Top > カルソニック スカイライン GT-R '93
分類性能
メーカー日産総排気量2,568ccPP554
国籍日本最高出力550PS/7,600rpm全長4,545mm
カテゴリツーリングカー/JTC-クラス1*1最大トルク50.0kgfm/6,000rpm全幅1,755mm
モデル簡易駆動形式4WD(35:65)全高1,320mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,260kg/54:46
内装簡易PWR2.29kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.100,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンセンターデフ・エンジンチューン・ターボキットのみ可

  • 1993年の全日本ツーリングカー選手権クラス1(排気量2500CC以上)のチャンピオンマシン。
    星野一義/影山正彦 組のドライブで9戦中4勝を記録、影山正彦氏がチャンピオンを獲得している(星野一義氏はF3000でのクラッシュの影響により1戦欠場)。
  • 1990年にグループAレースを勝利する為に投入されたR32型GT-Rは、圧勝劇を演じた衝撃のデビュー戦からカテゴリーが終了する1993年までに無敗の29連勝を記録した。
    (といっても、初年度の活躍を目の当たりにしたライバルチームが翌年から撤退、もしくはGT-Rへ乗り換えをした故に実質ワンメイクレース状態になったうえの記録ではあるが)
  • 国内レースだけでなく、スパ・フランコルシャン24時間総合優勝やマカオグランプリ、バサースト1000kmなどの海外のツーリングカーレースでも数多くの成果を上げており、まさに一時代を築いたレースカーである。
  • ベースはスカイライン GT-R NISMO。通常のウイングに加えてトランクガーニーを装備していたためリアのダウンフォースは十分であったが、逆にフロントのダウンフォースが不足しすぎて、富士スピードウェイのホームストレッチではフロントがスッカスカだったらしい(ハセミモータースポーツでドライバーを務めていた、長谷見昌弘氏曰く「リアウィング取りたかった」)。ただその状態でグループAの公認を取っていたため、ウィングもガーニーも外す事が出来ず、苦肉の策として、トランクとウィングの間にワッシャーを挟みウィング自体を後傾させ、少しでもアタックアングルを減らしていたとか。
  • Gr.Aのレギュレーションは「サスペンションアームは変更OK、ただしダンパーの取付位置やサスペンション形式は変更不可」なはずだが、本車の足回りはダブルウィッシュボーンに作り変えられている。一見サスペンション形式が変わっているように思えるが、マルチリンクがダブルウィッシュボーンの派生形式と見なされたために出来た荒業である。



*1 FIA-グループA

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-22 (木) 09:51:17 (333d)