Top > GTI ロードスター ビジョン グランツーリスモ
分類性能
メーカーフォルクスワーゲン総排気量---ccPP608
国籍ドイツ最高出力---PS/---
(559PS/6,500rpm)
全長---mm
カテゴリレーシングカー/ビジョン・グランツーリスモ最大トルク---kgfm/---
(67.8kgfm/4,500rpm)
全幅---mm
モデル高品質駆動形式4WD全高---mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量---kg(1,200kg)/50:50
内装再現PWR2.14kg/PSTM7速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.100,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼントシーズナルイベント(期間限定)チューン全項目チューン不可
駆動力配分の調整不可
  • 備考:ディーラーでのギャラリービューと購入納車時の演出が通常車両と異なる
+  ←カラーバリエーションを表示

GTI VGT.jpg

  • ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」が開発・デザインした、2ドアロードスタータイプのコンセプトスーパーカー。
    グランツーリスモ15周年記念企画「Vision Gran Turismo」の1つとして、2014年5月に発表、翌月に公開された。
  • エンジンはフォルクスワーゲン伝統のVR6型V6TSIユニットを横置きに搭載。排気量はその中でも最も高い3.0Lとなる。
    これにツインターボを搭載する事で、559PS/6,500rpm・67.8kgfm/4,500rpmもの強大なパワーを生み出した。
    組み合わせられるトランスミッションは、専用にプログラミングされた7速DSGで、サーキットでの最速のシフトチェンジを実現した。
  • 車体デザインにはクラウス・ビショフ氏やマルテ・ハマーベック氏等、フォルクスワーゲンの専属デザイナーが総動員された。
    「GTI」の名の通り、そのデザインには歴代GTIの特徴や意匠が随所に散りばめられ、GTIのDNAを感じさせるものとなっている。
    外観上の最大の特徴は極端に低く切り取られたウィンドスクリーン。これは強烈な加速を肌で感じるための処置である。
    ドアはシザーズドアを採用し、またレーシングマシンをイメージしてハンドルには「RADIO」「PIT」ボタンが備えられた。
  • 駆動方式には7代目ゴルフと同等の第5世代四輪駆動システム「4MOTION」が組み込まれた。
    ボディ前後に装着されたスポイラーの高い空力特性も相まって、安定性とコーナリング性能を高次元で両立している。
    重い4WDシステムを採用しつつも、車体各所にFRPやカーボンを多用する事によって、1,200kgという車両重量を実現した。
    前後ブレーキには、やはり7代目ゴルフと同等のベンチレーテッド・セラミックディスクを採用し、且つ大口径化されている。
  • 本車もメルセデス・ベンツ AMG VGTと同様に、内装や内部メカニズム等が綿密に設定されおり、実寸大モデルも製作された。
    その初披露も数十万のファンが集まる「GTIミーティング・イン・ヴェルターゼー」である等、相当な力を以て製作された事が伺える。
    将来のフォルクスワーゲンの市販自動車に与える影響も、決して少なくはないだろう。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-14 (月) 17:50:57 (281d)