Top > ランサーエボリューション VI ラリーカー '99
分類性能
メーカー三菱総排気量1,997ccPP479
国籍日本最高出力302PS/6,000rpm全長4,350mm
カテゴリラリーカー/WRC-グループA最大トルク52.0kgfm/3,500rpm全幅1,770mm
モデル簡易駆動形式4WD(30:70)全高1,415mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,230kg/54:46
内装簡易PWR.kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.30,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンエンジンチューン,ターボキットのみ可

  • 99年に三菱が投入したニューマシン。ドライバーはトミ・マキネンとフレディ・ロイクス。この年マキネンは4勝を上げチャンピオンに輝いた。
    これによりマキネンは、96年から4年連続ドライバーズ獲得という金字塔を打ち立てた(現在はセバスチャン・ローブにより塗り替えられている)。
  • 2段ウィングはWRC Gr.A規定では問題なかったが、翼面積がWRカー規定の2倍近くになるとしてFIAが指導したため、下段とトランクの間にある隙間をカーボンケブラーで塞ぎ、上段ウィングのみが機能するようになっている。
  • 1997年よりWRカーで参戦するメーカーが増える中、改造範囲の狭いグループAでタイトルを取ったことは驚異的である。因みに、グループAでタイトルを取ったのはこの車が最後である。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-22 (土) 14:55:44 (47d)