総生産台数は1966年のトヨタ・カローラに次ぐ歴代2位である。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-12-17 (火) 21:56:21 (281d)