Top > SUBARU BRZ R&D SPORT '12
分類性能
メーカースバル総排気量1,994ccPP510
国籍日本最高出力350PS/6,000rpm全長4,530mm
カテゴリレーシングカー/SUPER GT-GT300最大トルク45.0kgfm/4,000rpm全幅1,920mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,110mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,150kg/53:47
内装再現PWR3.28kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.50,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンエンジンチューン・ターボキットのみ可

BRZ300.jpg

  • 市販モデルが東京モーターショーで展示され、同時にGT300仕様車の本車も公開された。
  • 2011年まではレガシィを使用していたR&D SPORTより2012年からSUPER GT GT300クラスに参戦。プロトタイプの開発はSTIが行ったが、実戦投入後はR&D SPORTがシャシーを、STIがエンジンをそれぞれ開発している。基本的部分は前年までのレガシィからの引き続きターボエンジンとFRの組み合わせである。
    • R&Dのレガシィは初年度はAWD、二年目以降はトランスアクスルFRレイアウトを採用し参戦していたが、後継車であるBRZ GT300では「市販車との繋がり」を重視し、市販型BRZ同様のエンジンの直後にトランスミッションを積む一般的なFRレイアウトのマシンとして参戦していた。
    • しかし、2017年に前後重量配分をリヤよりとし、トラクションを掛ける事を狙い、前述のレガシィ同様トランスアクスルFRレイアウトとなった。
  • 小排気量のターボエンジンを使用し、GT3勢より軽く重量バランスに優れていることによりコーナリング性能が高いことが長所なのだが、(JAF-GT勢共通の弱点であるが)直線スピードが不足気味になることも多々ある。
    • 特に参戦初期の頃の性能は一部では語り草であり、「コーナリングスピードはGT300上位どころかGT500クラスだが、直線が絶望的に遅い」と言われていた。
    • 2013年の第5戦(鈴鹿)で初優勝し2016年の鈴鹿1000kmを含め鈴鹿サーキットで2勝を上げ、鈴鹿での強さがある一方で、2014年の富士300劼罵ゾ,靴唇奮亜他のサーキットでの優勝がなかったが、2018年の第6戦菅生で優勝した。
    • 年々速さに磨きをかけるGT3勢に押されなかなか勝ちきれないということも多いが、毎年着実にポイントを稼いで年間成績上位にランクインしている。
  • のちに参戦してくる兄弟車の86がGTAの認可・販売のマザーシャシーを利用した参戦であることから、FRであること以外ほぼ別物という状態になっているが、BRZは型式が異なるものの、自社製の水平対向エンジンを持続し参戦しているということがひとつのアイデンティティーとなっている。
  • なお、収録モデルは第5戦鈴鹿1000km以降に導入された左フロント1本出しマフラーを装着し、且つフードに空気取り込み用のノーズが無い事から、第6戦富士仕様だと思われる。
  • 初代モデルがベース車となるBRZは2020年シーズンがラストシーズンとなり、2021年シーズンよりベース車を2代目モデルへとフルモデルチェンジした。
  • GT6内のGT300車両の中で最も高いppと馬力を持つ。

+  収録年度以降の戦績




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-09-13 (月) 13:04:50 (8d)