Top > 180SX Type X '96
分類性能
メーカー日産総排気量1,998ccPP409
国籍日本最高出力205PS/6,000rpm全長4,520mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク28.0kgfm/4,000rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,290mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,220kg/59:41
内装簡易PWR5.92kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,498,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1989年5月から1998年12月の約10年に渡って生産された180SX。
    S13型シルビアとは基本骨格を同じくする姉妹車で、搭載エンジンや車両の特性・解説はそちらにほぼ準ずる。
  • デートカーと位置付けられたシルビアに対し、こちらは全車ターボ付きのスペシャルティカーとして投入された。
    車名は発売当初の排気量が1800ccであった事と、輸出仕様のシルビアに付けられていた名前「SX」に由来する。
    外装にも、1989年当時の北米仕様シルビアである「240SX」に準ずるリトラクタブルライトが装着された。
  • 1991年には中期型へビッグマイナーチェンジし、シルビアと同じくエンジンをCA18DET型からSR20DET型に変更。
    排気量が2000佞乏搬隋∈嚢盻侘呂205PSに向上した他、外装もダミーグリルの廃止等の小変更がなされた。
  • 1996年に2度目のビッグマイナーチェンジを受けた後期型となり、新たにNAモデル「TYPE S」を追加。
    ABSの標準装備やブレーキの強化に加え、スカイライン風の丸型テールランプや大型スポイラーの採用等が行われた。
    なお、収録モデルの「TYPE X」は、上記装備に加えてリモコンドアロック等を追加装備した上級グレードにあたる。
  • 本来180SXは、S13型シルビアのフルモデルチェンジと同時に生産を終了する予定であった。
    しかし、北米における240SXの人気や、次期モデルであるS14型シルビアの不評等から、販売・マイナーチェンジを継続。
    シルビアのフロントを移植する「シルエイティ」が流行し、後に日産純正で限定販売される等、国内の人気も高かった。
    こういった側面を持つ本車は、99年にS15型シルビアに統合されるまでS13型のまま販売され続けた長寿モデルとなった。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-10-14 (木) 18:01:07 (46d)