Top > G35 クーペ '06
分類性能
メーカーインフィニティ総排気量3,498ccPP446
国籍アメリカ最高出力302PS/6,400rpm全長4,640mm
カテゴリノーマルカー/2ドアクーペ最大トルク35.9kgfm/4,800rpm全幅1,815mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,395mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,598kg/54:46
内装再現PWR5.29kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.4,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

G35クーペ.jpg

  • CV35スカイラインクーペのインフィニティバージョン。
    国内版はスタンダード相当なのに対し、こちらはプレミアム相当。日本とアメリカでどれだけ本車の評判が違ったかが解る。
  • エンジンは、V型6気筒3.5L VQ35DE型に専用チューンが施されたものを搭載している。
    チューニングを施した事により、吸排気系の効率向上や低中速域でのフリクションロスが軽減された。
    その結果、最高出力・最大トルクともに向上し、Z33フェアレディZと同値となった。
  • このエンジンに組み合わされるトランスミッションは、ジヤトコ製MTモード付フルレンジ電子制御5速AT・愛知機械工業製6速MTが採用された。
    なお、6速MTについてはZ33フェアレディZに採用されたものの小型・軽量化版であり、R34以前のモデルで採用されていた5速MTと同等の重量・サイズを可能にしている。
  • クーペのデザインは、日本よりも北米に比重が置かれてデザインされた。
    L字型テールランプやダブルアーチグリル等、セダンと共通のテーマを持っている部分が多いが、外板や外装部品には一切共有部品を持たない。
    また、セダンと共通のL字型テールランプの中にLEDを円形に配列した事により、セダンでは廃止されていたスカイライン伝統の丸型テールを復活させている。
    日産はこの丸型テールの採用はスカイラインの伝統のためではなく、デザイン性や視認性のためであると説明している。

+  以下余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-19 (日) 12:02:03 (1028d)