Top > スカイライン HT 2000GT-R (KPGC10) '70
分類性能
メーカー日産総排気量1,989ccPP373
国籍日本最高出力160PS/7,000rpm全長4,330mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク18.0kgfm/5,600rpm全幅1,665mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,370mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,100kg/59:41
内装簡易PWR6.87kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.8,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

2000GT-R.jpg

  • 1968年に誕生した3代目スカイライン、通称「箱スカ」は、日産とプリンス自動車が合併(1966年)後に初めて販売されたスカイラインであった。
    設計統括は「スカイラインの父」として知られる桜井眞一郎氏である。
    初登場は1968年に開催された第15回東京モーターショーで、「スカイラインGTレーシング仕様」という名のコンセプトカーで出品された。
    そして、翌1969年に販売開始されたのがスカイラインGT-Rで、当初は4ドアセダンのみであった。
  • 4ドア仕様に変わって収録モデルである2ドアハードトップ仕様(KPGC10型)が発売されたのは1970年。
    4ドアに比べて70mm短縮されたホイールベースに、リアフェンダーのサーフィンラインをカットしてまで装着されたオーバーフェンダー等、市販型として許される範囲で性能を追及した結果、当時としては強烈な性能および存在感を誇った。
  • 搭載された直列6気筒2リッターS20型エンジンはレーシングカーR380直系とされ、当時としてはハイパワーとなる最高出力160psを発生させたうえ、1100kgの軽量な車体と相まって高い運動性能を発揮した。
    ただし、日産はカタログ等でS20型エンジンをレース直系と謳っていたが、実際はコストの関係等でレース仕様の部品は殆ど使えなかったと後年桜井氏は語っている。
  • その車両本体価格は当時150万円であった。
    現代の貨幣価値に換算すれば約800万円相当であり、とても一般人が購入できる代物ではなかった。
    そのため、ノーマルのスカイラインにGT-Rロゴを装着する等、見た目だけGT-Rっぽくモディファイする通称R仕様が流行ったとされている。
  • 日本を代表するノスタルジックカーのひとつであり、発売から40年以上経った今でもハコスカという愛称で親しまれている。
    少数のチューナーがパーツを製造しているほど人気が高く、状態の良い車両は非常に高い値段で取引されている。
  • なお、本車はスタンダードモデルの中でも、極めてクオリティが高い車両の内の1台である。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-25 (土) 23:56:18 (1688d)