Top > スカイライン GT-R Vスペック II (R32) '94
分類性能
メーカー日産総排気量2,568ccPP456
国籍日本最高出力280PS/6,800rpm全長4,545mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク36.0kgfm/4,400rpm全幅1,755mm
モデル高品質駆動形式4WD(35:65)全高1,340mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,500kg/59:41
内装再現PWR4.82kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.5,290,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
  • 備考:フラットフロア装着可能
+  ←カラーバリエーションを表示

スカイラインR32.jpg

  • 所謂ケンメリから16年、遂にR32型(8代目スカイライン)でスカイラインGT-Rが復活を果たした。
  • エンジンは形式こそRB型ながら事実上新開発のRB26DETTを搭載し、Z32型フェアレディZに続いて最高出力280psを達成した。
  • 搭載された4WDシステムはアテーサE-TSと呼称される。
    通常はFR状態だが、Gセンサーや車輪速センサーからの信号によってフロントに自在に駆動力を配分できるシステムで、重い車体ながら高い旋回性能を誇った。
  • R32型GT-Rは日産車で初めてニュルブルクリンクでテストを行ったクルマとして知られる。
    最初はシルビアに偽装されたテスト車両が持ち込まれたが、5km地点でタービンブロー。その周回を終えるまでに20分も掛かり、ニュルの厳しさを思い知らされたというエピソードが残っている。
    そうした困難を乗り越え、更には当時のグループA基準を徹底的に研究した結果、完成したR32型GT-Rは国内レース界を席巻する事となる。
    全日本ツーリングカー選手権で戦った1990年の初戦から1993年の最終戦までの29連勝は、今なお語り継がれる伝説である。
    しかし、その強さゆえにJTCクラス1が事実上のワンメイク状態になってしまい、グループA自体が解消する大きな要因ともなった。
  • 当モデルはVスペック IIと呼ばれる、この4連覇を記念したモデルである。
    Vスペックが設定された当時では認可されなかった245/45R17という幅広タイヤを装備している(Vスペックは225/50R17)。
  • 8代目スカイラインの登場から4年後の1993年、スカイラインは9代目となるR33型へとフルモデルチェンジした。
    しかしR32型GT-Rの生産は続き、1995年、R33型GT-Rの登場と共に生産を終了する。
    日本のスポーツカーの歴史を語る上で欠かせないモデルとなったR32型GT-R、その総生産台数は43,934台にも上る。

+  余談



*1 『自動車ロン頂上作戦』P.139。GT-Rのくだりは一部伏字になっているが、年代、時期からしてほかに該当するクルマはない。
*2 GTCではライバルカーとしての登場。
*3 グレードを問わなければR34 GT-RFD3S型RX-7がこの記録に並ぶが、同一のグレードで5回のモデリングを受けたのはこのR32 GT-R Vスペック IIとランエボIVのみ。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-03 (木) 05:55:52 (18d)