Top > SLS AMG '10
分類性能
メーカーメルセデス・ベンツ総排気量6,208ccPP560
国籍ドイツ最高出力571PS/6,800rpm全長4,638mm
カテゴリノーマルカー/スーパーカー最大トルク66.3kgfm/4,750rpm全幅1,939mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,262mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,620kg/47:53
内装再現PWR2.80kg/PSTM7速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.19,762,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンダート走行不可
デフォルトでダウンフォースが存在(0:200、調整不可)
+  ←カラーバリエーションを表示

SLS.jpg
  • ↓アクティブリアウィング:高速走行時に作動する
SLSW.jpg

  • 本車はAMGが初めて完全独自開発したスーパーカーで、2009年のフランクフルトショーで初登場、翌2010年からデリバリーが開始された。
    商品構成的にはSLR マクラーレンの事実上の後継車ではあるが、カーボンモノコックボディは採用を見送る等して、価格は大幅に抑えられている。
    1954年に登場した名車300 SLをデザインモチーフとしており、ボディにはガルウィングドアが装備されている。
    その他、ロングノーズ・ショートデッキのシルエットや微細なディティール等、受け継がれている点は多い。
  • 60年以上の時を経ているだけに、流石にメカニズムは別物である。
    AMGの63系モデルに搭載されるM156型エンジンをベースとし、ドライサンプ化など約120箇所に専用チューニングがなされたM159型6.2リッターV型8気筒DOHCエンジンがフロントミッドシップに搭載され、最高出力は571psを発生させる。
    トランスミッションには新開発のゲトラグ製7速DCT「AMGスピードシフトDCT-7」が組み合わせられ、トランスアクスルレイアウトが採用されている。
    ボディフレームはオールアルミ製ながらカーボンモノコックを採用したSLRマクラーレンに比べて車両総重量は軽減されている。
  • ガルウィングドアは構造上、「横転するとドアが開かなくなって出られなくなる」という欠点を持っている。
    本車の場合、横転するとヒンジピンに封入したガスが点火する事でヒンジが壊れ、ドアを外す事で脱出ができる。
  • 2014年に生産終了を予定しており、それに伴って最終モデル「SLS AMG GTファイナルエディション」が発表されている。
    販売台数はクーペとロードスターを合わせて350台が生産される。事実上の後継車は2014年秋に登場したメルセデス AMG GTであるが、クラスは1つ落とされてポルシェ 911や日産 GT-Rと同格となっている。
  • レーシングモデルについてはFIA-GT3マシン「SLS AMG GT3」を参照。

+  余談

+  派生モデルの解説



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-02 (水) 20:50:54 (18d)