Top > Z4 GT3 '11
分類性能
メーカーBMW総排気量4,361ccPP592
国籍ドイツ最高出力515PS/8,300rpm全長4,387mm
カテゴリレーシングカー/FIA-GT3最大トルク52.5kgfm/5,500rpm全幅2,012mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,210mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,190kg/48:52
内装再現PWR2.30kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.35,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンエンジンチューン・ターボキットのみ可

Z4GT3.jpg

  • 2009年1月にデビューしたE89型Z4をベースに製作されたFIA-GT3仕様である。
    エンジンはE92型M3の4LV8N/Aに換装されており、デビューイヤー時は4.0Lのままだったが、収録モデルから排気量を4.4Lに拡大して480psを発揮した。
    初年度のFIA-GTヨーロッパ選手権のGT3部門にて好成績を残すと、ドバイ24時間レースを勝利する等、素性の良さを発揮する。
    現在もブランパンGTシリーズ、SUPER GT、スーパー耐久等で多数のエントラントが使用し、世界中のレースで活躍している。
  • 性能的には4.4LとオリジナルのMY10より上げられたものの、GT3マシンの中では相対的に排気量が低いためストレートを苦手としている。
    しかしBOP込の車重はわりと優遇されており、コンパクトな車体と合わせコーナーワークに優れている。
    • GSRの初年度がとんでもない直線番長だったため、ストレートが得意と未だに思われていたりするが、当時はJAF-GTのリストリクター制限がかなり厳しかっただけで、
      (JAF-GTに比べると)大排気量から叩き出される分厚いトルクと、それを路面に伝えるトラクションコントロール、そしてきっちり止めるABSなど、直線で有利になる要素が多かっただけである。
      どれくらい変化があったかと言うと、2011年には「GT400並の加速」と言われていたが、2015年には逆に「ストレートはGT250」とか言われたぐらいである。
  • プロジェクトは2015シーズンを以って終了。
    2016シーズン以降、Z4とは逆のロングホイールベースを持つF13型M6のM6 GT3へと受け継がれた。

+  レースでの活躍



*1 FIA-GT3規定外サイズのタイヤとホイール(特認取得済み)を除き、MY10にMY11相当のエンジンを搭載したもの。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-03 (木) 10:17:36 (320d)