Top > GT-R スペックV '09
分類性能
メーカー日産総排気量3,799ccPP535
国籍日本最高出力485PS/6,400rpm全長4,650mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク60.0kgfm/3,200rpm全幅1,895mm
モデル高品質駆動形式4WD(30:70)全高1,370mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,680kg/52:48
内装再現PWR3.36kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.15,750,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンデフォルトでダウンフォースが存在(20:20、調整不可)
+  ←カラーバリエーションを表示

GT-RV.jpg

  • 2009年に追加されたGT-Rにおける1グレード。
    ベースグレードとの最大の違いは後部座席を廃して2シーターとした点。車体各所に軽量素材を採用し、合計60kgに及ぶ軽量化を達成している。
    加えて専用チューンが施されたエンジン、専用のブレンボ製カーボンセラミックブレーキを採用する等、パフォーマンスが強化されている。
    しかし、開発責任者の水野和敏氏によると、0〜100km加速は標準車より落ちているとのこと。軽量化の関係で、加速で重要となるリア荷重が減る為である。このような事態になるほどGT-Rのコンセプトである「重量=リソース」が机上論でなく、実際に生きている事が解る。
  • 独自機能として、スイッチを押す事でトルクが一時的に上昇(62.00kgfm/3600-4800rpm)する「ハイギヤードブースト」を搭載している。
    ただしこの機能は残念ながらゲーム内では再現されておらず、また車両解説文では「60.00kgfm」と間違った表記になっている。
  • スペックVは2011年モデル発表時にベースモデル同等の最高出力(530PSに増加)となる小変更を受けたが、2011年7月末を以て販売を終了した。
    なお、2012年モデル発表時、スペックV同様に2シーター仕様となるPure Edition専用セットオプションが新たに設定され、実質的な後継モデルとなっている。
  • 2011年モデル以降、スペックVで採用された各種パーツは生産終了の後でも各グレードにオプションとして用意されたり、最上級グレード EGOIST(未収録)にも一部が採用されている。
  • Ultimate Opal Black (RP)はスペックV専用色で、塗装費だけで57万円という高級塗料である。スペックVの生産終了に伴い、取り扱いも終了した。
    この塗料のホワイト版 Ultimate Opal White が2011年モデルから登場した EGOIST の特別塗装として誕生した。
  • ちなみに、GTPSPでの予約特典でメタリックブルーの本車があった(コンビニ「ローソン」限定カラーリング)。
    同じメタリックブルーに塗装すれば、再現可能。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-20 (火) 21:45:21 (1034d)