Top > ランサーエボリューション VI ラリーカー '99
分類性能
メーカー三菱総排気量1,997ccPP479
国籍日本最高出力302PS/6,000rpm全長4,350mm
カテゴリラリーカー/WRC-グループA最大トルク52.0kgfm/3,500rpm全幅1,770mm
モデル簡易駆動形式4WD(30:70)全高1,415mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,230kg/54:46
内装簡易PWR.kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.30,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンエンジンチューン,ターボキットのみ可

  • 1999年に三菱が投入したニューマシン。収録モデルとなる1号車のドライバーはトミ・マキネンとフレディ・ロイクス。
    外装は基本的に市販車と同一だが、2段式リアウイングはFIAから空力の規制を受け、下段とトランクの間が塞がれている。
  • 計38戦に参戦し、1999年にはトミ・マキネンが4年連続のドライバーズタイトルを獲得するも、以降は徐々に成績が低下。
    最終年の2001年にはFIAの許可を得て大改造が行われ、シーズン後半に6代目ランサーがベースのWRカーへ切り替わった。
  • 1997年よりWRカーで参戦するチームが増える中、改造範囲の狭いグループAでタイトルを獲得した最後の車両となった。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-23 (土) 17:17:56 (50d)