Top > スピットファイア 1500 '74
分類性能
メーカートライアンフ総排気量1,493ccPP319
国籍イギリス最高出力72PS/5,500rpm全長3,780mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク11.4kgfm/3,000rpm全幅1,488mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,162mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量809kg/48:52
内装簡易PWR11.23kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,720,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • トライアンフはかつて存在したイギリスの会社でありブランド。色々あって現在はBMWが資産を所有していることになっているが、トライアンフのブランド名は現在使われていない。
    • ちなみに現在も頑張っている「オートバイメーカーのトライアンフ」も元々は同じ会社である。
      昔昔1930年代の話で、「オートバイ部門は好調だったが自動車部門が足を引っ張っていた」から切り離したというヤマハとはまた違った理由で現在の形に至っている。
  • スピットファイアは1962年に誕生。そこからMK I〜MK IVまで登場し、1974年に最終型となる本車「1500」が登場した。
  • 排出ガス規制の対策のために1500ccに排気量が拡大されたが、故障が多発したらしい…。
    しかし、それでも生産台数9万台を超えるヒット作となった。
  • アメリカ向けは、低オクタン化の無鉛ガソリンに対応させるため、圧縮比が低められ、結果として最大出力が50馬力ほどになってしまった。
    • なお、日本にはこのモデルが輸入されていた。
  • 1981年、生産していた工場が閉鎖されたために生産終了。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-18 (月) 16:19:34 (1665d)