Top > XJR-9 '88
分類性能
メーカージャガー総排気量6,995ccPP680
国籍イギリス最高出力760PS/7,200rpm
(927PS/7,000rpm)
全長4,800mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/FIA-グループC最大トルク79.5kgfm/5,500rpm
(97.1kgfm/5,500rpm)
全幅2,000mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,030mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量894kg/49:51
内装再現PWR0.96kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.198,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキットのみ可

XJR-12.jpg

  • ポルシェを始めザウバートヨタ、ニスモ等の強豪と並んでTWR・ジャガーが運用した、グループCマシンを代表する車種。
    本車は1988年のル・マン24時間レースにてポルシェ962Cとの歴史に残る激戦を制し見事優勝。
    優勝車である2号車のドライバーはJ.ラマース・A.ウォレス・J.ダンフリーズの3名。
  • 搭載エンジンは市販車XJ-Sを源流に持つ自然吸気の大排気量V12で、ターボエンジン全盛のCカーレースのトレンドに逆らう形であり、当時としては異様な存在だった。
    市販型エンジンの延長上というこのエンジンは、極めてシンプル且つコンパクトに纏まっていた為、純レーシングエンジンに見られる重量・サイズの問題とは無縁であった。
    85年の参戦当初は6リッターSOHCであったが、翌86年には6.5Lに、88年から7.0L(シーズン途中のWSPC第7戦ブランズ・ハッチからDOHCヘッドに強化)、91年ル・マンでは7.4Lにまで強化されたが、7.4L化はやや無理があった模様で冷却や燃費性能に悪影響が出てしまった。
    ポルシェやザウバーと違って過給機は無かったが、燃費はかなり厳しく、WSPCなどの短距離戦ではガス欠に陥った事もあった。
  • リアタイヤを覆うスパッツは当時のグループCのトレンドであったが、タイヤ交換時のロス・破損時の車両やタイヤへのダメージリスクの高さ等を理由に耐久レースでの採用例は減少して行く。
  • 1988年のWSPCはポルシェ962C、ザウバーC9、そしてジャガーXJR-9の実力が拮抗したシーズンとなるも、XJR-9は前述のル・マン制覇を含む全11戦中6勝を記録。
    TWRジャガーとしては2年連続のチーム、マーティン・ブランドルのダブルタイトルを獲得。
    • また、北米で開催されたIMSAのGTPクラスに白赤緑のカストロールカラーをまとって参戦したXJR-9はデビュー戦となったデイトナ24時間レースで1-3フィニッシュを決めたが、シーズン2勝に終わりシーズン3勝を記録したポルシェ962がタイトルを獲得。

+  余談

+  派生モデルの解説




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-05 (土) 12:32:51 (15d)