Top > コブラ 427 '66
分類性能
メーカーシェルビー総排気量6,997ccPP536
国籍アメリカ最高出力492PS/6,500rpm全長3,962mm
カテゴリノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク66.4kgfm/3,500rpm全幅1,727mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,245mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,068kg/48:52
内装再現PWR2.17kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.53,055,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
ペイントを施すとストライプが消失する
プレゼント---チューンウィンドウのみ不可
+  ←カラーバリエーションを表示

コブラ.jpg

  • 「コブラ」は、アメリカ人レーサー、キャロル・シェルビーがイギリスのAC自動車にV8エンジンを搭載したクルマの開発を依頼、フォードからエンジンの供給を受けて1962年に第1号車が誕生した。
    その後もコブラは進化を続け、究極のコブラと呼ばれたのが、フォード製427ciエンジンを搭載した本モデル、ACコブラ427である。
  • 外見は愛らしくもあるが、中身は当時にしては怪物級。本来はレース用として開発されたが、後にロードバージョンとしても販売され、標準仕様でも0-400m加速12.2秒という圧倒的な加速性能を誇っていた。
    初期の生産モデルとコンペティションモデルは、フォード・ギャラクシー用をチューンした7Lの“NASCAR427”ユニットを搭載している。
  • 67年末にアメリカ合衆国連邦安全基準に合致できなくなり生産中止となるまで、348台が生産された。
    少数生産且つ損耗率が高かったため、現在オリジナルモデルには1億5000万という計り知れない値段が付けられるという。
  • 一旦は生産中止となったコブラであるが、1980年代から何度か復刻を果たし、2010年には日本でもレプリカモデルが販売されている。

+  GT6での「コブラ 427 '66」



*1 にも関わらず、前作Spec 2のOPでは、コブラがダート走行をしているシーンがある(YouTube、3:34〜)
*2 "デイリーワークアウト"の事。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-29 (水) 21:14:39 (85d)