Top > Speed 8 '03
分類性能
メーカーベントレー総排気量4,000ccPP683
国籍イギリス最高出力632PS/6,000rpm
(796PS/6,000rpm)
全長4,645mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/ACO-LMGTP最大トルク77.5kgfm/4,000rpm
(97.7kgfm/4,000rpm)
全幅1,992mm
モデル高品質駆動形式MR全高970mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量900kg/49:51
内装再現PWR1.13kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.190,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキットのみ可

スピード8前.jpg

  • 1998年にベントレーがフォルクスワーゲン社に買収され、レース活動の再開を認められた後、99年のル・マンでアウディが作り上げたもう一つのR8と呼べるクローズドプロトタイプ・アウディ R8Cをベースに製作された。
  • 当時のル・マンでは航続距離とコーナリング性能が重要と考えられていたため、空気抵抗こそ大きいが、タンクが大きく太いタイヤを使えるオープンが大半で、本車は唯一のクローズドプロトタイプであった。
    クローズの場合空気抵抗が少ない代わりに1サイズ細いタイヤしか使えない事から、コーナリング性能は期待できない。
    逆にオープンより1サイズ大きいリストリクターを使える事を利用。開き直ってR8の3.6Lに対して4Lにまで排気量を上げ、高速セクションをこれまでかというほど重要視した。
    この排気量拡大と引き換えに燃費性能が更に悪化してしまったが、増えたピット回数分のロスタイムを向上したラップタイムで補うというやや強引な手法で挽回してしまったのは見事。2013年のR18vsTS030同様、ルマンでは他のコースと異なり、本車の解が正解なのかもしれない。
  • ル・マン優勝三ヶ年計画の集大成となった2003年、ベントレーはアウディのワークス活動終了を契機に「ル・マン優勝請負人」と名高いTeam Joestとタッグを組む。
    同じVWグループ、元々のシャーシを作ったメーカー、エンジンもそのメーカー、オペレーションも昨年までのワークスと、実質的にはアウディワークスのマシンスイッチに等しかった。
  • プライベーター中心のアウディ側がトラブルに苦しむ一方、ベントレー側はほぼノントラブルで走り続けた。唯一8号車がバッテリー交換の為長時間ピットストップを強いられたが1930年以来のル・マン通算6勝目の勝利を、"フロントロー独占・8号車のファステストラップ・7号車と8号車の1-2フィニッシュ"という最高の形で手に入れ、ベントレーは再びモータースポーツの表舞台から姿を消した。
    優勝車7号車のチームクルーはT.クリステンセン/R.カペロ/G.スミスで377LAP、2位8号車はJ.ハーバート/M.ブランデル/D.ブラバムの元F1トリオで375LAPを走りきり両車完走。
  • またこの年のル・マン参戦時、7号車と8号車はウィングの形状が異なっている。興味がある人は調べてみると良いだろう。
    簡単に書けば8号車のリアウィングはアウディR8に近い形状となる。ベントレー陣営(Team Joest)は7号車を"ダウンフォース重視"、8号車を"最高速重視"という異なるセッティングを採用していた、ということ。

+  余談



*1 この車、元々が元々なのでダイエット幅は驚きの700kg!

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-09 (日) 22:58:21 (1808d)