Top > GT-R ブラックエディション '12
分類性能
メーカー日産総排気量3,799ccPP546
国籍日本最高出力550PS/6,400rpm全長4,670mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク64.5kgfm/3,200rpm全幅1,895mm
モデル高品質駆動形式4WD(30:70)全高1,370mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,730kg/52:48
内装再現PWR3.15kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.9,471,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンデフォルトでダウンフォースが存在(20:20、調整不可)
  • 備考:フラットフロア装着可能
+  ←カラーバリエーションを表示

R35ブラックエディション.jpg

  • 2007年にデビューした「R35型GT-R」は開発者の水野和敏氏の言葉どおり年次改良を繰り返し、2010年モデルで最高出力が530PSに増加、2011年モデルでは外装のリファインが実施されるなど進化を続けていた。
    そして2011年11月に発表された2012年モデルは、外装は2011年モデルと大差ないものの、最高出力が530PSから550PSにアップする等のリファインが施され、更なる進化を果たした。
  • 2012年モデル最大の特徴は「左右非対称サスセッティング(右ハンドル車限定)」である。
    前輪を駆動するプロペラシャフトが中心からわずかに右側にあり、ドライバーも右に座るため、停車時の重量は右側に少し偏っている。(約50kgほど重い)通常では、このまま走行すると左右重量配分の悪さに起因するアンダーステアとなってしまう。このアンダーステアを解消するべく、左前のサススプリングを硬めに、左後ろのサスアームに上反角を、右後ろのサスアームには下反角を持たせる。
    これにより、走行中左右のタイヤにかかる荷重を均等に配分できるが、GT6内においてこのサスセッティングが再現されているかは定かではない。
  • なお、2011年に「スペックV」が生産終了したのを受け、そのキャラクターを具現できるカスタマイズオプションとして、Pure Edition専用オプション「For TRACK PACK」が新たに設定された。
  • フロントバンパーの2段フィンに取り付けられたLEDハイパーデイライトは、GT6では走行中常に点灯している。実車でも同様であり、これが標準である。(消灯するスイッチはディーラーオプションとして用意されている)また、リアディフューザーに取り付けられているリアフォグランプは点灯しない。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-02 (水) 20:52:42 (716d)