Top > 2J '70
分類性能
メーカーシャパラル総排気量7,600ccPP663
国籍アメリカ最高出力689PS/7,200rpm
(693PS/7,000rpm)
全長3,683mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/FIA-グループ7最大トルク---kgfm/---
(76.0kgfm/6,000rpm)
全幅1,981mm
モデル簡易駆動形式MR全高---mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量821kg/47:53
内装再現PWR1.18kg/PSTM3速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.450,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキットのみ可
ダウンフォースは存在しない

  • 前作「2H」で大敗を喫したシャパラル・カーズが1970年のCan-Amシリーズに満を持して投入したファン・カー
    白物家電のような洗練されたスタイルと車体後部のファンが特徴で、マニアからは「室外機」と呼ばれ親しまれている。
  • 原型はGMの技術実験車で、シャパラルがSCCA(Sport Car Club of America)のCan-Amシリーズに参戦するためにそれを改良する形で製作された。
    通常動力にはシボレー製V8エンジンに2D譲りの3速セミオートマチックトランスミッションを組み合わせたものを搭載。
    それとは別に45PSを発生するスノーモービル用エンジンを2基搭載し、その動力で直径17インチ(約43cm)もの巨大な後部ファンを駆動して強力なダウンフォースを発生した。
    さらにファンによる効果をより大きなものにするため、ボディ下部にリアサスペンションと連動する可動スカートを装着し、車体下面の機密性を高めていた。
    ファンによるダウンフォースの効果で停止時より明らかに車高が下がっていくのをはっきりと確認できたという。
  • 斬新な機構の採用で2Jレースカーはポルシェやマクラーレンなどの強豪ワークスがひしめくCan-Amでも高いポテンシャルを発揮した。
    予選では出場した4戦すべてでポールポジションを獲得し、ある時には2位と2.2秒もの差をつけたラップタイムをたたき出したことすらあったが、決勝レースでは複雑なマシン構造が仇となって完走できたのは1戦のみだった。
    1971年度の活躍に期待が寄せられたが、マクラーレンをはじめとする他のワークスが2Jがあまりにも速すぎるとしてSCCAに抗議。
    その結果レギュレーションに2基以上のエンジン搭載を禁止されてしまったため、シャパラルはCan-Amシリーズから撤退を余儀なくされてしまう。
    ファンカーシステムも、1978年のF1GPにブラバムがBT-46Bを投入するまで、深い歴史の闇に埋もれてしまうこととなった。
    しかもそのブラバムBT-46Bも他チームから「速すぎる」とクレーム殺到で即引退を余儀なくされた。
    その後、現在に至るまでファンカーシステムを搭載した車両やファンを搭載できるレースがほぼ存在しない。

+  GT5、6における2J




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-23 (火) 18:50:54 (30d)