Top > NSX Type R '92
分類性能
メーカーホンダ総排気量2,997ccPP463
国籍日本最高出力280PS/7,300rpm全長4,430mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク30.0kgfm/5,400rpm全幅1,810mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,160mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,230kg/46:54
内装簡易PWR4.27kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.9,707,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンボンネットのみ不可
+  ←カラーバリエーションを表示

  • ホンダが1992年に発表したNSXタイプR(以下、NSX-R)は、ホンダのフラッグシップであるNSXの走りをさらに際立たせるモデルとして登場した。
    タイプRは、快適性を犠牲にしてでも走行性能をアップさせたモデルを指し、ホンダが選択した最初のモデルはNSX、つまり本モデルがホンダ最高峰のスポーツモデルという位置づけになる。
    なお、タイプRのみに許されたボディ塗装色「チャンピオンシップホワイト」と、他のホンダ車と異なるHマークの周囲を赤に変更したエンブレム(通称:赤バッジ)は、かつてホンダがF1参戦した際のF1マシンRA271に由来しており、ホンダにとっては特別な意味を持っている。
  • NSXといえば走行時の快適さにも重点をおいた設計で知られているが、NSX-Rでは遮音材、オーディオ機器・エアコンに加えて、一部の不要なメッキ塗装すら取り外し、さらに一部のパーツを軽量なものに換装するなど、グラム単位にまで拘った徹底的な軽量化を追求し、ベースモデルと比較して120kgの軽量化を成し遂げた。
    その上でクランクシャフトのバランス取りやポート研磨といったC30A型 V6 DOHC VTECエンジンの性能を引き出す方策が採られ、専用サスペンションの採用などサーキット走行向けのチューニングが施されている。
    トランスミッションも軽量化の為に5速MTのみという硬派な仕様であった。
    特別装備としてはモモ社製ステアリング、チタン削り出しシフトノブ、レカロ社のカーボン製バケットシートなどで、赤を多用したインテリアが特徴である。
  • その研ぎ澄まされた圧倒的な走行性能は初登場から20年近くを経ても全く色あせておらず、最新鋭の国産スポーツカーにも十分対抗しうる非常に素直なステアリングフィールを体感できる。
  • 当時の新車価格は970万7000円とベース車と比較して100万円以上高く、なおかつ生産期間がわずか3年ほどと短かった。
    NSX-Rは1996年に生産を終了しているが、上記の理由(価格及び短い生産期間)により生産台数が少なく、さらにタイプRが持つ性能の高さ、かつブランドイメージの確立により、状態のよい中古車は新車以上の高値で取引されることも珍しくは無い。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-04 (月) 18:46:32 (41d)