Top > ランサーエボリューション X GSR P.P. '07
分類性能
メーカー三菱総排気量1,998ccPP463
国籍日本最高出力280PS/6,500rpm全長4,495mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク43.0kgfm/3,500rpm全幅1,810mm
モデル高品質駆動形式4WD(35:65)全高1,480mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,540kg/59:41
内装再現PWR4.79kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.4,240,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンアクティブ・ヨー・コントロール・システム搭載
  • 備考:フラットフロア装着可能
+  ←カラーバリエーションを表示

ランエボ10.jpg

  • ギャランフォルティス(7代目ランサーの国内向け呼称)をベース車両とした第4世代のランエボである。エボ10やエボXと呼ばれる。型式名はCBA-CZ4A型。
    初代からランエボは限定販売を通してきたが、本モデルはランエボ初のカタログモデルとなった。
  • ベース車両が3ナンバーとなった事もあり全幅は1800mmを超えるが、逆に全長はベース車両と比較して全長を75mm短くして前後のオーバーハングを切り詰め、旋回能力を高めている。
  • エンジンは初代ランエボから続く4G63ではなく新開発された4B11を搭載。エンジン単体の軽量化がされているが、最高出力は280psに留まっている。
    しかし、翌2008年のマイナーチェンジで最高出力は300psに改められた。
  • 機構的な進化としては、新開発の車両運動統合制御システム「S-AWC」を搭載し、ACD、AYC、ASC、スポーツABSを統合制御することで車体の安定性を高めるとともに、ランエボとしては初となる2ペダルMT(DCT)となるTC-SST(6速)が採用された。
    従来の3ペダルMTも5速MTが用意されるが、ランエボVIIIIから続いた6速MTは廃止された。
  • ランエボXは商品展開上多くのグレードを用意したことでも知られるが、収録モデルは"いわゆる全部入り"とされるプレミアムパッケージと呼称されるグレードで、専用オプションのBBS製ホイールも装備している。
    2008年のマイナーチェンジで名称が"GSR-Premium"に改められている。
  • しかし、環境に配慮するクルマばかりが注目される今、販売数の落ち込みが著しくなっていき、国内では2013年度販売数で621台まで減少。
    加えて社内事情もありエボXは進化を許されず、RSは2014年9月、SST装着モデルも2014年末にモデルが廃止。
    そして2015年4月10日、正式な生産終了と「ランサーエボリューション ファイナルエディション」が同年8月に1000台限定で発売されることが合わせて発表された。
  • ランエボXをベースにしているが、馬力は314馬力程度まで向上。ほかにも、BBS製ホイールや5速MTのトランスミッションを搭載していた。
    また、ファイナルエディションには"X"というナンバリングはつけられていない。これは、本車がランエボXの最終仕様というよりも、ランサーエボリューション自体の最終仕様であることを表しているためである。
  • 2015年8月に、完売・生産終了した。こうしてランエボは23年の歴史に幕を下ろす事となった。

+  派生モデルの解説

+  ラリー活動




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-03 (木) 05:53:11 (73d)