Top > アクセント ラリーカー '01
分類性能
メーカーヒュンダイ総排気量1,998ccPP479
国籍韓国最高出力300PS/-rpm
(304PS/6,000rpm)
全長4,200mm
カテゴリラリーカー/WRC-WRカー最大トルク53.1kgfm/-rpm
(53.1kgfm/3,500rpm)
全幅1,770mm
モデル簡易駆動形式4WD(30:70)全高1,332mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,230kg/54:46
内装簡易PWR4.04kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.75,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンエンジンチューン・ターボキットのみ可
  • 備考:ラリーカーだがホーンが搭載されている

  • 1999年に登場した2代目アクセントの3ドアハッチバックをベースにイギリスのモータースポーツ・デベロップメント(以下MSD)が開発し、2000年からWRCに参戦していたマシン。
    収録モデルは2001年式となっているが、ゼッケン17のアクセントは2001年には無かったので正確には2002年式である。
    • GTC2002に収録された時点からゼッケン17だったので、モーターショーで展示されていたアクセントWRCがモデルなのかもしれない。
    • 因みに、2001年にゼッケン17を付けていたのはフォーカスである。
  • なかなか結果を残せずにいたが、2001年最終戦のラリー・グレートブリテンで4位に食い込んでいる。
    これがアクセントの最高リザルトでもある。
  • ところが、ヒュンダイは「短期間で結果を残せていない」というMSDにとっては理不尽ともいえる理由で資金を絞ってしまう。
    この為改良もできなくなり、ついに2003年シーズンの終盤に資金が底をついてしまい撤退。
    当時は全戦出場が義務だったため、FIAはヒュンダイに100万ドルの罰金を命じたが、その後どうなったかは不明である。
    • しかし、2014年にヒュンダイはWRCに再びワークス復帰しており、FIAとはなんらかの形で決着がついたと思われる。
  • ちなみに、アクセントWRCはGT4以来2作ぶりの収録である。
    GT5で収録されなかったのはやはり前述の罰金を支払っていないことが原因なのだろうか。

+  こんなことを起こしていながら…



*1 サブタンクにビールを補充しながら走っていたという。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-20 (火) 23:14:07 (1174d)