Top > ヨーロッパ S.2 '68
分類性能
メーカーロータス総排気量1,470ccPP375
国籍イギリス最高出力82PS/6,500rpm
全長3,994mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク11.0kgfm/4,000rpm
全幅1,638mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,080mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量624kg/45:55
内装再現PWR7.70kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

EUS2.jpg

  • ロータス・セブンの後継モデルとして企画し、ロータスで初めてミッドシップにエンジンを搭載したロードカーがヨーロッパである。
    当時、ミッドシップ車は存在したものの、それらはレーシングカーや高級車ばかりだった。
    そこでロータスは「庶民にも手の届くスポーツカー」としての開発を目指したため、コストダウンの痕跡がいくつも見られる。
    窓は固定式で、内装もカーペットや遮音材は装備されていなかった程である。
  • ボディはエランから受け継がれるプレス鋼板を溶接して組み立てた強靭なバックボーンシャシーで、FRP製の軽量ボディを架装した。
    エンジンとミッションはルノー16(未収録)の物を流用しており、これはS.1もS.2も共通である。
  • 1968年、快適性をある程度向上させた収録モデルの、シリーズ2が登場。翌年にはイギリスでの販売も開始した。
    シリーズ1では固定式だった窓はパワーウィンドウに、シートはアジャスト機能がついたものにするなど、大きな変化だった。
    ただし、それに伴い50kgほど重くなってしまっている。
  • 1971年にはツインカムエンジンの搭載、1972年にはツインカムをさらにチューニングしたスペシャルも登場した。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-10 (火) 16:20:24 (611d)