Top > バイパー GTS '02
分類性能
メーカーSRT総排気量7,997ccPP516
国籍アメリカ最高出力456PS/5,200rpm全長4,488mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク67.7kgfm/3,700rpm全幅1,923mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,219mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,569kg/48:52
内装再現PWR3.44kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.9,040,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
ノーストライプモデルにペイントを施すとストライプが出現する
プレゼント---チューン---
  • 備考:フラットフロア装着可能
+  ←カラーバリエーションを表示

バイパーGTS.jpg

  • ダッジ・バイパーは1989年の北米国際モーターショーで発表され、1991年12月より市販が開始された。
    当初はコンバーチブルのみの展開で3年間の限定販売の予定であったが、想定以上の売り上げを記録したため継続販売となった。
    1993年にはデイトナ・コブラの再来と呼ばれるクーペボディのGTSが追加された。
  • 搭載エンジンはオールアルミ製の8リッター水冷V型10気筒OHVユニット。市販車としては最大級の排気量を持つエンジンである。
    これはラムに搭載されていたV10ユニットを、当時クライスラー傘下だったランボルギーニがチューンしたもの。
    基本構造はコンバーチブルのRT/10に準ずるが、約20%の排圧低減により最高出力450PS、最大トルク69.2kgmと若干アップしている。
  • 他のメカニズムも変更はなく、サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーンを採用。
    アルミ鍛造のAアームやステアリングナックル、リアハブキャリアなどもスチールからアルミへ変更されており、バネ下重量が軽減されている。
  • このGTSは、1996年モデルのRT/10同様シャシーが強化されており、鋼管チューブラーフレームは14%軽量化しつつも剛性は25%上昇している。
    エクステリアはRT/10から若干変更されている。ノーズはエアダムが張り出しており、エアスクープを追加。
    かつてのイタリアのカロッツェリアが採用したダブルバブルルーフ、ダックテールを始めとするリアエンドの処理など、かなり印象が異なる。
  • インテリアはRT/10同様シンプルで、革巻きのステアホイールの奥には大径のメーターが、ダッシュボードには4連メーターがレイアウトされる。
    シートは本皮製のリクライニングバケットタイプでRT/10と同じ形状を持ち、3点式のハーネスを装備。
  • 2002年12月を持って販売終了となり、バイパーは2代目へモデルチェンジした。
    日本へは初代のみが親会社のクライスラーブランドで導入されていた。

+  余談

+  派生モデルの解説

+  日本のレースでは




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-02 (水) 19:43:41 (67d)