Top > ミト 1.4 T スポーツ '09
分類性能
メーカーアルファロメオ総排気量1,368ccPP382
国籍イタリア最高出力155PS/5,500rpm全長4,070mm
カテゴリノーマルカー/3ドアハッチバック最大トルク20.5kgfm/5,000rpm全幅1,720mm
モデル高品質駆動形式FF全高1,475mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,145kg/63:37
内装再現PWR7.38kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,850,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント国内Bライセンス・オールゴールドチューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

ミト.jpg

  • アルファロメオ ミトは、2008年に発表されたプレミアム・コンパクトカーに代表される車種である。
    アルファの中ではボトムレンジに新投入された機種となる。
  • 名称のミトとはラノでデザインされ、リノで生産されるという意味。
    海外ではMi.Toとピリオドが入るが、日本ではアルファベット表記でもMiToとピリオドが入らない表記が一般的。
    ロゴバッジだとMの最右縦棒とiの縦棒、そしてiの点とTの横棒が共用されるデザインとなっていて、ぱっと見だとMTOと思ってしまうがMiToである。
  • プラットフォームはグループ会社であるフィアット・グランデプント(ベースモデルは未収録だが、アバルト仕様は収録)と共用となっている。
  • 本作に収録されている1.4Tスポーツは、ハンドル位置や装着されているカーナビから推測するに、2009年5月に発売された日本仕様と思われる。
    プレミアムスポーツと位置された割に、エアコンがマニュアル仕様のみだったり、ドアミラーが手動格納式だったりという謎なポイントがあり批判対象になったことがある。
    この時期はノーマルのDOHCターボ+6MTしか存在しなかったが、2010年からはMultiair1.4Lエンジンに変更された上に、6速DCT仕様が追加となった。
    現在の日本にはこの135馬力版しか輸入されていないが、地域によってはは「クアドリフォリオ・ヴェルデ」と呼ばれる170psのハイパワーMultiairターボが設定されている。
    他にも0.9LTwinairや1.3Lディーゼルなど、日本では分からないが、エンジンバリエーションは豊富である。
  • 2018年10月に、生産終了した。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-18 (日) 02:01:22 (22d)