Top > GT-R LM ニスモ '15
分類性能
メーカー日産総排気量3,000ccPP655
国籍日本最高出力---PS/---
(613PS/5,400rpm)
全長4,645mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/FIA-LMP1-H*1最大トルク---kgfm/---
(95.5kgfm/4,500rpm)
全幅1,900mm
モデル高品質駆動形式FF全高1,030mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量880kg/63:37
内装再現PWR1.43kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.200,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼントGTアカデミー2015 Final Roundチューン全項目チューン不可
車高・フロントスタビライザー・ギヤ比・ダウンフォースの調節不可

GT-R_LM_NISMO.jpg

  • 1999年のR391から16年ぶりにルマンへと帰還した、日産として久しぶりのプロトタイプカー。
    一応GT-Rの名は付けられているものの、市販車としてのGT-Rとはほぼ関わりの無い車両である。
  • 駆動方式はプロトタイプカーとしては前代未聞のフロントエンジン前輪駆動(FF)方式を採用している。
    キャビンの位置が他車に対し明らかに変に見えるのはそのため。
    これはミッドシップ方式ありきのレギュレーションに対し、フロントエンジンであればリヤセクションの自由度が増し空力的に優位なシャシーを作れるため、というのが日産陣営の見解である。
  • その代わりフロントに機材が集中配置されているため、各所から「トラブルに巻き込まれたら一発でアウトだろう」というアウディと正反対の批評を受けている。
  • ハイブリッドシステムはアウディとは違い運動エネルギーを直接伝えて溜めこむ機械式フライホイールを採用。
    これを足元に設置したため、F1でもここまでは酷くないと言われるほど足を持ち上げる、窮屈な姿勢をドライバーは強いられる事に。
    また他車に対し極端に細いリヤタイヤを採用しているのが特徴*2。構造上ではリアにも駆動を得られるように設計されていたようであるが実現はしなかった。

+  レースでの活躍



*1 ハイブリッドカー
*2 FFなので「適度にグリップしないほうが良い」という理由はちゃんとあるが。
*3 LMP2の1台に同様のペナルティがあり、そのチームが最後尾になったため
*4 露骨なエンジンブローは2016-2018シーズン通して1度しか起こしていない。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-15 (火) 19:13:41 (445d)