Top > MP4-12C '10
分類性能
メーカーマクラーレン総排気量---ccPP581
国籍イギリス最高出力600PS/-rpm
(609PS/7,500rpm)
全長4,509mm
カテゴリノーマルカー/スーパーカー最大トルク61.2kgfm/-rpm
(64.3kgfm/3,000rpm)
全幅1,908mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,119mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,350kg/44:56
内装再現PWR2.21kg/PSTM7速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.22,500,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンダート走行不可
デフォルトでダウンフォースが存在(0:80、調整不可)
+  ←カラーバリエーションを表示

MP4.jpg
  • ↓空力ブレーキシステム:高速走行からのブレーキング時に作動する
MP4B.jpg

  • F1以来およそ15年ぶりのオリジナルロードカーである本車は、2010年に発表され2011年から生産開始されたスーパーカーである。
  • 車名の由来は、V型12気筒エンジン並みの性能を備えた、カーボンファイバー(Carbon Fiber)を使用した事から来ている。
    MP4とは、1981年以来マクラーレンのF1マシンで使用されている呼称で、現在は車名から"MP4"の表記が外れ、"12C"と呼称されている模様。
  • 最大の特徴は、市販車としては世界初となる1ピース構造のカーボンファイバーコンポジットシャシーを採用している事である。
    「モノ・セル」と呼ばれるこのシャシーは、コックピットを囲む構造体が一体成形のカーボンコンポジットでできている。
    単体重量は僅か80kgに抑えられており、更に金属疲労が発生しにくいとされている。
  • 搭載エンジンは日産製VH型エンジンをベースに、リカルド社と共同開発されたM838T型3.8リッターV8ツインターボで、最高出力は600psとなる。
    ドライサンプ化とフラットプレーンクランクシャフトの採用により、車体中央の低位置へのマウントを可能にした。
    これに組み合わされるトランスミッションはゲトラグ製7速DCTで、「プリ・コグ」と呼ばれるシフト時間を短縮する機構が備わっている。
  • サスペンションは前後ダブルウィッシュボーンで、電子制御サスペンションを導入してハンドリングと乗り心地の両立が図られた。
    インパネの「アクティブダイナミクスパネル」のスイッチ操作により、ノーマル・スポーツ・ハイパフォーマンスの3モードが切り替えられる。
  • 更にコーナーリング時に内側のリアタイヤにブレーキをかける事でアンダーステアを防ぐ「ブレーキステア」を備える。
    ブレーキはアルミ製とされオプションでカーボンブレーキも用意されている。
  • 現在のハイパフォーマンスカーではトレンドとなったエアブレーキ等のハイテクデバイスも装備され、強力なダウンフォースを発揮する。
  • 2012年にはマイナーチェンジがなされる。最高出力が625psにアップする他、ヘッドライト等に改良が加えられる。
    なお、マイナーチェンジ前に購入したオーナーには、改修を無償で行うアフターケアがされるという。
  • 2014年4月4日に生産終了が発表、 MP4-12Cは僅か3年そこそこで姿を消す事となった。
    2014年3月のジュネーブモーターショー14で初公開された650Sが事実上の後継車と言われている。

+  余談

+  派生モデルの解説




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-31 (月) 17:48:49 (346d)