Top > カプチーノ (EA21R) '95
分類性能
メーカースズキ総排気量658ccPP339
国籍日本最高出力64PS/6,500rpm全長3,295mm
カテゴリノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク10.5kgfm/3,500rpm全幅1,395mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,185mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量690kg/51:49
内装再現PWR10.78kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,460,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

カプチーノ95.jpg
  • ↓走行時にハードトップ化
カプチーノ95T.jpg

  • スズキ・カプチーノの後期型。モデル解説の詳細は前期型を参照のこと。
  • 搭載エンジンを3代目アルトワークスで新開発・搭載されたオールアルミのK6A型に変更、最大トルクが向上した。
    他にもエンジンやホイール等の軽量化による10kgの軽量化、3速ATを追加して客層を広げる等の改良が行われた。
    このマイナーチェンジでは内装やエンジンの質感低下を指摘する声もあったが、走行性能の向上は確かであった。
  • 1998年10月、バブル崩壊に伴う市場の低迷と軽自動車の規格変更に伴い、セルボモードとともに生産を終了した。

+  チューナー業界でのEA21R型について




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-02 (火) 01:44:08 (37d)