Top > V12 バンテージ '10
分類性能
メーカーアストンマーティン総排気量5,935ccPP521
国籍イギリス最高出力517PS/6,500rpm全長4,380mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク58.2kgfm/5,750rpm全幅1,865mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,241mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,680kg/51:49
内装再現PWR3.24kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.21,735,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンダート走行不可
過給器のみ不可
  • 備考:フラットフロア装着可能
+  ←カラーバリエーションを表示

バンテージ.jpg

  • V12 バンテージは、2009年3月のジュネーブモーターショーでデビューした。エンジンはベースモデルのV8 バンテージに搭載されていた4.3L(2008年から4.7L) V8エンジンから、DBSに積まれたものと同じ5.9L V12に換装された。
    それでいてDBSより一回り小さいアストンのフラッグシップモデルである。
  • 昨今のトレンドである2ペダルミッションの設定はなく、硬派に3ペダル6速MTのみの設定となっている。また、トランスアクスルレイアウトを採用することによって、前後重量配分は51:49を実現した。
  • 足回りもエンジンの換装に合わせて煮詰められており、ベースモデルとなったV8バンテージから車高を15mm下げ、スプリングは45%硬い設定とした。
    また、アルミニウム・カーボンといった軽量素材の使用により、エンジン換装により避けられない重量増も、ベース比で50kg増となる1680kgに抑えられている。
  • 動力性能もそれらに恥じないものとなっており、0-60マイル(96km/h)加速は4.1秒、最高速度は310km/hとなる。

+  ←派生モデル・レース活動等



*1 Hパターンミッションのうち、1速がHパターンから外れているもの。主に奇数段のギヤボックスの古い車両で採用される傾向にあり、1速の直上にはリバースギヤが配されることが多い
*2 裁判沙汰寸前だったという噂すらある
*3 供給スケジュールの都合上、デビューは第2戦から
*4 燃料タンク規定サイズオーバー
*5 鈴鹿1000kmのチェッカー直後にエキゾースト付近から出火していた

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-12-05 (土) 09:41:57 (290d)